滋賀堅田の桜(3) 伊豆神社の桜

伊豆神社境内奥の桜

朝の光に照らされて、境内の奥でひっそりと咲く桜。

伊豆神社境内奥の桜と狛犬

優しい色の桜です。狛犬さんと一緒に撮影してみました。 続きを読む →





琵琶湖畔の秘境、有漏神社と阿曽津千軒。堅田との意外な関係と登山道について

琵琶湖の北端に、有漏神社(うろう じんじゃ)という神社があります。
その由緒になんと・・・堅田の地名があって驚きました!
中世のころ、堅田の漁業権が湖北まで及んでいたという史実を裏付けるものでした。

往昔湖上舟楫(ふねかじ)の神として鎮座され、遠く江南堅田方面の漁民のこの地に出漁することも多くその舟楫守護の神として崇敬したと伝える。-有漏神社(滋賀県神社庁)

続きを読む →

伊吹の荒ぶる神8(北国脇往還1:関ケ原から藤川の里を訪ねる、上平寺に寄り道して春照へ)~近江山河抄の舞台を歩く(72)

蔵のある風景

ある時私は、関ケ原から遡って、藤川の集落を訪ねたことがある。一条兼良はしばらくこの辺に滞在し、『藤川記』という書を残したが、定家も若い頃いたと伝えられ、彼が住んだという旧家も残っている。
・・・
藤川から伊吹の山麓を通って、木之本へぬける裏道があり、北国街道の「脇往還」と呼ばれる。田圃の中に稲架(はさ)がつづくひなびた風景は、近江の懐深く入りこんだという感じがする。その途中、伊吹の村で、円空作の十一面観音を見た。-白洲正子『近江山河抄』「伊吹の荒ぶる神」

続きを読む →

鈴鹿の流れ星4(甲賀市甲南町:竜法師と瀬古の流星、甲賀流忍術屋敷、嶺南寺)~近江山河抄の舞台を歩く(48)

甲賀流忍術屋敷の忍者(甲賀市甲南町竜法師)
甲賀市甲南町は甲賀流忍術発祥の地で、竜法師地区には忍者屋敷が現存する。
「鈴鹿の流れ星」と聞いて思い出したのは、竜法師で見た「瀬古の流星」のことだった。
瀬古の流星は忍者が合図のために打ち上げたという狼煙で、花火の原型ともいわれている。

続きを読む →