9月下旬から10月の花の撮影地(滋賀のヒガンバナ・京都大乗寺の酔芙蓉)

真野川のヒガンバナ

9月に入って当ブログでよく読まれている記事のご紹介です。

2019年のヒガンバナは、気候の関係で例年より遅めのようですね。京都市山科区の御陵駅近くにある大乗寺さんの酔芙蓉は、2019年も10月に入ってからが見頃になりそうです。

真野川のヒガンバナ(滋賀県大津市真野)

JR堅田駅西口から、堅田看護専門学校の前を通って、落ち着いた町並みを歩くこと約15分。真野川の新宿橋に出ます。車だと琵琶湖大橋(今堅田)に近い所です。2011年に初めて撮影して、当ブログに掲載した場所ですが・・・ヒガンバナの数が・・・ふ、増えてる??(かなりの数になっています)

湖西の里山から・真野川のヒガンバナ2017年9月(滋賀県大津市真野)

続きを読む →





湖西の里山から・真野川のヒガンバナ2017年9月(滋賀県大津市真野)

真野川のヒガンバナ

久しぶりに真野川のヒガンバナを見てきました。

JR堅田駅西口から、堅田看護専門学校の前を通って、落ち着いた町並みを歩くこと約15分。真野川の新宿橋に出ます。車だと琵琶湖大橋(今堅田)に近い所です。

2011年に初めて撮影して、当ブログに掲載した場所ですが・・・ふ、増えてる??
ヒガンバナの数が、あのときと全く違いました。 続きを読む →

滋賀堅田の桜、一挙大公開!(後編・おとせの浜から真野川まで)

4月12日(火)に、堅田駅周辺の桜を訪ね歩いてきました。前編では、堅田駅から駅西口(山の手)→衣川台→天神川→仰木道から浮御堂周辺への道中を掲載しました。

後編にあたる今回は、浮御堂周辺→居初邸の前から堅田内湖→伊豆神田神社→今堅田の琵琶湖岸→米プラザ前→真野川下流と歩きました。帰りは真野川周辺から駅までバスに乗ろうかと思いつつ、結局駅まで歩きました。

この10年に撮影しながら覚えた道を、ほぼ全部歩いた感じです。

堅田なぎさ苑前から見たおとせの浜の桜

堅田なぎさ苑前から見たおとせの浜(本堅田1丁目)。ヨシ原の向こうに桜が見え、釣りをする人をよく見かける場所です。 続きを読む →

写真ブログ「Katata/堅田」更新しました|真野川の桜 ~Imakatata/今堅田 132 #shiga #otsu #photo

真野川の桜

本日撮影した桜です。琵琶湖のほとり・真野川の桜は満開でした。
今年は例年より1週間程度遅れましたが、咲き始めて2、3日で満開になりました。
堅田の桜は、ちょうど見ごろです(^^)(2012年4月16日)

真野川は湖西の山から流れ、大津市今堅田3丁目と真野5丁目の境界を流れて琵琶湖に注ぐ川です。
国道161号線の琵琶湖大橋病院前から、真野浜水泳場までの間、真野川の片側に、桜並木がずっと続いています。

途中に橋がないので、桜を近くで見るか対岸から見るか、決めてから歩くことをおすすめします。橋は真野浜水泳場まで行けばあります。車で行かれる方は、並木側の車道が狭いので気をつけてください。


堅田(滋賀県大津市)の写真 今堅田 「真野川の桜3」 2012.04.16 16:54
■撮影地:真野川(桜並木の対岸から撮影)■住所:滋賀県大津市今堅田

Photograph of Katata,Otsu,Shiga,Japan  Imakatata  2012.04.16 16:54
“Cherry blossoms along Mano-gawa River”3

湖西の里山から2011・真野 【比叡山のふもとの町、稲刈り後の風景(真野川の傍の田んぼにて、撮影地:真野大野)】 #shiga #otsu #photo

稲刈り後の風景

視界を遮るものは何もありません。稲刈り後の田んぼが一面に広がって、前回ご紹介した「稲わらの三角帽子」が、向こうに小さく見えていました。

稲刈り後の田んぼの中(写真手前)には、砂のように、茶色の粉末が大量に撒かれていました。稲藁を腐らす肥料を撒くと聞いていたので、その肥料なのかもしれません。

このあたりは比叡山に近いところです。町の手前で「比叡山へ7km」という看板を見かけました。

比叡山のふもとの町の、静かな秋の風景です。


堅田周辺の町/Towns around Katata 107 真野大野(滋賀県大津市)の写真 真野大野8
「湖西の里山から2011・真野 【比叡山のふもとの町、稲刈り後の風景
(真野川の傍の田んぼにて、撮影地:真野大野)】」

■撮影地:滋賀県大津市真野大野2丁目
■撮影日:2011.09.27 14:58
■アクセス:JR堅田駅から江若バス・堅田葛川線「南庄道」下車、徒歩10分

Photograph of Manooono,Otsu,Shiga,Japan  2011.09.27 14:58
“Satoyama landscape of paddy field in Manooono,Otsu City,Shiga Prefecture,Japan 8”

Satoyama landscape of paddy field in Manooono,Japan.

Satoyama (里山) is a Japanese term applied to the border zone or area between mountain foothills and arable flat land. Literally, sato (里) means arable and livable land or home land, and yama (山) means mountain. Satoyama, which have been developed through centuries of small scale agricultural and forestry use, also promise biodiversity if properly maintained by human activities. http://en.wikipedia.org/wiki/Satoyama


大きな地図で見る