近江八幡の水郷と長命寺(バックナンバーより6月の美しい風景をお届けします・滋賀県近江八幡市)

水郷めぐりの和船(西の湖)-1

繖山(観音寺山)の上から撮影した安土山、西の湖、長命寺山

水郷めぐりの和船が、西の湖(にしのこ)周辺の水郷と呼ばれる葦原を行く。ここは滋賀県近江八幡市円山町。

織田信長がかつて、安土城から眺めた山並みもこんな感じだったのだろう。
写真二枚目は、安土の繖山(観音寺山)の上から撮影した水郷のまちの風景。

手前より安土山西の湖、奥島山(右奥)~長命寺山(中央奥)~八幡山(左奥)。
一番奥にぼんやり見えるのが、琵琶湖の向こうの比良山系

続きを読む →





伊崎の棹飛び(琵琶湖上から2015年8月1日撮影・滋賀県近江八幡市)

毎年8月1日に琵琶湖畔の伊崎寺で行われる「伊崎の棹飛び」(いさきのさおとび)。

その写真を一挙掲載します。

以前からの読者の方はご存知だと思いますが、2014年ごろから、まとめサイトによる著作権侵害や、海外から来る悪質なクローラー(=サイトの情報を収集しようとする困った存在)に悩まされるようになりました。

もともと、堅田や滋賀の風景と歴史をご紹介したくて始めたブログなのに、以前のようには掲載できなくなり困っていました。

最近は以前のような悪質なケースは減ってきましたので、その間掲載できなかった写真を、少しずつご紹介していこうと思っています。

今回は「京都西山の初夏:善峯寺~西山古道~柳谷観音を歩く」に続き、その第二弾です。

続きを読む →

教林坊の紅葉(滋賀県近江八幡市安土町石寺)

教林坊
安土の繖山(きぬがさやま)の麓に、聖徳太子によって605年に創建された寺がある。教林坊という天台宗の寺で、白洲正子さんの著作には「石の寺」「石寺」として登場する。

麓の石寺という部落は、世捨人のような風情のある村で、かつては観音正寺の末寺が三十以上もあり、繁栄を極めたというが、現在は教林坊というささやかな寺が一つ残っているだけである。(白洲正子『かくれ里』

続きを読む →