里山の夏便り、散歩道での1か月(7月の花・後編)

ヒメジョオンの花

雨あがりに咲くヒメジョオンの花。近所の草むらで見つけた初夏の花です。

バラの花

そして、石垣の前で見つけたバラの花。見ていると優しい気持ちになります。
医療従事者の皆さん、ありがとう。
そして今頑張っているすべての人たちに、エールを送ります。

キキョウの花

キキョウの花。こちらも近所の人が植えたものです。見事な花の数と存在感に見とれてしまいました。初夏の花は美人ぞろいですね。

ヒメヒオウギズイセンの花

ヒメヒオウギズイセンの花。里山の初夏便り、散歩道での1か月(6月の田園風景と初夏の花)でも掲載しました。この花も前回掲載のアガパンサス同様、6月から咲いている息の長い花です。

6月の記事でも書きましたが、初夏の堅田の町でも咲いている風景を見ているので、この花を見ると堅田が恋しくなります。新型コロナウイルスの第二波を考えると、もうしばらく遠出は我慢です。

黄色の花

こちらは休耕田に咲いていた黄色い花。

雨で数日田んぼの撮影に行けていないので、次は8月になると思いますが、この続きを撮っていきたいと思っています。

 

◇撮影日時:2020年7月18日(土)、7月21日(火)、7月23日(木・祝)
◇撮影地:滋賀県南部(草津市~大津市南部)
Copyright(c) Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

※2020年2月以降、当ブログ初公開の写真(以前撮影を含む)を掲載しています。
堅田にも行けないので、自宅と事務所の有る草津市~大津市南部で撮影しています。
地元の田園風景と花をメインに掲載中です。

次回何を載せるかは未定ですが、今後も近況報告を兼ねて随時更新しますね。





里山の夏便り、散歩道での1か月(7月の花・前編)

畑の小さなヒマワリの花

畑の片隅で咲いていた小さなヒマワリ。7月初めに出逢った風景です。

ムクゲの花

今年は特に雨の多い7月でしたが、月が変わった途端ムクゲの花が咲き始めて、やはり夏だなと実感しました。

とはいえ、天気の関係でなかなか外で撮影できず、わずかな晴れ間に近所で撮影しては、雨に打たれながら帰ることが多かった日々。そんな中で出逢えた花たちを掲載していきますね!

アガパンサスの花

アガパンサスの花。里山の初夏便り、散歩道での1か月(6月の田園風景と初夏の花)でも掲載しましたが、花言葉は「恋の訪れ」だそうです。2007年6月28日のAllAboutに【7月の花】アガパンサスとして紹介してありました。

アガパンサスは庭や玄関先によく植えてある花で、今年は6月後半から7月いっぱいにかけてよく見かけました。現在は花が終わりかけで、かわいらしい実(種)が見られます。そちらの写真も機会があればご紹介したいと思います。

オニユリの花

夏と言えば、オニユリの花。このオレンジ色に元気をもらっています。

ツユクサの花

そして、一番うれしかったのがこのツユクサの群生。

地元の草津市は池(ため池や貯水池)が多い土地なのですが、池の周囲のフェンス沿いにツユクサがたくさん咲いていました。

ツユクサの群生

なかなか撮影できずにいた中で出逢ったツユクサの花は、雨あがりに足元で見つけた小さな宝石のようでした。何より自然の中の生命の力は伸びやかでたくましいです。

次回は後編をお届けします。

 

◇撮影日時:2020年7月5日(日)、7月7日(火)
◇撮影地:滋賀県南部(草津市~大津市南部)
Copyright(c) Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

※2020年2月以降、当ブログ初公開の写真(以前撮影を含む)を掲載しています。
堅田にも行けないので、自宅と事務所の有る草津市~大津市南部で撮影しています。
地元の田園風景と花をメインに掲載中です。

里山の夏便り、タイサンボクの花(泰山木)

タイサンボクの花

蒸し暑い毎日が続きますが、お変わりありませんか。
しばらく、涼しげな花たちの写真を掲載していこうと思います。

 

公園の大木に咲いていた見事な花。調べてみるとタイサンボク(泰山木)というモクレン科の常緑高木の花でした。甘い香りが漂って、異国情緒たっぷり。ところが高い所に咲いているので、なかなか花の様子が分からない…。あまり背の高くない私が背伸びして、汗だくになって撮った夏の日の朝でした。

 

2020年7月5日撮影。(奥の茂みではアジサイが咲いていました)

タイサンボクの木と花

タイサンボク(泰山木、大山木、学名:Magnolia grandiflora)とはモクレン科の常緑高木。特徴   北米中南部原産。花期は5~7月頃。葉の表面には光沢があり、裏面は毛が密生しており錆色に見える。日本では公園樹としてよく植栽される。wikipedia/タイサンボク


今回から数回に分けて、2020年7月に撮影した花をお届けします。

◇撮影地:滋賀県南部(大津市南部)
Copyright(c) Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

※2020年2月以降、当ブログ初公開の写真(以前撮影を含む)を掲載しています。
堅田にも行けないので、自宅と事務所の有る草津市~大津市南部で撮影しています。
地元の田園風景と花をメインに掲載中です。

 

里山の夏便り、晴天の田んぼに白いサギが飛ぶ

高台から見た田園風景とシロサギ

高台から見た田園風景とシロサギ

高台から見た田園風景とシロサギ

昨日雨の中で出逢った白い鳥(サギ)。今朝は集落の近くの田んぼの上を飛んでいるところに出くわしました。近所の高台から見た田園風景です。

この7月は雨か曇天で、なかなか撮影に来れなかった場所でした。前回(昨日撮影)で山裾が霧に包まれた様子をご紹介しましたが、今回はその「晴天」版を掲載することができました。

1日経っただけで、これだけ光も風景も変わります。天気が変われば気分も変わるから、本当に自然は不思議ですね。

田園風景と用水路


田んぼと栗の木

暑い中歩き回って、昨日初めて発見したことがあります。
写真の木(田んぼの傍らにある木・6月にも登場)が何だか、ようやく分かりました!

昨日は雨で暗かったのでこんな風には撮れませんでしたが、今日は青空を背景に撮影することができました。↓

青い栗の実たくさん

青い栗の実

栗の木でした。御覧の通り青い実がたくさんついていて、秋にはたくさん実りそうです。
またひとつ、季節が巡ってゆくのをそっと見守る、ささやかな楽しみができました。

 

◇撮影日時:2020年7月19日(日)朝
◇撮影地:滋賀県南部(草津市~大津市南部)
Copyright(c) Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

※2020年2月以降、当ブログ初公開の写真(以前撮影を含む)を掲載しています。
堅田にも行けないので、自宅と事務所の有る草津市~大津市南部で撮影しています。
地元の田園風景と花をメインに掲載中です。

次回何を載せるかは未定ですが、今後も近況報告を兼ねて随時更新しますね。

 

▼昨日雨の中で逢った白い鳥(サギ)はこちらです。

里山の夏便り、雨の田んぼにオレンジ色の花と白い鳥

▼6月に撮影した同じ場所の風景です(栗の木も登場)。

里山の初夏便り、6月の田んぼの風景