今堅田と本堅田の”Before and After”(この数年で変化した場所の写真)

2020年1月11日に滋賀県大津市今堅田本堅田を撮影して、変化に気が付いた場所を掲載してみました。

数年ぶりに訪ねた場所もあるので、今年になって突然無くなったと言うわけではないのでしょうが、記録として残しておきたくて記事にしてみました。

 

1.海蔵寺の駐車場(滋賀県大津市今堅田1丁目)

2020年1月11日:海蔵寺の前にあった家がなくなり、駐車場になっていました。
海蔵寺
海蔵寺(今堅田1丁目)。山門にご注目下さい。↑同じ石灯籠↓が写っています。

海蔵寺近くのお地蔵さん
After (2020年1月11日):海蔵寺近くのお地蔵さん(今堅田1丁目)。


Before (2017年1月1日):地蔵の後ろ(海蔵寺との間)に民家がありました。

海蔵寺近くのお地蔵さん

海蔵寺近くのお地蔵さん。
道路のかたわらに、数え切れないくらいのお地蔵さんがまつられています。
いつ来ても、色とりどりの前掛けと、たくさんのお花。見ていてうれしくなります。

今堅田、琵琶湖畔の静かなお正月の風景

 

2.堅田漁港の水路脇(滋賀県大津市本堅田2丁目)

After (2020年1月11日):水路の左側が更地になっていました。

堅田漁港の水路


Before(2009年11月26日):ここには小屋がありました。

堅田漁港の水路にて(小屋に絡んだツタの紅葉)

滋賀県大津市本堅田には、琵琶湖最大の漁港・堅田漁港があります。
漁港入り口の水路の前で、小屋に絡んだツタが紅葉しているのを見かけました(写真)。

この水路はまっすぐ琵琶湖に続いていて、右隣にある漁港の敷地からは守山市と近江富士(三上山)が真正面に見えます。

この界隈は水辺の町の雰囲気があって、浮御堂への散策コースとしてお勧めです。

■撮影地:滋賀県大津市本堅田2丁目(中村水産~堅田漁港付近)
■アクセス:JR堅田駅ロータリーから湖岸へ直進、徒歩約10-15分。
※漁港から浮御堂へは徒歩20-30分を目安にお考え下さい。案内板が各所に出ています。

堅田(滋賀県大津市)の写真 本堅田 2009.11.26 13:19
「堅田漁港の水路にて(小屋に絡んだツタの紅葉)」
Photograph of Honkatata,Otsu,Shiga,Japan Honkatata ; 2009.11.26 13:19
“At the waterway of Katata fishing port( The autumnal leaves of ivy )”

堅田漁港の水路にて(小屋に絡んだツタの紅葉)  ~Honkatata/本堅田 447 #shiga #otsu #photo

 

3.都久生須麻神社の枝垂桜(本堅田2丁目)

After(2020年1月11日)

都久生須麻神社


Before(2018年4月4日):神社の隣の民有地に枝垂桜がありました。

都久生須麻神社と枝垂桜

都久生須麻神社と枝垂桜(滋賀県大津市本堅田1丁目)。堅田では遅めに咲く桜ですが、今年は4月初めに満開になりました。

堅田は、琵琶湖畔の水運の町として発展してきた町です。路地を抜けると、突然目の前に琵琶湖が現れるのは、堅田ならではの風景です。

都久生須麻神社の目の前には十六夜公園、そして琵琶湖が広がります。

十六夜公園の枝垂桜

十六夜公園の枝垂桜(本堅田1丁目)。↑写真右側の桜が先程の都久生須麻神社隣の桜で、湖岸にもう一本枝垂桜があります。

十六夜公園の名は、十六夜(いざよい)の日に堅田で句会をした松尾芭蕉の紀行文『堅田十六夜の弁』に由来します。ご覧の通り、浮御堂が見える場所にあります。

◇撮影日:2018年4月4日(水)
◇撮影地:十六夜公園(滋賀県大津市本堅田一丁目)・堅田港周辺(本堅田二丁目)

滋賀堅田の桜(4)十六夜公園の枝垂桜と堅田港の一本桜

2020年1月11日:湖岸の枝垂桜は健在でした。

十六夜公園と琵琶湖、浮御堂

 

番外編:伊豆神社の駐車場(本堅田1丁目)

After(2020年1月11日):数年前に写真手前の土地が更地になり、駐車場に。

伊豆神社の駐車場
↑この写真の左側に、伊豆神社の前を通る小道があります。
↓以前その小道から写した写真がありますので掲載しますね。

Before(2016年4月12日):堀割の奥に見える白い蔵(写真中央)が現在駐車場になっている場所です。

伊豆神社参道の桜
伊豆神社の桜(滋賀県大津市本堅田)

滋賀堅田の桜、一挙大公開!(後編・おとせの浜から真野川まで)

春だから、滋賀堅田と周辺の桜、まとめて掲載!

Before(2009年4月7日):この写真にも白い蔵が写っています。本堅田は美しい。

蔵通り、桜咲く

昔から残る掘割、満開の桜、蔵の並ぶ道。
バケツを下げている人が行く、この道の向こうは琵琶湖です。

堅田(滋賀県大津市)の写真 本堅田 伊豆神社22
「蔵通り、桜咲く」 2009.04.07 12:03

浮御堂の隣・伊豆神社から(2) 蔵通り、桜咲く ~Honkatata/本堅田 252

10年以上撮影していると、町のこういう変化に沢山気が付きます。

変化に気づくたび手帳にメモして、このブログには載せていない場所が以前からありますが、いずれも私有地で別の営業をされていることが多いので、今回は更地となった場所を中心に掲載してみました。

 

堅田駅西口の開発と変遷については後日掲載します。

西口に並行して走る道路が開通したので、またまた様子が変わっていました。昨年までの堅田駅西口に関する写真は、下記に収録しています。

堅田駅西口広場、2019年9月24日より利用開始!(JR湖西線・滋賀県大津市)

堅田駅西口広場工事の様子と堅田駅の半日-2019年1月撮影(滋賀県大津市真野~本堅田) ~Station/駅 146-150

堅田駅西口の都市計画道路、2018年5月9日開通予定(滋賀県大津市衣川~本堅田、今堅田~真野)

次回は、前回の続き(本堅田を抜け、天神川緑地から衣川地区へと歩く)です。

Copyright(c) Jun Kanematsu / junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

 





1月11日、琵琶湖畔「本堅田」を歩く(堅田漁港から浮御堂、おとせの浜を経て伊豆神社と祥瑞寺、神田神社)

1月11日(土)に、堅田と衣川地区をぐるっと歩いて撮影してきました。JR堅田駅から琵琶湖の方向へ歩き、今堅田(前々回~前回掲載)を経て堅田漁港に向かいました。

本堅田は中世(室町時代)に琵琶湖最大の自治都市として栄えたところで、居初邸や伊豆神社には当時の記録が残っています。トンチ話でおなじみ、僧侶の一休さんが悟りを開いたのは、本堅田の祥瑞庵(現在の祥瑞寺)でした。

浮御堂を始めとする数々の社寺が残り、琵琶湖畔の遊歩道と「おとせの浜」、落ち着いた町並みが美しい「本堅田」の風景をお届けします。

堅田漁港入口の松と漁協会館
堅田漁港入口の松と漁協会館(滋賀県大津市本堅田2丁目)/ Katata Fishing Port ( Honkata, Otsu, Shiga, Japan).
堅田漁港
堅田漁港と漁具、正面に三上山(本堅田2丁目)/Katata Fishing Port.

続きを読む →

本堅田、琵琶湖畔の静かなお正月の風景

浮御堂北湖岸2017年元旦

前回は1月1日に撮影した今堅田の風景を掲載しましたが、本堅田もちゃんと撮影してきましたよー!というわけで、引き続き、お正月の本堅田を一挙掲載します。

ちなみに当ブログは12月27日に開設9周年となり、記念として、4回連続で、年末の本堅田をご紹介しました。

今回はそのときご紹介できなかった場所と、新年ならではの本堅田の風景を掲載します。まずは、浮御堂北湖岸の穏やかな新春の風景からどうぞ。

浮御堂北湖岸で琵琶湖を眺める家族

浮御堂北湖岸から堅田港方面

湖岸沿いに遊歩道が続いていて、浮御堂北湖岸から十六夜公園・堅田港まで歩くことができます。

冬場はユリカモメの天国で、湖上に白く浮かんでいる大群がユリカモメです。

十六夜公園周辺は、こちらでご紹介していますので、あわせてどうぞ↓

琵琶湖畔の本堅田にて、年末の風景2(十六夜公園から浮御堂周辺)

堅田港と漁船と水上派出所

十六夜公園の対岸が堅田港です。漁師さんの漁船などが停泊しています。左の大きな建物は、大津北警察署堅田水上派出所です。

堅田港と琵琶湖と三上山

堅田港。こちらには臨時の観光船などが停泊します。対岸に三上山(近江富士)が見えていますね。対岸に三上山が見えるのは、堅田ならではの風景です。


居初邸近くの地蔵堂

堅田に多いのが、お地蔵さんと地蔵堂です。

かつてこの辺りは琵琶湖でした。堅田内湖と琵琶湖にはさまれた本堅田と今堅田の地域では、かつての水辺のなごり(守護神)として、地蔵堂が残っていると考えられています。

琵琶湖に続く路地

堅田港周辺は路地の多い場所です。琵琶湖に続く路地が至るところで見られます。


お正月の伊豆神社

お正月の伊豆神社。ご近所の方がたくさん初詣に来ておられました。

琵琶湖畔の本堅田にて、年末の風景3(おとせの浜~伊豆神社の幸福の石~本福寺)

伊豆神社から光徳寺へ続く路地

伊豆神社から本福寺、光徳寺へ続く路地です。本福寺は年末にご紹介したので、今回は光徳寺の方向へ行ってみますね。

光徳寺2017年元旦

光徳寺。殉教者・堅田源兵衛の首で知られるお寺です。

前回今堅田のところで書きましたが、浄土真宗中興の祖である蓮如は、比叡山延暦寺から迫害を受け、堅田に滞在した時期があります。堅田は町を挙げて延暦寺と戦って負け(堅田大責)、蓮如は越前に向かうことになりました。

実はそのとき宗祖である親鸞の木像を三井寺に預けたのですが、後年三井寺から人の首を二つ差し出すなら返そうと言われます。堅田の漁師源兵衛は、蓮如を助けるために自分の首を父親に討たせます。

源兵衛の父親は息子の首を三井寺に持って行き、自分の首もはねてくれと言い、三井寺は親鸞の木像を返したという話が残っています。

浮御堂周辺5・堅田源兵衛の首(光徳寺) ~Honkatata/本堅田 164

驚くべきことに、堅田源兵衛の伝承は、実は大津市内のほかのお寺にもありまして・・・小関町の等正寺、三井寺町の両願寺です。

『滋賀県の歴史散歩』(山川出版社)を見ると等正寺だけ載っていて、「同じ人間の首がなぜ3つもあるのかは謎である(両願寺は現在非公開) 」とのこと。

私は源兵衛さんの故郷である光徳寺だといいな、救われるのに、と思っていますが、どちらにしろ悲しいお話ですよね。

実は2011年の3月に、光徳寺のご住職から源兵衛さんの首を見せていただいたことがあります。どくろ、それも小さな部類に入ると思われる、愛らしいものでした。

逢坂越7(小関越と堅田源兵衛の伝承)~白洲正子「近江山河抄」の舞台を歩く(13)

 

祥瑞寺の門2017年元旦-1

前回、松尾芭蕉の句碑があるとご紹介した祥瑞寺です。新年の装いをご紹介します。

祥瑞寺本堂2017年元旦-2


堅田漁港の芭蕉句碑

こちらが前回ご紹介できなかった、堅田漁港の芭蕉句碑です。
入り口のすぐ右側に句碑があります。

「海士の屋は小海老にまじるいとど哉」(芭蕉)

堅田漁港と船

堅田漁港と漁協会館。↓こちらでも三上山が見えていますね。

堅田漁港と漁協会館


福聚院の庭砂

堅田漁港の前にある福聚院(福聚禅院)。お庭が見事です。

福聚院2017年元旦

↓堅田漁港周辺は、堅田内湖の風景がおすすめです。

琵琶湖畔の本堅田にて、年末の風景1(堅田内湖周辺と堅田漁港)


↓映画ロケ地となった自転車屋さんのほか、神田神社、堅田教会などを掲載。

琵琶湖畔の本堅田にて、年末の風景4(湖族の郷資料館~神田神社~商店街~堅田教会)

撮影日:2017年1月1日
撮影地:滋賀県大津市本堅田2丁目、本堅田1丁目
Lake Biwa and Honkatata town(Otsu,Shiga,Japan).

Copyright(c)Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

 

【葵祭前儀「献撰供御人行列」の写真(1)】 滋賀・堅田町内巡行編1 神田神社出発から伊豆神社フナの神事まで(2016/5/14撮影) #滋賀 #shiga #Japan #photography

2016年献饌供御人行列・堅田町内巡行01

朝7時半過ぎの神田神社では、奉納の太鼓が勇壮な音を響かせていました(滋賀県大津市本堅田1丁目)。

2016年5月14日。滋賀堅田から下鴨神社へ、葵祭のためのフナとフナ寿司を奉納する献饌供御人行列に同行撮影させていただきました。(地元の方のご協力で、同行撮影は2009年より毎年続けています。)

堅田(神田神社)は平安時代(1090年)に下鴨神社の御厨(みくりや)となり、湖魚を奉納してきた歴史があります。この歴史を後世にも伝えようと、1990年より献饌供御人行列が行われています。1994年からは堅田町内だけでなく下鴨神社へも巡行する現在のスタイルとなり、現在は葵祭の公式行事となっています。

御厨(みくり・みくりや)とは、「御」(神の)+「厨」(台所)の意で、神饌を調進する場所のことである。御厨-ウィキペディア

※葵祭前儀「献撰供御人行列」の写真を6回に分けて掲載しています。枚数が多いのと、レイアウト上時系列に沿って掲載したかったため、6回目(最終回)からさかのぼって約15枚ずつ掲載しています。

2016年献饌供御人行列・堅田町内巡行02

神田神社本殿。この季節はツツジがきれいです。撮影前には必ず参拝しています。

続きを読む →

滋賀堅田の桜、一挙大公開!(後編・おとせの浜から真野川まで)

4月12日(火)に、堅田駅周辺の桜を訪ね歩いてきました。前編では、堅田駅から駅西口(山の手)→衣川台→天神川→仰木道から浮御堂周辺への道中を掲載しました。

後編にあたる今回は、浮御堂周辺→居初邸の前から堅田内湖→伊豆神田神社→今堅田の琵琶湖岸→米プラザ前→真野川下流と歩きました。帰りは真野川周辺から駅までバスに乗ろうかと思いつつ、結局駅まで歩きました。

この10年に撮影しながら覚えた道を、ほぼ全部歩いた感じです。

堅田なぎさ苑前から見たおとせの浜の桜

堅田なぎさ苑前から見たおとせの浜(本堅田1丁目)。ヨシ原の向こうに桜が見え、釣りをする人をよく見かける場所です。 続きを読む →