穀雨の頃、小泉の棚田にて(滋賀県米原市小泉)

小泉の棚田

2016年4月20日は、二十四節気の一つ「穀雨」(こくう)。

田畑の準備が整い、それに合わせて春の雨の降るころ。
穀雨とは、穀物の成長を助ける雨のことである。(ウィキペディア)

滋賀県米原市小泉にて、「小泉の棚田」を撮影させていただきました。
小泉は伊吹山麓にある集落で、写真奥に見えているのは七尾山です。
セツブンソウ自生地で知られる大久保は、隣の集落になります。

小泉は水のとてもきれいなところで、集落の一角ではワサビの花が咲いていました。
棚田では地元の方が田植えの準備をされていました。

奥伊吹の春です。

撮影日:2016年4月15日
Koizumi Terraced rice fields(Koizumi,Maibara city,Shiga prefecture,Japan).
Copyright(c)Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

「写真動画・里山(PhotoMovie Satoyama MANO-OOGI)~湖西地方の里山の風景」の動画を製作しました。YouTubeとブログに掲載しています。

前回お伝えした動画が完成しました。
当ブログがちょうど1200回を迎えたこともあり、今回、動画を掲載します。

撮影の舞台となったのは、琵琶湖の西側にある湖西地方。

湖西地方は、イタリア賞など国際的な7つの賞をとったテレビ番組である
『映像詩 里山 命めぐる水辺』(NHK)の舞台となっています。

この動画は、写真をつなげて動画にする方法をとりました。
琵琶湖大橋を渡り、堅田から西へ直進して、同じ日に撮った写真です。

大阪のNash Studioさんのおかげで、素晴らしい音楽をつけることができました。
優しいメロディと写真なので、リラックスタイムにもご利用下さい。

ヒガンバナとコスモス、黄金色の田んぼが主役の動画なので、
季節に間に合ってよかった!とほっとしております。

(10/19追記)
動画を編集・公開した後、興味深い話を教えていただいたので、ご紹介します。

(今回の撮影方法とは少し違うのですが、)
フォトグラファーが「一眼レフで」動画撮影するケースが、
新しい流れとして、注目されているようです。

カメラマンのタクマさんのブログ(10/14)で教えていただきました。
http://ohagidaisuki.blog26.fc2.com/blog-entry-1137.html

(11/5追記)
仮タイトル:琵琶湖大橋を渡り、西へ。湖西地方の里山の風景
↓ 作品のタイトル変更しました。
写真動画・里山(PhotoMovie Satoyama MANO-OOGI)~湖西地方の里山の風景

YouTubeはこちらです→http://youtu.be/FMPgTtHFwbY
(YouTubeで御覧になる場合、画面右隅の「拡大」をクリックして見ていただくと、ほぼ原画の大きさになります。)

撮影地:滋賀県大津市真野/真野大野/伊香立~仰木
・真野川(ヒガンバナとコスモス)
・真野大野(稲わらの三角帽子、黄金色の田んぼ)
・伊香立~仰木(高台の棚田)
・仰木(地蔵、ヒガンバナ、お寺)

PhotoMovie Satoyama MANO-OOGI
Satoyama landscape of paddy field in Otsu city,Shiga prefecture,Japan
・Mano river ( Red spider lily and cosmos )
・Manooono ( Red spider lily and paddy field )
・Ikadachi~Oogi ( Panoramic view of paddy field )
・Oogi ( Jizō,red spider lily and temple)

Photo by J.Kanematsu,September 28, 2011.
Edit by J.Kanematsu,October, 2012.
Music by Nash Studio Inc., Osaka Japan.

Copyright(c)J.Kanematsu

あるデザイナーの方から、
「あなたの写真には音楽や流れがあって撮っているように感じる」と
言っていただいたことを思い出して、
そのリズムを一度きちんとカタチにしてみようと思い、作った作品です。

写真から動画を作るとか、仰木辺りの里山が題材だとか、そういうことが話題になってしまうけれど、本当のところは、自分の作品の特徴を活かせる形を探して、試行錯誤しています。

今回初めて作品に曲をつけたのですが、とてもいい曲に出会いました。
たまたま視聴した中にあった曲が、堅田近郊の里山のイメージにぴったりでした。

写真の構成と曲のリズムもぴったりあい、
音楽の力に、感謝です。


堅田の風景動画(短編集・Silent Movie)
動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

「琵琶湖大橋を渡り、西へ。湖西地方の里山の風景」(仮題)動画を製作中です。

棚田と暮らす人々(高台から撮影)

以前、確かmixiに載せている撮影日記の中で、
「堅田の動画を作ります」という話をしたことがあります。
それ以来、ずっと暖めてきたイメージがありました。

技術的なことや時間などで難しく考えてきたのですが、
先日、昨年の秋に撮った写真を通しで見ていたら、シンプルなことに気がつきました。
これをそのまま、自分の写真をつないだらいいんだ!と。

見ていたのが堅田周辺の里山の写真だったこともあり、
これで動画を作ってみることにしました。現在製作中です。

真野川のヒガンバナとコスモス畑

ちなみに堅田の供御人行列の動画(http://youtu.be/DLbFNlXiKzE)も、
写真から動画にするやり方で作っています。

祭事の場合は流れがはっきりしているので、悩むことは少なかったのですが、
風景というのは、ある意味独りよがりになりそうで、どうしたらいいかなと・・・。
こういうことは頭で考えると、だめなんですよね。で、一旦棚上げしていました。

2008年ごろに、あるデザイナーの方から、
「あなたの写真には音楽や流れがあって撮っているように感じる」と
言っていただいたことを思い出して、
そのリズムを一度きちんとカタチにしてみます。

真野川の傍の田んぼにて、黄金色の稲穂と赤いヒガンバナ

琵琶湖大橋を渡り、西へ。
滋賀県西部(湖西地方)の里山の風景

・琵琶湖大橋の上から
・真野川(ヒガンバナとコスモス)
・真野大野(黄金色の田んぼ)
・伊香立~仰木(高台の棚田)
・仰木(地蔵堂)

2011年秋に撮影した写真をつなげて約3分の動画にする予定です。

龍光寺の秋
石仏にシキミのお供え

※仰木は「NHK映像詩 里山(第1弾)」の舞台です。こちらでNHKの映像を御覧いただけます。上空から見た棚田の映像が素晴らしいです!

映像詩 里山 ~覚えていますか ふるさとの風景~ NHKスペシャル 1999年2月7日 放送
http://cgi4.nhk.or.jp/eco-channel/jp/movie/play.cgi?movie=j_special_19990207_0199


堅田の風景動画(短編集・Silent Movie)
動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

【夏休みイベント参加者募集・琵琶湖の清流「安曇川」にて】流しそうめん・魚とり・カブト虫観察・すいか割り・竹馬・竹細工・笑湖(エコ)カレーはいかがですか? #shiga #takashima

子供から大人まで楽しめる「夏休み特別企画」のイベント、「新竹取物語~夏の祭典~」のご案内です。

場所は滋賀県北西部にある高島市安曇川で、日時は7月23日(土)9:30~14:30。
参加費は大人(高校生以上)1000円、小人500円、3歳以下は無料です。

主催はあどがわエコツークラブ(湖西夢ふるさとワイワイ倶楽部共催)。
安曇川町川島地先の安曇川河川敷に現地集合です。(安曇川駅9:30集合で無料送迎あり。)申込は18日までに往復ハガキかメールでお願いします(当日参加も可)。

詳しくはHPを御覧下さい。
http://www.ex.biwa.ne.jp/~honda/waiwai/waiwai.htm

お申し込み・お問い合わせ
〒520-1592 滋賀県高島市新旭町北畑565
湖西夢ふるさとワイワイ倶楽部実行委員会
電話 E-mail はこちらから御覧下さい。→http://www.ex.biwa.ne.jp/~honda/waiwai/mousikomi/index.htm

続きを読む →

湖西の里山から2011・伊香立 【緑の大地、美しい山のまち(3)】 棚田と暮らす人々(高台から撮影) #shiga #otsu

棚田と暮らす人々(高台から撮影)

手前、左の棚田の前では子供さんが遊んでいて、中央の畑では野焼きしているのが見えます。このあたりは農道に沿って大規模な棚田が続いて、一面の緑、緑でした。

地図で確認したら、手前に写っている橋が、あの天神川でした。
天神川は下流の堅田で琵琶湖に注ぐ川で、5月には鯉のぼりが泳いでいた川(→ 2011年5月のバックナンバー)です。

天神川は、伊香立南庄と仰木の境界線でもあります。というわけで、実は少し仰木に入ってしまっているのですが、伊香立南庄らしい、おおらかで、ダイナミックな棚田の風景としてご紹介させていただきました。

続きを読む →

湖西の里山から2011・伊香立 【緑の大地、美しい山のまち(1)】 伊香立の棚田 #shiga #otsu

伊香立の棚田

前回までご紹介してきた真野・仰木の奥に位置するのが、伊香立。京都・大原と境を接する、美しい里山の町です。簡単な位置関係を書くと、堅田(※琵琶湖の畔)→真野・仰木→伊香立(※美しい山のまち)→大原。

伊香立は高原のまちです。真野とはまた違った、おおらかで、ダイナミックな棚田の風景をお楽しみください。

 

※撮影地は堅田の奥にある町、伊香立(滋賀県大津市)。京都・大原と境を接する、美しい里山の町です。
※今月は真野~真野普門~真野谷口~真野家田~真野大野~仰木~伊香立の新緑の風景をお届けします。

Satoyama landscape of paddy field in Mano,Otsu City,Shiga Prefecture,Japan.

Satoyama (里山) is a Japanese term applied to the border zone or area between mountain foothills and arable flat land. Literally, sato (里) means arable and livable land or home land, and yama (山) means mountain. Satoyama, which have been developed through centuries of small scale agricultural and forestry use, also promise biodiversity if properly maintained by human activities. http://en.wikipedia.org/wiki/Satoyama


堅田周辺の町/Towns around Katata 077 伊香立南庄町(滋賀県大津市)の写真 伊香立南庄町1
「湖西の里山から2011・伊香立 【緑の大地、美しい山のまち(1)】  伊香立の棚田」

■撮影地:滋賀県大津市伊香立南庄町(融神社近くの高台) ■撮影日:2011.06.06 14:35■アクセス:JR堅田駅から江若バス・堅田葛川線「南庄」下車、徒歩10分

Photograph of Ikadachiminamisyotyo,Otsu,Shiga,Japan  2011.06.06 14:35
“Satoyama landscape of paddy field in Ikadachiminamisyotyo ,Otsu City,Shiga Prefecture,Japan 1”


大きな地図で見る

湖西の里山から2011・真野 【きらめく水と緑といのち(7)】 棚田の向こうに、平和堂(アルプラザ堅田)のハトのマークが見えて #shiga #otsu

棚田の向こうに、平和堂(アルプラザ堅田)のハトのマークが見えて

京都・大原へ通じる幹線道路(国道477号線)と、真野川の間に広がるのが、真野の棚田。一方で、隣町(堅田)の市街地が迫っているのが、真野ならではの風景です。

写真中央の木の左、白いビルの間から顔をのぞかせている黄土色の建物が、堅田駅前のアルプラザ堅田。滋賀県ではおなじみのスーパー、平和堂のハトのマーク(赤の背景に白と緑)が見えています。(掲載用に写真を小さくしているので、わかりにくくなってしまって申し訳ないです。)

※撮影地は堅田の隣町、真野(滋賀県大津市)。琵琶湖に注ぐ川・真野川流域に広がる、美しい里山の町です。
今月前半は、真野~真野普門の爽やかな新緑の風景を中心にお届けする予定です。

Satoyama landscape of paddy field in Mano,Otsu City,Shiga Prefecture,Japan.

Satoyama (里山) is a Japanese term applied to the border zone or area between mountain foothills and arable flat land. Literally, sato (里) means arable and livable land or home land, and yama (山) means mountain. Satoyama, which have been developed through centuries of small scale agricultural and forestry use, also promise biodiversity if properly maintained by human activities. http://en.wikipedia.org/wiki/Satoyama


堅田周辺の町/Towns around Katata 055 真野(滋賀県大津市)の写真 真野22
「湖西の里山から2011・真野 【きらめく水と緑といのち(7)】 棚田の向こうに、平和堂(アルプラザ堅田)のハトのマークが見えて」■撮影地:滋賀県大津市真野3丁目23(「普門真野」近く) ■撮影日:2011.05.25 10:54

Photograph of Mano,Otsu,Shiga,Japan  2011.05.25 10:54
” Satoyama landscape of paddy field in Mano,Otsu City,Shiga Prefecture,Japan 4″


大きな地図で見る

湖西の里山から2011・真野 【きらめく水と緑といのち(6)】 真野の棚田 #shiga #otsu

真野の棚田

京都・大原へ通じる幹線道路(国道477号線)と、真野川の間に広がるのは、緩やかな棚田の風景。普段は車で一瞬のうちに通り過ぎてしまう人が多いと思いますが、歩けばこんな風景が広がっています。

※撮影地は堅田の隣町、真野(滋賀県大津市)。琵琶湖に注ぐ川・真野川流域に広がる、美しい里山の町です。
今月前半は、真野~真野普門の爽やかな新緑の風景を中心にお届けする予定です。

Satoyama landscape of paddy field in Mano,Otsu City,Shiga Prefecture,Japan.

Satoyama (里山) is a Japanese term applied to the border zone or area between mountain foothills and arable flat land. Literally, sato (里) means arable and livable land or home land, and yama (山) means mountain. Satoyama, which have been developed through centuries of small scale agricultural and forestry use, also promise biodiversity if properly maintained by human activities. http://en.wikipedia.org/wiki/Satoyama


堅田周辺の町/Towns around Katata 054 真野(滋賀県大津市)の写真 真野21
「湖西の里山から2011・真野 【きらめく水と緑といのち(6)】  真野の棚田」
■撮影地:滋賀県大津市真野3丁目23(「普門真野」近く) ■撮影日:2011.05.25 10:53

Photograph of Mano,Otsu,Shiga,Japan  2011.05.25 10:53
” Satoyama landscape of paddy field in Mano,Otsu City,Shiga Prefecture,Japan 3″


大きな地図で見る

湖西の里山から2011【春日山公園の春・前編】 おたまじゃくしと春の棚田。空を飛ぶ白い鳥。

棚田のオタマジャクシ

琵琶湖の畔の町・堅田(滋賀県大津市)。そのすぐ裏側に広がる堅田丘陵は美しい里山です。一帯の里山を活かして作られた公園が、今回の舞台・春日山公園(大津市真野谷口町)。公園の一番奥にある棚田では、今年もオタマジャクシがたくさん泳いでいました。時々、カエルの鳴き声も。


春の棚田、空を飛ぶ白い鳥(サギ)

春の棚田。桜が満開でした。青空の下を白い鳥(サギ)が飛んでいきます。
もうすぐ田植えの季節です。(2011年4月13日撮影)



大きな地図で見る

写真一枚目:堅田周辺の町/Towns around Katata 044
真野谷口町(滋賀県大津市)の写真 春日山公園20
「湖西の里山から2011・春日山公園の春 棚田のオタマジャクシ」
■撮影地:滋賀県大津市真野谷口町 ■撮影日:2011.04.13 11:57

写真二枚目:堅田周辺の町/Towns around Katata 045
真野谷口町(滋賀県大津市)の写真 春日山公園21
「湖西の里山から2011・春日山公園の春 春の棚田、空を飛ぶ白い鳥(サギ)」
■撮影地:滋賀県大津市真野谷口町 ■撮影日:2011.04.13 11:49


Satoyama landscape of paddy field in Manotaniguchi,Japan.

Satoyama (里山) is a Japanese term applied to the border zone or area between mountain foothills and arable flat land. Literally, sato (里) means arable and livable land or home land, and yama (山) means mountain. Satoyama, which have been developed through centuries of small scale agricultural and forestry use, also promise biodiversity if properly maintained by human activities. http://en.wikipedia.org/wiki/Satoyama

1:Photograph of Manotaniguchi,Otsu,Shiga,Japan Kasugayama Park 20  2011.04.13 11:57 ” Satoyama landscape of paddy field at Kasugayama Park in spring “1

2:Photograph of Manotaniguchi,Otsu,Shiga,Japan Kasugayama Park 21  2011.04.13 11:49 ” Satoyama landscape of paddy field at Kasugayama Park in spring “2

里山の冬、雪の棚田 ~春日山公園から13

里山の冬、雪の棚田

里山で注目される滋賀県の湖西地方。その里山を活かして作られた公園が、春日山公園です。JR堅田駅の西側(山側)、緩やかな坂道を登った高台にあります。

以前取り上げたとき、思いがけない反響がありました。ありがとうございます。
改めて5回に分けてご紹介してきましたが、今回はその最終回です。

この公園は里山体験をしたい方のために作られた公園なので、棚田も有志の方で作業をされています。一月初めに撮影に行ったとき、ビオトープ池の奥の棚田は、すっかり雪景色でした。

3ヵ月後には、この場所は緑あふれ、桜と菜の花が咲き、オタマジャクシがいっぱいに泳いでいるはず。その頃また撮影に行って、写真をお届けしたいと思っています。

※ちなみに春の棚田は、↓こんな感じです。
里山の春(前編) ~春日山公園から7
里山の春(後編) ~春日山公園から8


堅田周辺の町/Towns around Katata 027
真野谷口町(滋賀県大津市)の写真 春日山公園18 「里山の冬、雪の棚田」
2011.01.04 13:09

■撮影地:春日山公園((ビオトープ池の奥の棚田)<■入園料:無料
■住所:滋賀県大津市真野谷口町 ■管理者:指定管理者 近江鉄道ゆうグループ(tel 077-543-5831)


Satoyama landscape of paddy field in Manotaniguchi,Japan.

Satoyama (里山) is a Japanese term applied to the border zone or area between mountain foothills and arable flat land. Literally, sato (里) means arable and livable land or home land, and yama (山) means mountain. Satoyama, which have been developed through centuries of small scale agricultural and forestry use, also promise biodiversity if properly maintained by human activities.(http://en.wikipedia.org/wiki/Satoyama)

Photograph of Manotaniguchi,Otsu,Shiga,Japan  Kasugayama Park 18
” Satoyama landscape of paddy field in snowy day” 2011.01.04 13:09