松尾芭蕉と堅田1:芭蕉の句碑5か所と宝井其角寓居跡(滋賀県大津市本堅田)・芭蕉と大津

本福寺にある千那の句碑

堅田と芭蕉:

芭蕉が大津に来たきっかけとなったのは、 本堅田にある本福寺第十一代住職明式の案内があったからだといわれています。

明式は芭蕉の弟子となり、貞享2年(1685)「千那」(せんな)の俳号を与えられました。以来、芭蕉はしばしば堅田を訪れて、堅田の人々と親交を深めるとともに多くの句を残しています。 続きを読む →

雪のち晴れ、琵琶湖畔の町の静かな風景(本堅田を撮る3)

神田神社前の地蔵堂で、外を見ていた猫

神田神社前の地蔵堂で、猫がひなたぼっこをしていました。
ここは滋賀県大津市本堅田。大津市北部に位置する、琵琶湖畔の町です。

神田神社本殿と飛行機雲

先週の水曜日、雪がやんで晴れた日に、本堅田(ほんかたた)を撮影してきました。
神田神社本殿の上には、飛行機雲。日差しがどこか春めいています。


本福寺の大きな屋根と雪化粧

本福寺さんの大きな屋根には、雪が残っていました。


湖族の郷資料館前

湖族の郷資料館前にて。浮御堂前バス停を降りると、目に飛び込んでくる風景です。


浮御堂の門と残雪

大雪の日には閉じていた、浮御堂の門。この日は開いていたので、一安心。


伊豆神社近くの常夜灯

伊豆神社近くの常夜灯。実は、↑この左後ろに、まだ2本あります。↓

伊豆神社近くの常夜灯

こちらが残り2本の常夜灯です。
背後に見える伊豆神社の掘割には、雪が残っています。


祥瑞寺の門と青空と雪

若き日の一休さんが修行した祥瑞寺です。「一休和尚修養地」の碑が左にあります。
門をくぐってみますね。


雪の日の祥瑞寺開山堂

祥瑞寺開山堂
祥瑞寺を開いた華叟和尚と、その弟子・一休の木造が安置されています。

↓春には開山堂の前でサンシュユ(山茱萸 Cornus officinalis)の花が咲きますよ!

堅田、桜と花と緑(17)・この時期しか撮れない風景 ~Honkatata/本堅田190


雪の日の祥瑞寺本堂

祥瑞寺本堂
開山堂と本堂の見学は予約が必要ですが、境内は自由に入ることができます。


雪の日の祥瑞寺境内の石仏

祥瑞寺境内の石仏。
祥瑞寺は緑がいっぱいで、お庭も見事で、私の好きな場所のひとつです。


祥瑞寺の門と雪

雪の祥瑞寺を後にします。


雪の港橋と奥野椰子夫顕彰碑

堅田港近くの港橋(滋賀県大津市本堅田2丁目)。
奥野椰子夫顕彰碑(「琵琶湖哀歌」歌碑)があります。

奥野椰子夫(おくの やしお):滋賀県大津市本堅田出身。作詞家。
昭和22年に二葉あき子の歌で大ヒットした「夜のプラットホーム」のほか、「琵琶湖哀歌」の作詞を手がけた。


堅田港に続く水路と雪の積もった舟

堅田港に続く水路。漁師さんの漁船が停泊しています。
手前の建物は民家で、奥は水上警察(大津北警察署 堅田水上派出所)です。


堅田水上派出所と浮御堂

こちらが、大津北警察署 堅田水上派出所です。
そして一番奥に小さく見えているのが、浮御堂です!


琵琶湖のヨシ群落保全区域

堅田港付近は、琵琶湖のヨシ群落保全区域になっています。冬は水鳥の天国です。


雪景色の堅田内湖

雪景色の堅田内湖(かたたないこ)。
内湖とは琵琶湖と水路でつながっている淡水域のことで、滋賀県近江八幡市の西の湖(にしのこ)や、高島市の乙女が池が知られています。

この日は堅田内湖沿いに今堅田まで歩き、琵琶湖大橋を渡ってみることにしました。
今堅田⇒琵琶湖大橋⇒守山の菜の花畑(なぎさ公園)の予定で掲載します。
何とか1月中になぎさ公園までご紹介できればと思っております。次回に続きます。

 

◇撮影日:2017年1月18日(水)
◇撮影地:滋賀県大津市本堅田1丁目・2丁目
Lake Biwa and Honkatata town(Otsu,Shiga,Japan).

Copyright(c)Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

 

↓1月15日(大雪の日)に撮影した浮御堂周辺です。

琵琶湖畔と堅田:雪の日の浮御堂周辺(前編)

本堅田、琵琶湖畔の静かなお正月の風景

浮御堂北湖岸2017年元旦

前回は1月1日に撮影した今堅田の風景を掲載しましたが、本堅田もちゃんと撮影してきましたよー!というわけで、引き続き、お正月の本堅田を一挙掲載します。

ちなみに当ブログは12月27日に開設9周年となり、記念として、4回連続で、年末の本堅田をご紹介しました。

今回はそのときご紹介できなかった場所と、新年ならではの本堅田の風景を掲載します。まずは、浮御堂北湖岸の穏やかな新春の風景からどうぞ。

浮御堂北湖岸で琵琶湖を眺める家族

浮御堂北湖岸から堅田港方面

湖岸沿いに遊歩道が続いていて、浮御堂北湖岸から十六夜公園・堅田港まで歩くことができます。

冬場はユリカモメの天国で、湖上に白く浮かんでいる大群がユリカモメです。

十六夜公園周辺は、こちらでご紹介していますので、あわせてどうぞ↓

琵琶湖畔の本堅田にて、年末の風景2(十六夜公園から浮御堂周辺)

堅田港と漁船と水上派出所

十六夜公園の対岸が堅田港です。漁師さんの漁船などが停泊しています。左の大きな建物は、大津北警察署堅田水上派出所です。

堅田港と琵琶湖と三上山

堅田港。こちらには臨時の観光船などが停泊します。対岸に三上山(近江富士)が見えていますね。対岸に三上山が見えるのは、堅田ならではの風景です。


居初邸近くの地蔵堂

堅田に多いのが、お地蔵さんと地蔵堂です。

かつてこの辺りは琵琶湖でした。堅田内湖と琵琶湖にはさまれた本堅田と今堅田の地域では、かつての水辺のなごり(守護神)として、地蔵堂が残っていると考えられています。

琵琶湖に続く路地

堅田港周辺は路地の多い場所です。琵琶湖に続く路地が至るところで見られます。


お正月の伊豆神社

お正月の伊豆神社。ご近所の方がたくさん初詣に来ておられました。

琵琶湖畔の本堅田にて、年末の風景3(おとせの浜~伊豆神社の幸福の石~本福寺)

伊豆神社から光徳寺へ続く路地

伊豆神社から本福寺、光徳寺へ続く路地です。本福寺は年末にご紹介したので、今回は光徳寺の方向へ行ってみますね。

光徳寺2017年元旦

光徳寺。殉教者・堅田源兵衛の首で知られるお寺です。

前回今堅田のところで書きましたが、浄土真宗中興の祖である蓮如は、比叡山延暦寺から迫害を受け、堅田に滞在した時期があります。堅田は町を挙げて延暦寺と戦って負け(堅田大責)、蓮如は越前に向かうことになりました。

実はそのとき宗祖である親鸞の木像を三井寺に預けたのですが、後年三井寺から人の首を二つ差し出すなら返そうと言われます。堅田の漁師源兵衛は、蓮如を助けるために自分の首を父親に討たせます。

源兵衛の父親は息子の首を三井寺に持って行き、自分の首もはねてくれと言い、三井寺は親鸞の木像を返したという話が残っています。

浮御堂周辺5・堅田源兵衛の首(光徳寺) ~Honkatata/本堅田 164

驚くべきことに、堅田源兵衛の伝承は、実は大津市内のほかのお寺にもありまして・・・小関町の等正寺、三井寺町の両願寺です。

『滋賀県の歴史散歩』(山川出版社)を見ると等正寺だけ載っていて、「同じ人間の首がなぜ3つもあるのかは謎である(両願寺は現在非公開) 」とのこと。

私は源兵衛さんの故郷である光徳寺だといいな、救われるのに、と思っていますが、どちらにしろ悲しいお話ですよね。

実は2011年の3月に、光徳寺のご住職から源兵衛さんの首を見せていただいたことがあります。どくろ、それも小さな部類に入ると思われる、愛らしいものでした。

逢坂越7(小関越と堅田源兵衛の伝承)~白洲正子「近江山河抄」の舞台を歩く(13)

 

祥瑞寺の門2017年元旦-1

前回、松尾芭蕉の句碑があるとご紹介した祥瑞寺です。新年の装いをご紹介します。

祥瑞寺本堂2017年元旦-2


堅田漁港の芭蕉句碑

こちらが前回ご紹介できなかった、堅田漁港の芭蕉句碑です。
入り口のすぐ右側に句碑があります。

「海士の屋は小海老にまじるいとど哉」(芭蕉)

堅田漁港と船

堅田漁港と漁協会館。↓こちらでも三上山が見えていますね。

堅田漁港と漁協会館


福聚院の庭砂

堅田漁港の前にある福聚院(福聚禅院)。お庭が見事です。

福聚院2017年元旦

↓堅田漁港周辺は、堅田内湖の風景がおすすめです。

琵琶湖畔の本堅田にて、年末の風景1(堅田内湖周辺と堅田漁港)


↓映画ロケ地となった自転車屋さんのほか、神田神社、堅田教会などを掲載。

琵琶湖畔の本堅田にて、年末の風景4(湖族の郷資料館~神田神社~商店街~堅田教会)

撮影日:2017年1月1日
撮影地:滋賀県大津市本堅田2丁目、本堅田1丁目
Lake Biwa and Honkatata town(Otsu,Shiga,Japan).

Copyright(c)Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

 

琵琶湖畔の本堅田にて、年末の風景2(十六夜公園から浮御堂周辺)

堅田港対岸で咲いていた花

当ブログは12月27日に開設9周年となりました。
12月25日に本堅田を歩いて撮影した様子を、4回にわたってお届けする予定です。

2回目の今回は、浮御堂周辺の隠れた名所をご紹介します。
冒頭の写真は、堅田港の対岸で咲いていた小さなお花です。

▼前回はこちら

琵琶湖畔の本堅田にて、年末の風景1(堅田内湖周辺と堅田漁港)


十六夜公園と琵琶湖

琵琶湖畔の十六夜公園。公園の名前は、松尾芭蕉が十六夜の日に堅田で句会をしたことにちなみます。芭蕉はこの夜のことを、俳文「堅田十六夜の弁」に残しています。

芭蕉は40代以降、たびたび大津に滞在し、大津で89句の句を詠んでいます。
89句というのは、芭蕉の全発句の約1割にあたる数です。
そして堅田には、芭蕉の句碑がなんと、5箇所もあります!(その理由は次回)


淡水真珠の養殖用の船と堅田内湖

十六夜公園の脇にある階段を上ると、都久生須麻神社(つくぶすまじんじゃ)があります。

竹生島にある神社と同名の神社で、境内には「喜動大弁財天」「竹生島龍神」と刻まれた石(ご神体)が祀られています。お正月の前なので注連縄が新しくなっていました。


都久生須麻神社

都久生須麻神社の本殿と鳥居。背後は十六夜公園で、奥に琵琶湖が見えています。


都久生須麻神社の参道と松

都久生須麻神社の参道と松。

参道から車道に出てまっすぐ行くと、すぐに祥瑞寺があります。室町時代の名僧・一休さんが、若い時代に修行し、悟りを開くとともに一休の道号を授けられたお寺です。


祥瑞寺境内と芭蕉の句碑

祥瑞寺の境内。見事なお庭で、苔のやわらかな緑が目に優しいです。写真の左側に、松尾芭蕉の句碑がありますよ。

「朝茶飲む僧静かなり菊の花」(芭蕉)


北向地蔵

こしきり地蔵(北向地蔵)。祥瑞寺の隣、光徳寺の門前にあります。
腰から下の部分がない地蔵で、地蔵の腰をさすると腰痛に効果があるという伝承があります。


光徳寺のお地蔵さん

本堅田はお地蔵さんの多い町です。
こちらは北向地蔵のすぐ右隣にある、光徳寺のお地蔵さん。


4本の松の向こうに、琵琶湖と三上山

光徳寺から伊豆神社への路地を抜けると、浮御堂の近くに出ます。
浮御堂のそばの公園にて。4本の松の向こうに、琵琶湖と三上山。


12月の浮御堂と琵琶湖

琵琶湖に浮かぶ浮御堂です。正式名は海門山満月寺。京都紫野大徳寺派に属する禅寺です。近江八景の一つ「堅田の落雁」として、古くから多くの人に愛されてきました。

長徳年間(995年頃)、比叡山横川恵心院の僧であった源信(「往生要集」の著者)が、湖上の安全と衆生済度を願い、 自ら千体の阿弥陀仏を刻んで開いたのが始まりです。

本堅田の寺社(伊豆神社・浮御堂・神田神社・光徳寺・祥瑞寺・本福寺・都久生須麻神社・妙盛寺・寿寧寺・福聚院・妙法寺)


本堅田はとても美しいところです。

撮影地:滋賀県大津市本堅田1丁目
Lake Biwa and Honkatata(Honkatata,Otsu,Shiga,Japan).

Copyright(c)Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

 

写真ブログ「Katata/堅田」更新しました|アヤメの花(一休さんが修行した寺・祥瑞寺にて) ~Honkatata/本堅田 450 #shiga #otsu #photo

アヤメの花(一休さんが修行した寺・祥瑞寺にて)

季節の花と町並みをご紹介したくて、舞台を一旦、葵祭(京都)から堅田へと戻します。

室町時代の名僧・一休さんが修行し、悟りを得たのは、ここ堅田(滋賀県大津市)でした。一休さんは堅田の祥瑞寺(当時は祥瑞庵)にて22歳から34歳まで修行し、一休の道号を授けられています。
5月中旬、祥瑞寺を訪ねると、境内の深い緑の中で紫のアヤメの花が咲いていました。


※お知らせ※
【献饌供御人行列】葵祭の前日(5月14日)、滋賀県大津市本堅田から下鴨神社へ琵琶湖の鮒を届ける神事について。2012年度の写真は、5月24日(木)より当ブログで掲載します。

行列参加者の皆さまに。写真データはに主催者様にお渡ししてありますので、今しばらくお待ち下さい。事務局の方々も撮影者もすべてボランティアで、よりよいものをお届けできるように作業を行っております。

2009-2011年度の供御人行列の写真はこちらに収録しています。
https://katata.info/category/katata/kugonin-aoi/

【葵祭】2012年5月16日(水) 晴天の下鴨神社にて、関係者で行われた「社頭の儀」の写真を掲載しています。当ブログがご縁で、貴重な撮影の機会を頂きました。堅田の皆さま、本当にありがとうございます。
https://katata.info/2012/05/aoimatsuri2012-2/


堅田(滋賀県大津市)の写真 本堅田 祥瑞寺36 2012.5.14 14:20
「アヤメの花(一休さんが修行した寺・祥瑞寺にて)」

■撮影地:祥瑞寺(臨済宗大徳寺派)■拝観:境内自由(本堂・開山堂の拝観は要予約)■住所:滋賀県大津市本堅田1丁目27-20■TEL: 077-572-2171


It is Syouzuiji temple that Ikkyu, who was a famous priest in the 15th century, self-trained from 22 years old to 34 years old. He realized spiritual enlightenment on the beach in Katata.He was given the name of Ikkyu from Soudon Kasou who was his teacher.This is one of the temples representing Katata,and a wonderful garden is here.

Photograph of Katata,Otsu,Shiga,Japan  Honkatata  Syouzuiji  temple 36
2012.5.14 14:20 “Siberian iris and Syouzuiji temple”

本堅田(滋賀県大津市)の、静かなお正月の風景(10) 祥瑞寺、静かな朝の鐘(※一休さんが22歳から34歳まで修行したお寺です) ~Honkatata/本堅田 343(2) #shiga #otsu #photo

祥瑞寺、静かな朝の鐘

朝の光がきらきらと、鐘楼の周りの木々に反射していました。

祥瑞寺(滋賀県大津市本堅田)は、若き日の一休さん(22歳から34歳)が修行し、
悟りを開くとともに、一休の道号を授けられたお寺です。

後年、この寺を訪れた松尾芭蕉が「朝茶飲む僧静かなり菊の花」」と詠んだように、
とても静かな気持ちになれるお寺です。

※このシリーズは、2010年12月末と2011年2月に掲載した写真を再構成してお送りしました。明日は「東北まぐ」2012/1/11号を転載する予定です。


堅田(滋賀県大津市)の写真 本堅田 祥瑞寺32 「祥瑞寺、静かな朝の鐘」

■撮影地:祥瑞寺(臨済宗大徳寺派)■拝観:境内自由(本堂・開山堂の拝観は要予約)■住所:滋賀県大津市本堅田1丁目27-20■TEL: 077-572-2171

The bell tower of Syouzuiji temple(祥瑞寺) in the morning.
Photograph of Honkatata,Otsu,Shiga,Japan  Syouzuiji temple 32 2010.01.09 10:46:48
“Scenery of the New Year in Honkatata,Japan (10) The bell tower of Syouzuiji temple(祥瑞寺) in the morning.”


堅田の風景動画(短編集)ができました!(堅田カレンダー2012年版/復興支援カレンダーのご紹介を兼ねています)
動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

一休さんが修行した寺・祥瑞寺にて (祥瑞寺の紅葉)  ~Honkatata/本堅田 445 #shiga #otsu #photo

祥瑞寺の本堂と紅葉

前回に引き続き、堅田の祥瑞寺の秋をお届けします。
御覧の方丈(本堂)は、鎌倉期の禅寺の建築様式を伝える素晴らしいもの。
その本堂にぐっと寄って撮影したのが、この紅葉の写真です。

どうしたら本堂の感じが伝わるかなーと悩んで、
もっと側に寄るには・・・そうだ、あの鐘楼の高さと近さだ!と、
本堂の前にある鐘楼に上がってみました。
大きな鐘の前から 少年少女のような気持ちで撮らせていただいた、思い出の一枚です。

※室町時代の名僧・一休さんが修行し、悟りを得たのは、ここ堅田(滋賀県大津市)でした。一休さんは、堅田の祥瑞寺(当時は祥瑞庵)にて22歳から34歳まで修行し、一休の道号を授けられています。

祥瑞寺は、応永年間(1394-1428)、大徳寺派の高僧・華叟宗曇(かそうそうどん)により開かれました。その華叟和尚が一休さんの師匠であり、一休の道号を授けた人物です。祥瑞寺の開山堂には、華叟和尚と一休さんの木像が安置されています。


堅田(滋賀県大津市)の写真 本堅田 祥瑞寺35 2009.11.26 11:49
「一休さんが修行した寺・祥瑞寺にて(祥瑞寺の紅葉)」

■撮影地:祥瑞寺(臨済宗大徳寺派)■拝観:境内自由(本堂・開山堂の拝観は要予約)■住所:滋賀県大津市本堅田1丁目27-20■TEL: 077-572-2171


It is Syouzuiji temple that Ikkyu, who was a famous priest in the 15th century, self-trained from 22 years old to 34 years old. He realized spiritual enlightenment on the beach in Katata. He was given the name of Ikkyu from Soudon Kasou who was his teacher.This is one of the temples representing Katata,and a wonderful garden is here.

Photograph of Katata,Otsu,Shiga,Japan  Honkatata  Syouzuiji  temple 35
2009.11.26 11:49 ” Maple tree and Syouzuiji temple”

一休さんが修行した寺・祥瑞寺にて (境内の奥にたたずむナンテンの木)  ~Honkatata/本堅田 444 #shiga #otsu #photo

祥瑞寺とナンテンの木

見事な本堂ですね!深い茶色をした本堂の前で、ナンテンの緑が効いています。
室町時代の名僧・一休さんが修行し、悟りを得たのは、ここ堅田(滋賀県大津市)でした。

一休さんは、堅田の祥瑞寺(当時は祥瑞庵)にて22歳から34歳まで修行し、一休の道号を授けられています。地元の方にとっては、堅田というと、浮御堂、そして一休さんだったりします。


堅田(滋賀県大津市)の写真 本堅田 祥瑞寺34 2009.10.13 10:26:16
「一休さんが修行した寺・祥瑞寺にて(境内の奥にたたずむナンテンの木)」

■撮影地:祥瑞寺(臨済宗大徳寺派)■拝観:境内自由(本堂・開山堂の拝観は要予約)■住所:滋賀県大津市本堅田1丁目27-20■TEL: 077-572-2171


Nunn Teng ( Nandina domestica ) at Syouzuiji temple(祥瑞寺).

It is Syouzuiji temple that Ikkyu, who was a famous priest in the 15th century, self-trained from 22 years old to 34 years old. He realized spiritual enlightenment on the beach in Katata.He was given the name of Ikkyu from Soudon Kasou who was his teacher.
This is one of the temples representing Katata,and a wonderful garden is here.

Photograph of Katata,Otsu,Shiga,Japan  Honkatata  Syouzuiji  temple 34
2009.10.13 10:26:16  “Nunn Teng ( Nandina domestica ) at Syouzuiji temple”

祥瑞寺、冬の静かな朝(滋賀県大津市) ~Honkatata/本堅田 344

祥瑞寺、冬の静かな朝

鐘楼に登って、その高さのまま周りを撮ったら、目の前にどーんと本堂がありました(写真)。写真の大木はモミジで、紅葉すると本当に見事です。

祥瑞寺(滋賀県大津市本堅田)は、若き日の一休さん(22歳から34歳)が修行し、
悟りを開くとともに、一休の道号を授けられたお寺です。

後年、この寺を訪れた松尾芭蕉が「朝茶飲む僧静かなり菊の花」」と詠んだように、
とても静かな気持ちになれるお寺です。


堅田(滋賀県大津市)の写真 本堅田 祥瑞寺33 「祥瑞寺、冬の静かな朝」
■撮影地:祥瑞寺(臨済宗大徳寺派)■拝観:境内自由(本堂・開山堂の拝観は要予約)■住所:滋賀県大津市本堅田1丁目27-20■TEL: 077-572-2171

Quiet morning of winter at Syouzuiji temple(祥瑞寺).
Photograph of Honkatata,Otsu,Shiga,Japan  Syouzuiji temple 33
2010.01.09 10:46:04″Quiet morning of winter at Syouzuiji temple(祥瑞寺)”