本堅田、琵琶湖畔の静かなお正月の風景

浮御堂北湖岸2017年元旦

前回は1月1日に撮影した今堅田の風景を掲載しましたが、本堅田もちゃんと撮影してきましたよー!というわけで、引き続き、お正月の本堅田を一挙掲載します。

ちなみに当ブログは12月27日に開設9周年となり、記念として、4回連続で、年末の本堅田をご紹介しました。

今回はそのときご紹介できなかった場所と、新年ならではの本堅田の風景を掲載します。まずは、浮御堂北湖岸の穏やかな新春の風景からどうぞ。

浮御堂北湖岸で琵琶湖を眺める家族

浮御堂北湖岸から堅田港方面

湖岸沿いに遊歩道が続いていて、浮御堂北湖岸から十六夜公園・堅田港まで歩くことができます。

冬場はユリカモメの天国で、湖上に白く浮かんでいる大群がユリカモメです。

十六夜公園周辺は、こちらでご紹介していますので、あわせてどうぞ↓

琵琶湖畔の本堅田にて、年末の風景2(十六夜公園から浮御堂周辺)

堅田港と漁船と水上派出所

十六夜公園の対岸が堅田港です。漁師さんの漁船などが停泊しています。左の大きな建物は、大津北警察署堅田水上派出所です。

堅田港と琵琶湖と三上山

堅田港。こちらには臨時の観光船などが停泊します。対岸に三上山(近江富士)が見えていますね。対岸に三上山が見えるのは、堅田ならではの風景です。


居初邸近くの地蔵堂

堅田に多いのが、お地蔵さんと地蔵堂です。

かつてこの辺りは琵琶湖でした。堅田内湖と琵琶湖にはさまれた本堅田と今堅田の地域では、かつての水辺のなごり(守護神)として、地蔵堂が残っていると考えられています。

琵琶湖に続く路地

堅田港周辺は路地の多い場所です。琵琶湖に続く路地が至るところで見られます。


お正月の伊豆神社

お正月の伊豆神社。ご近所の方がたくさん初詣に来ておられました。

琵琶湖畔の本堅田にて、年末の風景3(おとせの浜~伊豆神社の幸福の石~本福寺)

伊豆神社から光徳寺へ続く路地

伊豆神社から本福寺、光徳寺へ続く路地です。本福寺は年末にご紹介したので、今回は光徳寺の方向へ行ってみますね。

光徳寺2017年元旦

光徳寺。殉教者・堅田源兵衛の首で知られるお寺です。

前回今堅田のところで書きましたが、浄土真宗中興の祖である蓮如は、比叡山延暦寺から迫害を受け、堅田に滞在した時期があります。堅田は町を挙げて延暦寺と戦って負け(堅田大責)、蓮如は越前に向かうことになりました。

実はそのとき宗祖である親鸞の木像を三井寺に預けたのですが、後年三井寺から人の首を二つ差し出すなら返そうと言われます。堅田の漁師源兵衛は、蓮如を助けるために自分の首を父親に討たせます。

源兵衛の父親は息子の首を三井寺に持って行き、自分の首もはねてくれと言い、三井寺は親鸞の木像を返したという話が残っています。

浮御堂周辺5・堅田源兵衛の首(光徳寺) ~Honkatata/本堅田 164

驚くべきことに、堅田源兵衛の伝承は、実は大津市内のほかのお寺にもありまして・・・小関町の等正寺、三井寺町の両願寺です。

『滋賀県の歴史散歩』(山川出版社)を見ると等正寺だけ載っていて、「同じ人間の首がなぜ3つもあるのかは謎である(両願寺は現在非公開) 」とのこと。

私は源兵衛さんの故郷である光徳寺だといいな、救われるのに、と思っていますが、どちらにしろ悲しいお話ですよね。

実は2011年の3月に、光徳寺のご住職から源兵衛さんの首を見せていただいたことがあります。どくろ、それも小さな部類に入ると思われる、愛らしいものでした。

逢坂越7(小関越と堅田源兵衛の伝承)~白洲正子「近江山河抄」の舞台を歩く(13)

 

祥瑞寺の門2017年元旦-1

前回、松尾芭蕉の句碑があるとご紹介した祥瑞寺です。新年の装いをご紹介します。

祥瑞寺本堂2017年元旦-2


堅田漁港の芭蕉句碑

こちらが前回ご紹介できなかった、堅田漁港の芭蕉句碑です。
入り口のすぐ右側に句碑があります。

「海士の屋は小海老にまじるいとど哉」(芭蕉)

堅田漁港と船

堅田漁港と漁協会館。↓こちらでも三上山が見えていますね。

堅田漁港と漁協会館


福聚院の庭砂

堅田漁港の前にある福聚院(福聚禅院)。お庭が見事です。

福聚院2017年元旦

↓堅田漁港周辺は、堅田内湖の風景がおすすめです。

琵琶湖畔の本堅田にて、年末の風景1(堅田内湖周辺と堅田漁港)


↓映画ロケ地となった自転車屋さんのほか、神田神社、堅田教会などを掲載。

琵琶湖畔の本堅田にて、年末の風景4(湖族の郷資料館~神田神社~商店街~堅田教会)

撮影日:2017年1月1日
撮影地:滋賀県大津市本堅田2丁目、本堅田1丁目
Lake Biwa and Honkatata town(Otsu,Shiga,Japan).

Copyright(c)Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

 





滋賀堅田の桜、一挙大公開!(後編・おとせの浜から真野川まで)

4月12日(火)に、堅田駅周辺の桜を訪ね歩いてきました。前編では、堅田駅から駅西口(山の手)→衣川台→天神川→仰木道から浮御堂周辺への道中を掲載しました。

後編にあたる今回は、浮御堂周辺→居初邸の前から堅田内湖→伊豆神田神社→今堅田の琵琶湖岸→米プラザ前→真野川下流と歩きました。帰りは真野川周辺から駅までバスに乗ろうかと思いつつ、結局駅まで歩きました。

この10年に撮影しながら覚えた道を、ほぼ全部歩いた感じです。

堅田なぎさ苑前から見たおとせの浜の桜

堅田なぎさ苑前から見たおとせの浜(本堅田1丁目)。ヨシ原の向こうに桜が見え、釣りをする人をよく見かける場所です。 続きを読む →

–お地蔵さんがいっぱい、本堅田1丁目(滋賀県大津市)– ~Honkatata/本堅田 363-367

妙盛寺境内の地蔵

妙盛寺境内の地蔵(Jizos at Myousei-ji Temple)
妙盛寺には、前回ご紹介した「天正の六地蔵」とは別に、これだけの数のお地蔵さんがあります。
赤の前掛けが美しく、かなりの存在感があります。


こしきり地蔵

こしきり地蔵(Koshikiri jizo)
腰から下がない地蔵で、地蔵の腰をさすると腰痛に効くという言い伝えがあります。
北を向いている珍しいお地蔵さんで、北向地蔵とも呼ばれています。


光徳寺の地蔵

光徳寺の地蔵(Jizos at Koutoku-ji Temple)
こしきり地蔵堂の隣にある地蔵。二体のお地蔵さんが、少しだけ顔を覗かせています。


寿寧寺門前の地蔵

寿寧寺門前の地蔵(Jizo at Jyunei-ji Temple)
琵琶湖がすぐ目の前にある寿寧寺。門前で迎えてくれるのは、オリエンタルな顔立ちのお地蔵さんです。


神田神社前の地蔵

神田神社前の地蔵(Jizos in front of Kanda Shrine)
素朴な味わいがある、優しい雰囲気のお地蔵さんです。
前掛けはいつも新しく、瑞々しいお花が欠かさずお供えしてあります。

堅田はお地蔵さんの町です。


写真一枚目:堅田(滋賀県大津市)の写真 本堅田 「妙盛寺境内の地蔵(2011年3月)」 2011.03.13 13:27撮影 ■撮影地:妙盛寺(滋賀県大津市本堅田1丁目)

写真二枚目:堅田(滋賀県大津市)の写真 本堅田 「こしきり地蔵(2011年3月)」
2011.03.13 11:56撮影 ■撮影地:こしきり地蔵堂(滋賀県大津市本堅田1丁目)

写真三枚目:堅田(滋賀県大津市)の写真 本堅田 「光徳寺の地蔵(2011年3月)」
2011.03.13 11:55撮影 ■撮影地:光徳寺(滋賀県大津市本堅田1丁目)

写真四枚目:堅田(滋賀県大津市)の写真 本堅田 「寿寧寺門前の地蔵(2011年3月)」2011.03.13 13:55撮影 ■撮影地:寿寧寺(滋賀県大津市本堅田1丁目)

写真五枚目:堅田(滋賀県大津市)の写真 本堅田 「神田神社前の地蔵(2011年3月)」 2011.03.13 13:45撮影 ■撮影地:神田神社前(滋賀県大津市本堅田1丁目)


1:Photograph of Honkatata,Otsu,Shiga,Japan  Honkatata
2011.03.13 13:27″Jizos at Myousei-ji Temple,Japan”

2:Photograph of Honkatata,Otsu,Shiga,Japan  Honkatata
2011.03.13 11:56″Koshikiri jizo”

3:Photograph of Honkatata,Otsu,Shiga,Japan  Honkatata
2011.03.13 11:55″Jizos at Koutoku-ji Temple”

4:Photograph of Honkatata,Otsu,Shiga,Japan  Honkatata
2011.03.13 13:55″Jizo at Jyunei-ji Temple”

5:Photograph of Honkatata,Otsu,Shiga,Japan  Honkatata
2011.03.13 13:45″Jizos in front of Kanda Shrine”

新緑の堅田(1) 自転車で、路地をゆく(光徳寺前) ~alley/路地 017(2)

自転車で、路地をゆく(光徳寺前) Alley_near_the_koutokuji_temple

前回まで、京都・下鴨神社巡行の写真でしたので、
ひさしぶりの堅田の写真になります。
そのころ、堅田では・・・と言ったところでしょうか。

写真左、白壁の美しいお寺は、
殉教者・堅田源兵衛の眠る光徳寺。

路地の先に見えている新緑は、
一休さんが修行した寺・祥瑞寺の境内になります。


春祭りも終わり、堅田に流れるのは緩やかな空気。
その雰囲気を出せればいいなと、私もペースダウンして、
今月後半の更新は、2日に1回のペースにします。
次回の更新は、5/18(火)の予定です。


堅田(滋賀県大津市)の写真 路地 2008.05.21 11:10
「新緑の堅田(1) 自転車で、路地をゆく(光徳寺前)」

■撮影地:光徳寺前 ■拝観(光徳寺):境内自由(本堂 要相談)
光徳寺■住所:滋賀県大津市本堅田1丁目22-20 ■TEL:077-572-1030

photograph of Katata,Otsu,Shiga,Japan  alley  2008.05.21 11:10
” alley near the Koutoku-ji temple in Honkatata,Japan”

路地の町・本堅田(3) ~alley/路地 032

雪の日の路地(本堅田)3

前回の路地を、直進せずに、松の木の角で左折したところです。
蔵と民家が並び、向かいには光徳寺の鐘楼と白壁。
この路地の向こうはすぐ、こしきり地蔵と、祥瑞寺です。(祥瑞寺の境内の緑が見えています。)
祥瑞寺の先は、港橋、そして琵琶湖(堅田港)。堅田港周辺の風景は、2/25-27に掲載します。


堅田の写真(滋賀県大津市本堅田) 路地 「雪の日の路地(本堅田)3」 2010.02.07 11:34:26
■撮影地:滋賀県大津市本堅田1丁目(光徳寺から祥瑞寺の間の路地)


A warehouse and a private house. In the other side, they are a bell tower
and the white wall of the Koutoku-ji temple.There are Kosikiri Jizodo and
Syozui-ji temple ahead of this alley, and there is Lake Biwa (Katata harbor).

photograph of Katata,Otsu,Shiga,Japan  alley 2010.02.07 11:34:26 ”alley in snowy day in Honkatata,Japan”3