本堅田、琵琶湖畔の静かなお正月の風景

浮御堂北湖岸2017年元旦

前回は1月1日に撮影した今堅田の風景を掲載しましたが、本堅田もちゃんと撮影してきましたよー!というわけで、引き続き、お正月の本堅田を一挙掲載します。

ちなみに当ブログは12月27日に開設9周年となり、記念として、4回連続で、年末の本堅田をご紹介しました。

今回はそのときご紹介できなかった場所と、新年ならではの本堅田の風景を掲載します。まずは、浮御堂北湖岸の穏やかな新春の風景からどうぞ。

浮御堂北湖岸で琵琶湖を眺める家族

浮御堂北湖岸から堅田港方面

湖岸沿いに遊歩道が続いていて、浮御堂北湖岸から十六夜公園・堅田港まで歩くことができます。

冬場はユリカモメの天国で、湖上に白く浮かんでいる大群がユリカモメです。

十六夜公園周辺は、こちらでご紹介していますので、あわせてどうぞ↓

琵琶湖畔の本堅田にて、年末の風景2(十六夜公園から浮御堂周辺)

堅田港と漁船と水上派出所

十六夜公園の対岸が堅田港です。漁師さんの漁船などが停泊しています。左の大きな建物は、大津北警察署堅田水上派出所です。

堅田港と琵琶湖と三上山

堅田港。こちらには臨時の観光船などが停泊します。対岸に三上山(近江富士)が見えていますね。対岸に三上山が見えるのは、堅田ならではの風景です。


居初邸近くの地蔵堂

堅田に多いのが、お地蔵さんと地蔵堂です。

かつてこの辺りは琵琶湖でした。堅田内湖と琵琶湖にはさまれた本堅田と今堅田の地域では、かつての水辺のなごり(守護神)として、地蔵堂が残っていると考えられています。

琵琶湖に続く路地

堅田港周辺は路地の多い場所です。琵琶湖に続く路地が至るところで見られます。


お正月の伊豆神社

お正月の伊豆神社。ご近所の方がたくさん初詣に来ておられました。

琵琶湖畔の本堅田にて、年末の風景3(おとせの浜~伊豆神社の幸福の石~本福寺)

伊豆神社から光徳寺へ続く路地

伊豆神社から本福寺、光徳寺へ続く路地です。本福寺は年末にご紹介したので、今回は光徳寺の方向へ行ってみますね。

光徳寺2017年元旦

光徳寺。殉教者・堅田源兵衛の首で知られるお寺です。

前回今堅田のところで書きましたが、浄土真宗中興の祖である蓮如は、比叡山延暦寺から迫害を受け、堅田に滞在した時期があります。堅田は町を挙げて延暦寺と戦って負け(堅田大責)、蓮如は越前に向かうことになりました。

実はそのとき宗祖である親鸞の木像を三井寺に預けたのですが、後年三井寺から人の首を二つ差し出すなら返そうと言われます。堅田の漁師源兵衛は、蓮如を助けるために自分の首を父親に討たせます。

源兵衛の父親は息子の首を三井寺に持って行き、自分の首もはねてくれと言い、三井寺は親鸞の木像を返したという話が残っています。

浮御堂周辺5・堅田源兵衛の首(光徳寺) ~Honkatata/本堅田 164

驚くべきことに、堅田源兵衛の伝承は、実は大津市内のほかのお寺にもありまして・・・小関町の等正寺、三井寺町の両願寺です。

『滋賀県の歴史散歩』(山川出版社)を見ると等正寺だけ載っていて、「同じ人間の首がなぜ3つもあるのかは謎である(両願寺は現在非公開) 」とのこと。

私は源兵衛さんの故郷である光徳寺だといいな、救われるのに、と思っていますが、どちらにしろ悲しいお話ですよね。

実は2011年の3月に、光徳寺のご住職から源兵衛さんの首を見せていただいたことがあります。どくろ、それも小さな部類に入ると思われる、愛らしいものでした。

逢坂越7(小関越と堅田源兵衛の伝承)~白洲正子「近江山河抄」の舞台を歩く(13)

 

祥瑞寺の門2017年元旦-1

前回、松尾芭蕉の句碑があるとご紹介した祥瑞寺です。新年の装いをご紹介します。

祥瑞寺本堂2017年元旦-2


堅田漁港の芭蕉句碑

こちらが前回ご紹介できなかった、堅田漁港の芭蕉句碑です。
入り口のすぐ右側に句碑があります。

「海士の屋は小海老にまじるいとど哉」(芭蕉)

堅田漁港と船

堅田漁港と漁協会館。↓こちらでも三上山が見えていますね。

堅田漁港と漁協会館


福聚院の庭砂

堅田漁港の前にある福聚院(福聚禅院)。お庭が見事です。

福聚院2017年元旦

↓堅田漁港周辺は、堅田内湖の風景がおすすめです。

琵琶湖畔の本堅田にて、年末の風景1(堅田内湖周辺と堅田漁港)


↓映画ロケ地となった自転車屋さんのほか、神田神社、堅田教会などを掲載。

琵琶湖畔の本堅田にて、年末の風景4(湖族の郷資料館~神田神社~商店街~堅田教会)

撮影日:2017年1月1日
撮影地:滋賀県大津市本堅田2丁目、本堅田1丁目
Lake Biwa and Honkatata town(Otsu,Shiga,Japan).

Copyright(c)Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

 

今堅田、琵琶湖畔の静かなお正月の風景

雪の琵琶湖とヨシ原

琵琶湖のヨシ原の向こうに、雪の比良山系が見えています。
ここは琵琶湖畔の町・滋賀県大津市今堅田。

今堅田は、中世より造船の町として栄えました。
現在は、琵琶湖大橋の西側の町として知られます。

琵琶湖とヨシ原と琵琶湖大橋


琵琶湖とヨシ原と琵琶湖大橋

造船所跡の鉄柱の向こうに、琵琶湖大橋。
この柱は船を進水させるときに使われた柱だそうです。
まるで前衛芸術みたいでしょう?

琵琶湖大橋を望む造船所跡の鉄柱


杢兵衛造船所と船

今堅田の杢兵衛造船所。琵琶湖に面した老舗の造船所です。
修理中の船が見えていますね。

水路をはさんで出島灯台があります。


琵琶湖と出島灯台

今堅田の出島灯台(でけじまとうだい)。
琵琶湖に面した木造の灯台で、明治時代に作られました。現役の灯台です。


泉福寺本堂

今堅田の泉福寺。堅田は、親鸞の直系である蓮如と縁の深い土地です。

蓮如は比叡山延暦寺から仏敵と迫害され、京都の本願寺を離れて堅田に滞在した時期があります(1465年~)。本堅田の本福寺が後ろ盾になって蓮如を支えました。(ゆえに本福寺は本願寺旧跡とも呼ばれます。)

蓮如を匿ったことで、堅田は延暦寺の衆徒によって焼き討ちされますが、町を挙げて蓮如を守り抜きました。(1468年、堅田大責(かたたおおぜめ)と呼ばれる歴史上の事件です。)

この年、蓮如は堅田をあきらめ北陸へと向かうことになります。堅田の人たちは琵琶湖の沖島に逃げ、数年後に延暦寺と和解して再び堅田に戻ってきます。そして蓮如に対する深い信仰が、この地に残されました。

※堅田大責については、黒幕が室町幕府だったり色々と興味深い話があります。

蓮如を匿ったことで焼き討ちに遭った堅田の町 (滋賀県大津市) 【後編】 ~Honkatata/本堅田 358


泉福寺の蓮如上人像と毛糸の帽子

泉福寺の蓮如上人像。
冬に見かけるときは、いつも毛糸の帽子を被っている素敵な蓮如さんです。

↓こちらは2010年撮影時。帽子の色が違います。さて、何色でしょう?

蓮如上人と、毛糸の帽子 ~Imakatata/今堅田 086


今堅田の造船所跡から見た出島灯台と三上山

今堅田の造船所跡から見た、出島灯台と三上山。


地蔵堂の中に鏡餅のお供え

地蔵堂の中には鏡餅のお供え。暮らしている人の人柄が偲ばれます。


海蔵寺近くのお地蔵さん

海蔵寺近くのお地蔵さん。
道路のかたわらに、数え切れないくらいのお地蔵さんがまつられています。
いつ来ても、色とりどりの前掛けと、たくさんのお花。見ていてうれしくなります。

今堅田。琵琶湖畔の町の、静かなお正月の風景です。

 

↓今堅田について

出島灯台と今堅田の寺社(伊豆神田神社・海蔵寺・泉福寺・野神神社)


撮影日:2017年1月1日
撮影地:滋賀県大津市今堅田1丁目(琵琶湖畔)
Lake Biwa,Biwako Ohashi Bridge and Imakatata town(Otsu,Shiga,Japan).

Copyright(c)Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

 

【お知らせ】JR東海ツアーズ「親子で行く修学旅行 奈良」に「海龍王寺」の写真が掲載されました

JR東海ツアーズの「親子で行く修学旅行 奈良」パンフレットとホームページにて、「海龍王寺本堂」の写真を採用していただきました。

この写真は1年間使われる予定です。

現在募集されているのは、2017年1月から3月にかけて実施されるツアーとのことです。
2016年12月現在、JR東海ツアーズのホームページでパンフレットをご覧いただけます。

▼JR東海ツアーズ「親子で行く修学旅行 奈良」
http://www.jrtours.co.jp/nara_plan/oyako.html

▼電子パンフレット(2017年1月~3月)
親子で行く修学旅行 奈良

▼元の写真(販売代理店:アマナイメージズへのリンク)
海龍王寺本堂((c) JUN KANEMATSU/SEBUN PHOTO /amanaimages)

竹生島をめぐる冒険(2) 徳川家康、秀吉の威光を琵琶湖の島に封じ込める―豊国廟唐門の移築

伊吹山から見た竹生島と琵琶湖

ちょうど今、NHKの大河ドラマ『真田丸』で大坂冬の陣の直前を放送しているが、大坂冬の陣が起きたのは慶長19年 (1614) の冬である。

同じ年の7月には、大坂の陣のきっかけとなった方広寺鐘銘事件が起きている。

豊臣秀吉の死後、家康が豊臣家の財力をなんとか削ごうとして、秀吉の供養と称して秀頼に寺社仏閣への寄進を勧めたのは有名な話だ。秀頼は京都の神社に数々の寄進を行ったので、京の町衆に人気があったという。

実は方広寺鐘銘事件の約10年前、慶長7年~8年(1602-1603)に、秀頼は秀吉の霊廟(豊国廟)の門を琵琶湖に浮かぶ竹生島に寄進している。この門は極楽門(唐門)と呼ばれ、もとは大坂城極楽橋の門だった。現在は国宝に指定されている。

豊国廟は当時、京都の東山にあった。秀頼はなぜ、湖上の島に父親の霊廟の門を移築しなければならなかったのか。

 

竹生島

豊国廟極楽門(唐門)が竹生島に移築された1603年は、江戸幕府が開かれた年である。竹生島へは秀頼が寄進したとされるが、資料を見る限り、実質的に家康が決めた話のようである。

豊国廟の僧侶だった神龍院梵舜の日記『舜旧記』の中に、慶長7年(1602年)6月11日、「今日ヨリ豊国極楽門、内府(注:内大臣=末期豊臣政権の五大老だった家康)ヨリ竹生嶋へ依寄進、壊始」と出てくるのだ。

続きを読む →

雪の比叡山延暦寺・根本中堂から西塔まで歩く(2016年1月20日撮影)

雪の日の坂本ケーブル車内
1月20日は滋賀県南部でも雪になりました。雪の日の撮影でずっと行きたいと思っていたのが、比叡山延暦寺です。雪の降り具合を見計らって、20日午前、門前町・坂本(滋賀県大津市坂本)から坂本ケーブルで比叡山へ向かいました。

坂本ケーブルは、比叡山の僧侶や売店等で働いている方の生活・通勤路線でもあり、年中無休で運行されています。終点のケーブル延暦寺駅からは、除雪されている歩道を10分ほど歩いて、比叡山延暦寺(東塔エリア)に到着しました。

続きを読む →

山の辺の道・北コースを歩く(3)―天理の山中から石上神宮まで(コース地図付き)

柿畑と道標
奈良から天理の間に「山の辺の道・北コース」と呼ばれる道があります。天理以南の道と違ってあまり知られておらず、非常にもったいないと思っています。これから歩いてみようという方のご参考になれば幸いです!

今回(最終回)は、天理の山中から石上神宮までの道中を掲載します。最後にコース(複数)と地図をまとめてご紹介しています。

続きを読む →

山の辺の道・北コースを歩く(2)―正暦寺参道から弘仁寺、白川ダムまで(&浮御堂のそっくりさん)

山の辺の道・北コースの風景
奈良から天理の間に「山の辺の道・北コース」と呼ばれる道があります。日本最古の道と言われる「山の辺の道」。一般的に天理から桜井の間のハイキングコースとして知られますが、奈良方面はあまり知られておらず、穴場といえるコースです。

前回掲載分はこちら

円照寺バス停-正暦寺-弘仁寺-石上神宮-天理駅(約15km)←今回歩いたコースです。
山の辺の道・北コースの地図
今回は正暦寺参道から弘仁寺、白川ダムまでの道中を掲載します。

正暦寺参道
正暦寺から麓へと続く一本道。円照寺~正暦寺の山道とは一転して、車道が続きます。この道にはほとんど道案内はありませんでしたが、時折、正暦寺参道を示す石碑がありました。沿道は里山の風景が広がり、歩いていてとても気持ちよかったです。

泣き笑い地蔵
道中には「泣き笑い地蔵」の姿も。

時計台
柳茶屋」バス停の向かいに、高樋青年団設置の時計台と公衆電話があります。ここで道が分かれるので、案内板に従って左折します(正暦寺方面から来た場合)。このあたりからは、東海自然歩道の標識=山の辺の道の標識なので分かりやすいです。

時計台の先を少し行くと、理容院と一緒になった簡易郵便局があり、冒頭の写真のような美しい田園風景と蔵のある町並みが続きます。そして、火の見やぐらの下に弘仁寺参道の標識があります。歩行者用の参道を進んでください。

「山の辺の道」は、弘仁寺の境内を横切る形になっています(入山料200円/拝観される方は400円※)。この日は9時に円照寺バス停から歩き出して、ちょうど11時半に弘仁寺山門をくぐったので、境内でお弁当を食べました。

※弘仁寺へ入山されない方は迂回路があります。一番わかりやすいのは、弘仁寺駐車場の前の車道を進み、次の三叉路を右折して虚空蔵町集会所の方向へ直進する道です。

弘仁寺
弘仁寺。814年に、嵯峨天皇の勅願により空海が創建したと伝えられる古刹です。数え年13歳の男女が詣でる十三詣りの寺として、また本堂には江戸時代の算額が奉納されていることでも知られます。

この写真だと算額の場所がわかりづらいのですが、オレンジ色の消火器具の上に、茶色の富士山の絵が見えていますね、その右隣に算額があります。もう一箇所、本堂の裏側にも算額があります。

弘仁寺の算額はこちらに詳しいです⇒弘仁寺ホームページ(算額)
◆奈良に宿泊したい方、山の辺の道を歩く方への情報:弘仁寺には宿坊があります弘仁寺(宿坊)

弘仁寺の先は、道が若干分かりにくかったのと、実際に迷っておられる方に数人出会ったので、少しメモしておきます。

奈良方面から弘仁寺へ来ると、境内奥にお茶処とイチョウの大木があります。そのすぐ先、左側に立派な石段(西階段)があるので降りてください。ここで右折して山道に入ると、山中へ迷い込むことになってしまうので、ご注意を!(といいますのも、「駐車場から」参道を登ってくると、こちらが奥の院だと勘違いしやすいのです。)

◆奥の院の場所⇒弘仁寺境内案内図でご確認ください。

さて、西階段を降りると小さな池があり、アスファルトの道に出ます。右に進むとすぐに東海自然歩道の標識があり、少し行くと虚空蔵町の公衆トイレとベンチがあります。このトイレはハイカー向けに作られたようで、地元の方が管理しておられます。歩いているとなかなかこういう場所はないので、本当にありがたいです。

後は白川ダムを目指して進みます。田園風景の道を下り、合流した車道を進み、坂道を登って、古墳公園の脇を抜けると・・・

白川ダム
ついに白川ダムへ出ました。とても静かで、釣りをする人には理想的な場所ですね!

浮御堂のそっくりさん
あれ?白川ダムに浮御堂??取水設備の建物が浮御堂に似ていたので、びっくり!後で滋賀県在住の数人に写真を見てもらうと、「浮御堂にそっくり!」の声が続出。

初冬の浮御堂と琵琶湖(浮御堂北湖岸から)
↑ちなみに、こちらが琵琶湖に浮かぶ禅寺・浮御堂です(当ブログのふるさと・滋賀県大津市本堅田にあります)。

浮見堂
↑似たもの同士の話ついでに、こちらが奈良公園の休憩所・浮見堂です。

ところで、このブログに検索で入ってこられる方に、浮御堂(堅田)と浮見堂(奈良)の両方があるのですが、皆さんどちらをお探しだったのかな?–そんなことを思いながら、石上神宮へと向かう筆者でした。

※次回は、天理の山中から石上神宮までを掲載予定です。
※ハイキングの参考地図は、最終回(全3回の3回目)に、リンクで掲載予定です。

撮影地:奈良市菩提山町~虚空蔵町~天理市和爾町、撮影日:2015年11月12日
Photograph of Yamanobe-no-michi and Kouninji-Temple(Nara,Japan).
Copyright(c)Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

山の辺の道・北コースを歩く(1)―円照寺から正暦寺まで

山の辺の道・北コース
熊野古道?!いえいえ、ここは奈良の町中にとても近い場所です。近鉄奈良駅からバスで南へ20分、円照寺バス停で下車して参道を歩くと、円照寺という尼寺の前に出ます。その脇から始まっているのが、写真の石畳の古道です。

今秋の奈良撮影シリーズの締めくくりとして、今回より「山の辺の道・北コース」をご紹介します。日本最古の道と言われる「山の辺の道」は、天理から桜井の間のハイキングコースとして知られていますが、その北側(奈良から天理の間)に「北コース」と呼ばれる道があります。天理以南と比べて歩く人があまりいないようで、この機会にぜひご紹介したいと思い、掲載することにしました。

続きを読む →

教林坊の紅葉(滋賀県近江八幡市安土町石寺)

教林坊
安土の繖山(きぬがさやま)の麓に、聖徳太子によって605年に創建された寺がある。教林坊という天台宗の寺で、白洲正子さんの著作には「石の寺」「石寺」として登場する。

麓の石寺という部落は、世捨人のような風情のある村で、かつては観音正寺の末寺が三十以上もあり、繁栄を極めたというが、現在は教林坊というささやかな寺が一つ残っているだけである。(白洲正子『かくれ里』

続きを読む →

壷阪寺(南法華寺)の紅葉―ただいま奈良の秋を撮影中(10)

壷阪寺の大仏と紅葉
奈良県の壷阪寺にて、2015年の紅葉です。最寄り駅は「飛鳥」の次の駅、壺阪山です。西国三十三所第六番札所で、ご本尊の十一面観音は眼病に霊験があるといわれています。

ところが、かなりの坂とカーブが続く山の上にお寺がありまして、普段はバスの本数も少ないため、なかなか伺う機会がありませんでした。紅葉シーズンはバスが増発されていたため、この機会に撮影に行ってきました。

壷阪寺は長年にわたり、インドでハンセン病患者への救済事業を行っておられます。その返礼としてインドから数々の石像が贈られています。まるで石像のテーマパークのようで、歩いていてとても不思議な空間でした。

壷阪寺と紅葉
壷阪寺とその周辺は見事な紅葉でした。高取山の登山口に位置することもあり、ハイカーの方を多く見かけましたが、参拝者の方も健脚で麓から歩いてきたとおっしゃる方多数。今度は私も歩いてみようと思います。

※次回から滋賀の紅葉を掲載予定です。奈良の「山の辺の道・北ルートを歩く」(円照寺→正暦寺→弘仁寺→白川ダム→石上神宮→天理)は、その後に掲載します。

撮影地:奈良県高市郡高取町壺阪、撮影日:2015年11月21日
Photograph of Tsubosakadera-Temple(Takatori,Nara,Japan).
Copyright(c)Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)