雪の堅田内湖から、道の駅びわ湖大橋米プラザまで(今堅田を撮る1)

雪に覆われた今堅田

1月中旬、琵琶湖畔の今堅田にも雪が降りました。

いいお天気なので、本堅田の浮御堂の前から、今堅田まで歩いてみることにしました。
撮影で10年近く歩き回っている道です。


氷の張った堅田内湖

雪景色の今堅田と、雪の比良山系です。堅田内湖は一面に氷が張っています。


雪の堅田内湖

堅田内湖公園。小さな船着場の向こうに、わずかに琵琶湖大橋が見えています。
右手の民家の奥に、伊豆神田神社があるので行ってみます。


伊豆神田神社ご神木のムクノキ

伊豆神田神社ご神木のムクノキ。
地元の方が奉納された石碑には、樹齢約400年とありました。


伊豆神田神社本殿

伊豆神田神社本殿。
由緒に、貞観二年(860)に神田神社を勧請し、昌泰三年(900)に伊豆神社を合祀したとあります。

Imakatata/今堅田 041-043
内湖公園(堅田内湖)に面し、背後に琵琶湖大橋を控える、水辺の神様・伊豆神田神社。由緒に、貞観二年(860)に神田神社を勧請し、昌泰三年(900)に伊豆神社を合祀したとあった。The Izu Kanda shrine faces an inner lake park ( Katata Inner lake), and Biwako-ohashi Bridge is back visible.It is God of the wat...

伊豆神田神社

伊豆神田神社を後にします。


柿の木と、雪の畑と、カラフルな家

柿の木と、カラフルな家と、雪の畑。今堅田出島灯台バス停付近にて。


野上神社・匂当内侍御廟道の碑

琵琶湖大橋に向かって道なりに進むと、すぐに野上神社があります。

匂当内侍御廟道とあるのは、新田義貞の妻・匂当内侍(こうとうないし)を祀った神社だからです。

匂当内侍は今堅田の琵琶湖で亡くなったといわれています。


匂当内侍御廟道

野上神社。一番奥に匂当内侍のお墓があります。


匂当内侍の墓

南北朝時代、匂当内侍は後醍醐天皇の寵愛を受けて御所に仕えていた。 内侍は、ある月の夜、新田義貞と出会い、愛し合うようになる。

後醍醐天皇は2人の仲を許し、内侍は義貞の妻となった。しかし、足利尊氏の上洛によって義貞は越前に向かい、内侍を今堅田に残してゆく。

3年後の延元三年(1338)7月2日、義貞は越前国藤島で戦死。 義貞の死を伝え聞いた内侍は、悲しみのあまり琵琶湖に身を投げたという。

村人たちは内侍の死を哀れみ、塚を築き、明応六年(1497)には、塚の場所に野神神社を建立した。

内侍の命日にあたる10月8日・9日(旧暦9月9日)には、内侍の霊を弔う「野神祭り」が行われている。

Imakatata/今堅田 054-055
新田義貞の妻・匂当内侍(こうとうないし)の墓が、今堅田にある。The grave of Kotonaishi who was Yoshisada Nitta's wife is in Imakatata.Yoshisada Nitta was a famous samurai in the 14th century.南北朝時代、匂当内侍は後醍醐天皇の寵愛を受けて御所に仕えていた。 内侍は、ある月の夜、新田義貞と出会い...

雪の畑と比良山系と今堅田

高架下をくぐると、左手に雪化粧した畑と町。比良山系が見事な姿を見せていました。


雪の畑と今堅田

畑の野菜も雪の下。向こうにヤマダ電機の建物が見えているので、地元の方はだいたいの場所がお分かりだと思います。


道の駅びわ湖大橋米プラザ

道の駅びわ湖大橋米プラザに到着しました!


琵琶湖畔の雪の風景と琵琶湖大橋

米プラザからは琵琶湖大橋がよく見えます。


琵琶湖畔の雪の風景

米プラザの前に広がっていた、琵琶湖畔の風景です。


琵琶湖と葦と停泊中の船

琵琶湖と、ヨシ(葦)と、停泊中の船。


琵琶湖畔の幻想的な風景

琵琶湖畔の幻想的な風景。沖島の背後に、雪の伊吹山がきれいに見えていました。

左から、湖岸のヨシ原と木々、沖島(写真ほぼ中央)、近江八幡市の伊崎山、御所山~奥島山(津田山)~長命寺山です。

この後、米プラザの横にある階段から琵琶湖大橋を歩いて渡って、守山の菜の花畑まで行ってみました(次回・次々回掲載)。

◇撮影日:2017年1月18日(水)
◇撮影地:滋賀県大津市今堅田1丁目・2丁目
Katata inner lake,Lake Biwa and Imakatata town(Otsu,Shiga,Japan).

Copyright(c)Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

今堅田、琵琶湖畔の静かなお正月の風景

雪の琵琶湖とヨシ原

琵琶湖のヨシ原の向こうに、雪の比良山系が見えています。
ここは琵琶湖畔の町・滋賀県大津市今堅田。

今堅田は、中世より造船の町として栄えました。
現在は、琵琶湖大橋の西側の町として知られます。

琵琶湖とヨシ原と琵琶湖大橋


琵琶湖とヨシ原と琵琶湖大橋

造船所跡の鉄柱の向こうに、琵琶湖大橋。
この柱は船を進水させるときに使われた柱だそうです。
まるで前衛芸術みたいでしょう?

琵琶湖大橋を望む造船所跡の鉄柱


杢兵衛造船所と船

今堅田の杢兵衛造船所。琵琶湖に面した老舗の造船所です。
修理中の船が見えていますね。

水路をはさんで出島灯台があります。


琵琶湖と出島灯台

今堅田の出島灯台(でけじまとうだい)。
琵琶湖に面した木造の灯台で、明治時代に作られました。現役の灯台です。


泉福寺本堂

今堅田の泉福寺。堅田は、親鸞の直系である蓮如と縁の深い土地です。

蓮如は比叡山延暦寺から仏敵と迫害され、京都の本願寺を離れて堅田に滞在した時期があります(1465年~)。本堅田の本福寺が後ろ盾になって蓮如を支えました。(ゆえに本福寺は本願寺旧跡とも呼ばれます。)

蓮如を匿ったことで、堅田は延暦寺の衆徒によって焼き討ちされますが、町を挙げて蓮如を守り抜きました。(1468年、堅田大責(かたたおおぜめ)と呼ばれる歴史上の事件です。)

この年、蓮如は堅田をあきらめ北陸へと向かうことになります。堅田の人たちは琵琶湖の沖島に逃げ、数年後に延暦寺と和解して再び堅田に戻ってきます。そして蓮如に対する深い信仰が、この地に残されました。

※堅田大責については、黒幕が室町幕府だったり色々と興味深い話があります。

蓮如を匿ったことで焼き討ちに遭った堅田の町 (滋賀県大津市) 【後編】 ~Honka...
京都を追われた蓮如が本拠地としたのが、本堅田の本福寺。その境内にある蔵の前で撮影しました。以下、前回の「堅田と蓮如の話」の続きです。蓮如を匿う堅田の町を、比叡山延暦寺が焼き討ちする事態に発展します。これが、1468年の「堅田大責」(かたたおおぜめ)と呼ばれる歴史上の事件です。 http://ja.wikipedia.org/...

泉福寺の蓮如上人像と毛糸の帽子

泉福寺の蓮如上人像。
冬に見かけるときは、いつも毛糸の帽子を被っている素敵な蓮如さんです。

↓こちらは2010年撮影時。帽子の色が違います。さて、何色でしょう?

蓮如上人と、毛糸の帽子 ~Imakatata/今堅田 086
蓮如上人像の"頭"が気になって近づいたら・・・。 ( 写真を御覧下さい )「蓮如さん、お寒いやろうね。これでもかぶって。」そんな風に想像したら、昔話の"かさこ地蔵"の物語を思いだしました。毛糸の色が合っていて、すごくいいですね。今堅田(いまかたた)の町には、きっと優しい人が住んでいる...

今堅田の造船所跡から見た出島灯台と三上山

今堅田の造船所跡から見た、出島灯台と三上山。


地蔵堂の中に鏡餅のお供え

地蔵堂の中には鏡餅のお供え。暮らしている人の人柄が偲ばれます。


海蔵寺近くのお地蔵さん

海蔵寺近くのお地蔵さん。
道路のかたわらに、数え切れないくらいのお地蔵さんがまつられています。
いつ来ても、色とりどりの前掛けと、たくさんのお花。見ていてうれしくなります。

今堅田。琵琶湖畔の町の、静かなお正月の風景です。

 

↓今堅田について

出島灯台と今堅田の寺社(伊豆神田神社・海蔵寺・泉福寺・野神神社)
琵琶湖大橋の大津側に位置するのが、今堅田(滋賀県大津市今堅田)です。琵琶湖と堅田内湖にはさまれた今堅田1丁目は中世から造船業の町として栄え、水辺に美しい町並みと杢兵衛造船所があります。1枚目は内湖、2枚目以降は琵琶湖畔で撮影。(※3枚目以降の写真で、発表年の記載の無いものは2017年1月1日に撮影し、1月14日...

撮影日:2017年1月1日
撮影地:滋賀県大津市今堅田1丁目(琵琶湖畔)
Lake Biwa,Biwako Ohashi Bridge and Imakatata town(Otsu,Shiga,Japan).

Copyright(c)Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

 

琵琶湖畔の本堅田にて、年末の風景1(堅田内湖周辺と堅田漁港)

民家の前で咲いていた花

当ブログは本日開設9周年となりました!

2006年のお正月に浮御堂を訪ねたのがきっかけで、時々堅田に来て写真を撮っていました。約2年後の2007年12月27日に、日めくりカレンダーのように写真を載せて始まったのがこのブログです。

なかなか堅田に来ることができない時期もありますが、現在も湖西線に乗って草津から通って撮っています。12月25日に年末の本堅田を歩いて撮影してきました。4回に分けて掲載します。

内湖大橋の上から見た堅田内湖

堅田駅から湖岸へ向けてまっすぐ歩いていくと、堅田内湖(かたたないこ)に出ます。
内湖大橋の上から見た風景です。


淡水真珠の養殖用の船と堅田内湖

淡水真珠の養殖用の船。田村真珠さんの事務所前にて。

琵琶湖産の淡水真珠を作り続けている、本堅田の田村さんのお話はこちら↓

本堅田(滋賀県大津市)の、静かなお正月の風景(8) 淡水真珠の養殖用の舟(堅田...
琵琶湖産の淡水真珠は、現在でも、堅田(滋賀県大津市)で養殖されています。生産者さんから直接ネットショップで購入する事もできます!この写真は、琵琶湖真珠の養殖、加工、販売をされている「田村真珠」さんの養殖場前にて撮影しました。(内湖の中に無数に見えている棒状のものが、養殖用の柵です。写真右、平和堂...

福聚院の屋根瓦

堅田漁港の前にある福聚院(福聚禅院)の屋根瓦。


かんきつ類の実

堅田漁港に続く路地にて。何の実だろう?


堅田漁港の船

琵琶湖に面した堅田漁港にやって来ました!正面には三上山の姿が。


堅田漁港から見た浮御堂と堅田港

堅田漁港から見た浮御堂と堅田港。
ヨシ原の手前には、琵琶湖に浮かんでいる水鳥たちの姿が見えます。


堅田漁港のネコ

堅田漁港で、ネコに出合いました。

堅田漁港のネコ

堅田漁港のネコ

田村真珠さんの建物のほうへ消えていきました。


琵琶湖と三上山、陸に上げられた舟と小さな船着場

目の前は、琵琶湖と三上山。陸に上げられた舟と、小さな船着場。
右手にはヨシ原が広がっています。


琵琶湖と堅田内湖をつなぐ水路

本堅田の町には、琵琶湖と堅田内湖をつなぐ水路が引かれています。
江戸時代から残る水路で、昔は水運として使われていました。

堅田内湖と舟

堅田内湖と舟。先ほどの水路をまっすぐたどると、この場所に出てきます。
中世の堅田の指導者だった居初氏(いそめし)の庭園は、この界隈にあります。

↓居初氏庭園の内部を撮影させていただいたときの写真です。

琵琶湖のほとりの風景写真「Katata/堅田」|大阪の堺と並ぶ自由都市だった港町、堅...
琵琶湖と対岸の三上山(写真3枚目中央)を借景にした、江戸時代初期の枯れ山水の名庭。居初氏庭園(いそめし ていえん)は滋賀県大津市堅田の琵琶湖畔にある日本庭園です。堅田の豪族三家の一つである居初氏(いそめし)の邸宅に伝わる茶庭で、国指定の名勝です。堅田の郷士・北村幽安(幽安焼の考案者。堅田小学校の近...

↓堅田内湖が一番美しい、春の花咲く頃です。

琵琶湖のほとりの風景写真「Katata/堅田」|琵琶湖のラグーン(潟湖)、堅田内湖。...
まるで水の上に浮かんでいるような町。堅田内湖のほとり、滋賀県大津市本堅田2丁目を歩いてきました。堅田内湖は何度かご紹介してきましたが、この界隈の写真は初掲載です。実は一枚目の写真、10年以上前に大津市のパンフレットで見たことがあって、ずっと探してきた場所でした。地元の方に聞いても分からず、もう無くな...

撮影地:滋賀県大津市本堅田2丁目
Katata fishing port and Lake Biwa,Katata inland lake(Honkatata,Otsu,Shiga,Japan).

Copyright(c)Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

 

琵琶湖のほとり、杢兵衛造船所の風景(3) 造船所のドック  ~Imakatata/今堅田 127

造船所のドック

小型船やボートを扱うことの多い造船所なので、ドックに置いてあったのは3艘の舟。パステルカラーの色合いが春の夕暮れの空に映えて、どこか幻想的な雰囲気がありました。

ドックの向こうに見えているのは、併設されているレークウエストヨットクラブの建物です。夕方だったので、琵琶湖から帰ってくるヨットの姿を見かけました。向こうの入り江に、ちょうど一艘泊まっているのが見えますね。

琵琶湖畔にある老舗造船所の一つ、杢兵衛造船所(滋賀県大津市今堅田)。
造船所の敷地内で撮影させていただいた写真を、数回にわたって掲載しています。
Mokube shipyard in Imakatata,Otsu City ,Shiga Prefecture,Japan.


撮影地:杢兵衛造船所(滋賀県大津市今堅田1丁目2-20)


大きな地図で見る


堅田(滋賀県大津市)の写真 今堅田 2011.04.30 15:56
「琵琶湖のほとり、杢兵衛造船所の風景(3) 造船所のドック」

Photograph of Imakatata,Otsu,Shiga,Japan  Imakatata
2011.04.30 15:56″Mokube shipyard at Imakatata, Otsu City ,Shiga Prefecture,Japan 3″

琵琶湖のほとり、杢兵衛造船所の風景(2) 造船所内部/出島灯台と船  ~Imakatata/今堅田 125-126

造船所内部

出島灯台と船

琵琶湖畔にある老舗造船所の一つ、杢兵衛造船所(滋賀県大津市今堅田)。
造船所の敷地内で撮影させていただいた写真を、数回にわたって掲載しています。

写真一枚目・杢兵衛造船所の心臓部。数々の工具と配線、フォークリフト。小型のボートが一台、修理中でした。

写真二枚目・敷地内にはたくさんのボートが置かれ、一台一台に紺色や青色のカバーがかけられていました。中央に見えているのは、出島灯台(でけじま とうだい)。灯台としては珍しい木造の灯台です。

Mokube shipyard and Dekejima lighthouse in Imakatata,Otsu City ,Shiga Prefecture,Japan.


撮影地:杢兵衛造船所(滋賀県大津市今堅田1丁目2-20)


大きな地図で見る


堅田(滋賀県大津市)の写真 今堅田 2011.04.30 15:55
「琵琶湖のほとり、杢兵衛造船所の風景(2-1) 造船所内部」

堅田(滋賀県大津市)の写真 今堅田 2011.04.30 16:00
「琵琶湖のほとり、杢兵衛造船所の風景(2-2) 出島灯台と船」

Photograph of Imakatata,Otsu,Shiga,Japan  Imakatata
2011.04.30 15:55″Mokube shipyard at Imakatata, Otsu City ,Shiga Prefecture,Japan 2-1″

Photograph of Imakatata,Otsu,Shiga,Japan  Imakatata
2011.04.30 16:00″Mokube shipyard at Imakatata, Otsu City ,Shiga Prefecture,Japan 2-2″

琵琶湖のほとり、杢兵衛造船所の風景(1) MOKUBEの船  ~Imakatata/今堅田 124

フォークリフト、三上山(近江富士)、琵琶湖に桟橋、船体にMOKUBEと書かれた船

今堅田(滋賀県大津市)の春の風景を撮影したくて、4月の終わりに、出島灯台に向かいました。出島灯台の隣にある造船所が、杢兵衛造船所。琵琶湖畔にある老舗造船所の一つです。

造船所の入り口をくぐってまず目に飛び込んできたのが、この風景でした。
フォークリフト、三上山(近江富士)、琵琶湖に桟橋、船体にMOKUBEと書かれた船。
造船所の中は、とても静かな時間が流れていました。

杢兵衛造船所の敷地内で撮影させていただいた写真を、今回から数回にわたって掲載します。
Mokube shipyard in Imakatata,Otsu City ,Shiga Prefecture,Japan.


堅田(滋賀県大津市)の写真 今堅田 2011.04.30 15:16 「琵琶湖のほとり、杢兵衛造船所の風景(1) MOKUBEの船」■撮影地:杢兵衛造船所(滋賀県大津市今堅田1丁目2-20)

Photograph of Imakatata,Otsu,Shiga,Japan  Imakatata
2011.04.30 15:16″Mokube shipyard at Imakatata, Otsu City ,Shiga Prefecture,Japan 1″


大きな地図で見る

冬の琵琶湖大橋、橋の下を観光船がゆく ~Imakatata/今堅田 117

冬の琵琶湖大橋、橋の下を観光船がゆく

冬の寒空の下、ヨシ(葦)の茂みの向こうを、大型の観光船がゆきます。

観光船がくぐった橋は、琵琶湖の東西をつなぐ橋・琵琶湖大橋。
湖上を行き交う船舶に支障がないよう、ごらんのように曲線に設計されています。
この橋の西側に位置する町が、当ブログの舞台・今堅田(滋賀県大津市)です。

※次回は橋の北側へ回って、「道の駅びわ湖大橋米プラザ」から撮影した写真を掲載します。


堅田(滋賀県大津市)の写真 今堅田 「冬の琵琶湖大橋、橋の下を観光船がゆく」
■撮影地:琵琶湖岸(滋賀県大津市今堅田1丁目、琵琶湖大橋南側)

Biwako Ohashi Bridge in winter.A ship goes the bottom of the bridge.
Photograph of Imakatata,Otsu,Shiga,Japan
2010.01.09 14:42″A ship goes the bottom of the Biwako Ohashi Bridge”


堅田で過ごす夏(16) 夏の堅田漁港&遠くに浮御堂 ~Honkatata/本堅田 311

夏の堅田漁港、遠くに浮御堂

琵琶湖にある漁港のひとつ、堅田漁港の夏の日の写真です。

白い雲と、漁船。防波堤の向こうは、水辺の民家。
遠くに見えている、口を開けた大きな倉庫みたいな建物が、堅田水上派出所。
その奥に、浮御堂の三角屋根が見えています。

暑い日だったので、写真全体がぼーっとしています。


現在は、漁港の入り口に通行許可車だけを通すバーが置かれたこともあり、
以前と同じように撮影するのが難しくなってしまいました。

※次回の更新は、 8/25(水)の予定です。8月は毎日更新します。


堅田(滋賀県大津市)の写真 本堅田 堅田漁港3
「夏の堅田漁港&遠くに浮御堂」 2008.08.10 10:46

■撮影地: 堅田漁港 ■住所(堅田漁協):滋賀県大津市本堅田2丁目13−13
■電話番号:‎077-572-1411‎


大きな地図で見る


Katata Fishing Port and Ukimido Temple in Honkatata,Japan.
photograph of Katata,Otsu,Shiga,Japan  Honkatata
2008.08.10 10:46 ” Katata Fishing Port and Ukimido Temple in Honkatata,Japan”

杢兵衛造船所、ただいま作業中 ~Imakatata/今堅田 083

滋賀県警の船が、ちょうど吊り上げられているところ

杢兵衛造船所は、今堅田を代表する老舗の造船所。
琵琶湖に面し、出島灯台の隣にあります。

滋賀県警の船が、ちょうど吊り上げられているところでした。

堅田の写真(滋賀県大津市今堅田) 今堅田 「杢兵衛造船所、ただいま作業中」 2009.11.27 14:32

■撮影地:出島灯台■住所:滋賀県大津市今堅田1丁目(琵琶湖岸)
■株式会社杢兵衛造船所 住所:滋賀県大津市今堅田1丁目 2ー20 ■TEL:077-572-2101

Mokube shipyard by Lake Biwa is a long-established shipyard representing Imakatata (Otsu,Shiga,Japan). The shipyard faces Lake Biwa and is next to the Dekejima lighthouse.A ship of the Shiga prefecture police was going to be lifted exactly at the shipyard.
photograph of Katata,Otsu,Shiga,Japan  Imakatata “The Mokube shipyard is working just now.”  2009.11.27 14:32

杢兵衛造船所とみずすまし2号 ~Imakatata/今堅田 075

杢兵衛造船所とみずすまし2号

今年2月、みずすまし2号(船の名前)は、琵琶湖畔の杢兵衛造船所で療養中でした。

杢兵衛造船所は、今堅田を代表する老舗の造船所。その敷地内で撮影させて頂いたときの一枚です。

堅田の写真(滋賀県大津市今堅田) 今堅田 「杢兵衛造船所とみずすまし2号」 2009.2.26 15:49

■撮影地:株式会社杢兵衛造船所
■住所:滋賀県大津市今堅田1丁目 2ー20 ■TEL:077-572-2101

Mokube shipyard by Lake Biwa is a long-established shipyard representing Imakatata (Otsu,Shiga,Japan).I took this picture in the shipyard in February this year.
“Mizusumashi-2” (name of the ship) was being maintained in this shipyard at that time.
photograph of Katata,Otsu,Shiga,Japan  Imakatata “Mizusumashi-2 in Mokube shipyard;”  2009.2.26 15:49