比叡山麓、晩秋の紅葉(志賀越え・滋賀県大津市滋賀里町甲)

比叡山麓、晩秋の紅葉

昨日(12月5日)の朝に撮影した、比叡山麓の晩秋の紅葉を掲載します。

古道の傍にたたずむ小屋から見た竹林と紅葉。朝の柔らかい日差しが、優しい色合いを見せてくれました。

この道は志賀越え(山中越え)と呼ばれる道で、近江(滋賀県)と京都を結ぶ古くからのルートのひとつです。滋賀里(滋賀県大津市滋賀里)から崇福寺跡・志賀峠を通り、山中町を経て北白川、京都へと通じています。

 

今年の秋はお天気に恵まれて、紅葉の撮影も長く出来た年になりました。

朝早く出かけて、山中や古道を歩き回って撮影して、帰ってくると外は真っ暗。夕食とお風呂を済ませたら、小学生の頃みたいにすぐに寝ていました。

というわけで、なかなかブログ更新できなくてすみません!12月はちょくちょく更新できるように頑張ります。

それにしても、昨日辺りからすっかり肌寒くなりましたね。二か月前は、気温26度の中で「大津祭」の撮影をしていたのですから、季節の移り変わりは早いです。皆さま、ご自愛くださいませ。

 

撮影地:滋賀県大津市滋賀里町甲、撮影日:2017年12月5日(火)
Photograph of autumn leaves at the foot of Mt. Hiei(Shigasatocho-kou,Otsu city,Shiga Prefecture,Japan).

Copyright(c)Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

 

特別編7・滋賀里(3) 百穴古墳群(ひゃっけつ こふんぐん)

百穴古墳群 案内板

百穴古墳群

↑石室の天井がドーム状なのが、百穴古墳群の特徴です。このような古墳が一面に広がり、壮観です。

八幡神社の脇の急勾配の坂道をしばらく登っていくと、住宅街が途切れて山林になります。京都へ通じる「山中越え(志賀越え)」、志賀峠の入り口です。
その手前、右手の竹林の中にあるのが、百穴古墳群(ひゃっけつ こふんぐん)。
「百穴」という名前は、石室の入り口が穴のようにたくさん見えていることから、名づけられました。

■撮影地:滋賀県大津市滋賀里町甲
■アクセス:京阪電鉄/石山坂本線「滋賀里駅」下車 徒歩 10 分
(京阪電鉄/石山坂本線へは、JR湖西線・大津京駅、またはJR琵琶湖線・膳所駅で乗り換えできます)


一枚目 「百穴古墳群 案内板」 撮影地:滋賀県大津市滋賀里町甲  2010.01.03 14:08
Guideboard of The Hyakketsu Ancient Tumulus in Shigasatocho-kou,Otsu,Shiga Prefecture,Japan

二枚目 「百穴古墳群」  撮影地:滋賀県大津市滋賀里町甲 2010.01.03 14:16
The Hyakketsu Ancient Tumulus in Shigasatocho-kou,Otsu,Shiga Prefecture,Japan

三枚目 「石仏と百穴古墳群」  撮影地:滋賀県大津市滋賀里町甲 2010.01.03 14:09
Stone statue of the Buddha and The Hyakketsu Ancient Tumulus in Shigasatocho-kou,Otsu,Shiga Prefecture,Japan

※ 今月(2010年1月)は、堅田と同じ滋賀県内を中心とした、風景や動物の写真を掲載します。2009年秋以降にmixiで掲載した写真が主になっています。更新は、2日に1回の予定です。


石仏と百穴古墳群


大きな地図で見る

特別編6・滋賀里(2) 志賀八幡神社

志賀八幡神社

滋賀里(滋賀県大津市)は、琵琶湖の西岸に位置する坂の町です。

京阪電鉄「滋賀里駅」のすぐ西にあるのが、この八幡神社。
八幡神社の脇から山に向かう坂道が、京都へ通じる「山中越え(志賀越え)」です。

■撮影地:滋賀県大津市滋賀里1丁目17−1
■アクセス:京阪電鉄/石山坂本線「滋賀里駅」下車 すぐ
(京阪電鉄/石山坂本線へは、JR湖西線・大津京駅、またはJR琵琶湖線・膳所駅で乗り換えできます)

※山中越え(志賀越え)は、京都と近江(滋賀県)を結ぶ古くからのルートのひとつです。滋賀里(滋賀県大津市)から崇福寺跡・志賀峠を通り、山中町を経て北白川、京都へと通じています。


「志賀八幡神社」  撮影地:滋賀県大津市滋賀里  2010.01.03 14:26
Shiga Hachiman Shrine, a Shinto shrine in Shigasato, Otsu,Shiga Prefecture,Japan   2010.01.03 14:26

※ 今月(2010年1月)は、堅田と同じ滋賀県内を中心とした、風景や動物の写真を掲載します。2009年秋以降にmixiで掲載した写真が主になっています。更新は、2日に1回の予定です。



大きな地図で見る

特別編5・滋賀里(1) 崇福寺跡への山道にたたずむ 志賀の大仏(おぼとけ)

志賀の大仏(おぼとけ)

とても優しいお顔の仏さまは、山中越え(志賀越え)の道中安全を見守る道祖神、
「志賀の大仏(おぼとけ)」の阿弥陀如来座像です。

この一帯は比叡山延暦寺に近く、東海自然歩道になっています。
山中越え(志賀越え)は、京都と近江(滋賀県)を結ぶ古くからのルートのひとつで、
滋賀里(滋賀県大津市)から崇福寺跡・志賀峠を通り、山中町を経て北白川、京都へと通じています。

志賀峠の入り口にあたるところにあるのが、この、志賀の大仏(おぼとけ)。
13世紀頃(室町時代)に作られた高さ約3mの石仏で、祟福寺跡(※)はすぐ近くです。

※崇福寺は、668年に天智天皇の命により近江大津宮の北西の山中に建立されました。延暦年間に十大寺(当時のベストテンに数えられたお寺)に選ばれるなど栄えましたが、室町時代には廃寺となりました。志賀の大仏(おぼとけ)は、崇福寺への参道にあります。

■撮影地:滋賀県大津市滋賀里町甲
■アクセス:京阪電鉄/石山坂本線「滋賀里駅」下車 徒歩 20 分
(京阪電鉄/石山坂本線へは、JR湖西線・大津京駅、またはJR琵琶湖線・膳所駅で乗り換えできます)


「志賀の大仏(おぼとけ)」 撮影地:滋賀県大津市滋賀里町甲  2010.01.03 14:00
Great Buddha of Shiga, 3 metres ( 9.8ft) tall, stone buddha, made in around 13th century,located in Shigasatocho-kou, Otsu,Shiga Prefecture,Japan   2010.01.03 14:00

※ 今月(2010年1月)は、堅田と同じ滋賀県内を中心とした、風景や動物の写真を掲載します。2009年秋以降にmixiで掲載した写真が主になっています。更新は、2日に1回の予定です。



大きな地図で見る