琵琶湖畔の秘境、有漏神社と阿曽津千軒。堅田との意外な関係と登山道について

琵琶湖の北端に、有漏神社(うろう じんじゃ)という神社があります。
その由緒になんと・・・堅田の地名があって驚きました!
中世のころ、堅田の漁業権が湖北まで及んでいたという史実を裏付けるものでした。

往昔湖上舟楫(ふねかじ)の神として鎮座され、遠く江南堅田方面の漁民のこの地に出漁することも多くその舟楫守護の神として崇敬したと伝える。-有漏神社(滋賀県神社庁)

続きを読む →

伊吹の荒ぶる神8(北国脇往還1:関ケ原から藤川の里を訪ねる、上平寺に寄り道して春照へ)~近江山河抄の舞台を歩く(72)

蔵のある風景

ある時私は、関ケ原から遡って、藤川の集落を訪ねたことがある。一条兼良はしばらくこの辺に滞在し、『藤川記』という書を残したが、定家も若い頃いたと伝えられ、彼が住んだという旧家も残っている。
・・・
藤川から伊吹の山麓を通って、木之本へぬける裏道があり、北国街道の「脇往還」と呼ばれる。田圃の中に稲架(はさ)がつづくひなびた風景は、近江の懐深く入りこんだという感じがする。その途中、伊吹の村で、円空作の十一面観音を見た。-白洲正子『近江山河抄』「伊吹の荒ぶる神」

続きを読む →

鈴鹿の流れ星4(甲賀市甲南町:竜法師と瀬古の流星、甲賀流忍術屋敷、嶺南寺)~近江山河抄の舞台を歩く(48)

甲賀流忍術屋敷の忍者(甲賀市甲南町竜法師)
甲賀市甲南町は甲賀流忍術発祥の地で、竜法師地区には忍者屋敷が現存する。
「鈴鹿の流れ星」と聞いて思い出したのは、竜法師で見た「瀬古の流星」のことだった。
瀬古の流星は忍者が合図のために打ち上げたという狼煙で、花火の原型ともいわれている。

続きを読む →

鈴鹿の流れ星2(滋賀県甲賀市から湖南市:信楽の日雲神社、水口の笠山神社、三雲の上乗寺。倭姫命の伝承と甲可日雲宮続編)~近江山河抄の舞台を歩く(45)

日雲神社参道(甲賀市信楽町牧)
伊勢神宮は、伊勢に鎮座するまで、大和・伊賀・近江・美濃・尾張を移動した伝承をもつ。
一時的に鎮座した場所は元伊勢(もといせ)と呼ばれる。その一つが近江の甲可日雲宮だ。滋賀県甲賀市とその周辺には、甲可日雲宮の伝承地が10以上存在する。
前回はその中から、甲賀市土山町の甲可日雲宮(日雲神社)と田村神社をご紹介した。

続きを読む →

湖西の里山から2011・伊香立 【緑の大地、美しい山のまち(6)】 融神社の狛犬と、神社の由緒(光源氏のモデル・源融公を祀った『融神社』にて) #shiga #otsu

融神社の狛犬 (左側で口を閉じている狛犬=吽形)

なかなか男前の狛犬ですね。旧暦の5月5日、融神社では境内いたるところにショウブとヨモギをお供えします。幽玄な雰囲気が一層引き立つ境内でした。

融神社の狛犬 (右側で口を開けている狛犬=阿形)

源融(みなもとのとおる)公は、ここ伊香立南庄に荘園をもち、嵯峨の清涼寺、宇治の平等院が別荘だった(!)といいます。

そして、小倉百人一首(14番目)『みちのくの しのぶもじずり たれゆれに みだれそめにし われならなくに』 の詠み人でもありました。

嵯峨天皇の第八皇子で左大臣、「源氏物語」の光源氏のモデルになった人物です。

源融公と融神社の由緒については、下記(写真)を御覧下さい。

融神社由緒

※撮影地は堅田の奥にある町、伊香立(滋賀県大津市)。京都・大原と境を接する、美しい里山の町です。今月はじめは、引き続き「伊香立」から、初夏の涼しい風景をお届けします。

Komainu statue pairs at Tooru Shrine in Ikadachiminamisyotyo ,Otsu City,Shiga Prefecture,Japan.The left side of komainu statue pairs is generally called “ungyō”. Ungyō closes the mouth.The right side of komainu statue pairs is generally called “agyō”. Agyō opens the mouth.


堅田周辺の町/Towns around Katata 082-084 伊香立南庄町(滋賀県大津市)の写真 融神社3-5
「湖西の里山から2011・伊香立 【緑の大地、美しい山のまち(6)】
融神社の狛犬 (左側で口を閉じている狛犬=吽形(うんぎょう))/(右側で口を開けている狛犬=阿形(あぎょう))/融神社由緒(看板より)」

■撮影地:融神社(滋賀県大津市伊香立南庄町1846) ■撮影日:2011.06.06 15:16:52/15:16:04/15:08■アクセス:JR堅田駅から江若バス・堅田葛川線「南庄」下車、徒歩15分

1:Photograph of Ikadachiminamisyotyo,Otsu,Shiga,Japan  2011.06.06 15:16:52
“An ungyō komainu at Tooru Shrine in Ikadachiminamisyotyo ,Otsu City,Shiga Prefecture,Japan ”
2:Photograph of Ikadachiminamisyotyo,Otsu,Shiga,Japan  2011.06.06 15:16:04
“An agyō komainu at Tooru Shrine in Ikadachiminamisyotyo ,Otsu City,Shiga Prefecture,Japan ”
3:Photograph of Ikadachiminamisyotyo,Otsu,Shiga,Japan  2011.06.06 15:08
“About Tooru Shrine in Ikadachiminamisyotyo ,Otsu City,Shiga Prefecture,Japan ”


大きな地図で見る

滋賀県大津市・伊豆神社の狛犬 (左側で口を閉じている狛犬=吽形(うんぎょう) ) ~Honkatata/本堅田 341

伊豆神社の狛犬 (左側で口を閉じている狛犬=吽形(うんぎょう) )

今年のお正月、浮御堂の隣にある伊豆神社にて撮影しました。
左側で口を閉じている狛犬=「吽形(うんぎょう)」の注連縄姿です。

堅田(滋賀県大津市)の写真 本堅田 伊豆神社37
「伊豆神社の狛犬 (左側で口を閉じている狛犬=吽形(うんぎょう) )」
2011.01.04 14:55:18

■撮影地:伊豆神社 ■拝観:境内自由
■住所:滋賀県大津市本堅田1丁目19-26 ■TEL:077-573-2354


大きな地図で見る


An ungyō komainu.The left side of komainu statue pairs is generally called “ungyō”. Ungyō closes the mouth.

Komainu (狛犬・胡麻犬), often called lion-dogs in English, are statue pairs of lion-like creatures either guarding the entrance or the inner shrine of many Japanese Shinto shrines or kept inside the inner shrine itself, where they are not visible to the public. http://en.wikipedia.org/wiki/Komainu

The term A-un (阿吽) is the transliteration in Japanese of the syllable “aum” (or “om”).Written in Devanagari as ॐ, it is sacred to the Indian religions of Hinduism, Buddhism, and Jainism.The original Sanskrit term is composed of two letters, the first and the last of the Sanskrit alphabet.Together, they symbolically represent the beginning and the end of all things. In Japanese Mikkyō Buddhism,the letters represent the beginning and the end of the universe.The term is also used in Shinto and Buddhist architecture to describe the paired statues common in Japanese religious settings, most notably the Niō and the komainu.In most cases one of the two, the right one, has its mouth open to pronounce the sound “a”, while the other has it closed to utter the sound “um”. The symbolism is the same already seen. The generic name for statues with an open mouth is agyō (阿形, lit. “a” shape), that for those with a closed mouth ungyō (吽形, lit. “un” shape”).http://en.wikipedia.org/wiki/A-un

Photograph of Honkatata,Otsu,Shiga,Japan  Honkatata  Izu shrine 37
2011.01.04 14:55:18″An ungyō komainu at Izu Shrine in Otsu, Shiga,Japan”

滋賀県大津市・伊豆神社の狛犬 (右側で口を開けている狛犬=阿形(あぎょう) ) ~Honkatata/本堅田 340

伊豆神社の狛犬 (右側で口を開けている狛犬=阿形(あぎょう))

今年のお正月、浮御堂の隣にある伊豆神社にて撮影した狛犬です。
注連縄を巻いてもらって、りりしい姿でした。

狛犬の呼び方が気になって調べてみたら、左右それぞれにちゃんと名前がありました。阿吽(あうん)の呼吸、というときの「阿吽」(あうん)を使うんですね。あうんは仏教の言葉で、「宇宙の始まりと終わりを表す。」http://ja.wikipedia.org/wiki/阿吽
勉強になりました。

一般的に、獅子・狛犬は向かって右側の獅子像が「阿形(あぎょう)」で口を開いており、左側の狛犬像が「吽形(うんぎょう)」で口を閉じ、古くは角を持っていた。http://ja.wikipedia.org/wiki/狛犬

堅田(滋賀県大津市)の写真 本堅田 伊豆神社36
「伊豆神社の狛犬 (右側で口を開けている狛犬=阿形(あぎょう)) 」2011.01.04 14:55:24

■撮影地:伊豆神社 ■拝観:境内自由
■住所:滋賀県大津市本堅田1丁目19-26 ■TEL:077-573-2354


大きな地図で見る


An agyō komainu.The right side of komainu statue pairs is generally called “agyō”. Agyō opens the mouth.

Komainu (狛犬・胡麻犬), often called lion-dogs in English, are statue pairs of lion-like creatures either guarding the entrance or the inner shrine of many Japanese Shinto shrines or kept inside the inner shrine itself, where they are not visible to the public. http://en.wikipedia.org/wiki/Komainu

The term A-un (阿吽) is the transliteration in Japanese of the syllable “aum” (or “om”). Written in Devanagari as ॐ, it is sacred to the Indian religions of Hinduism, Buddhism, and Jainism.The original Sanskrit term is composed of two letters, the first and the last of the Sanskrit alphabet.Together, they symbolically represent the beginning and the end of all things. In Japanese Mikkyō Buddhism, the letters represent the beginning and the end of the universe.The term is also used in Shinto and Buddhist architecture to describe the paired statues common in Japanese religious settings, most notably the Niō and the komainu.In most cases one of the two, the right one, has its mouth open to pronounce the sound “a”, while the other has it closed to utter the sound “um”. The symbolism is the same already seen. The generic name for statues with an open mouth is agyō (阿形, lit. “a” shape), that for those with a closed mouth ungyō (吽形, lit. “un” shape”).http://en.wikipedia.org/wiki/A-un

Photograph of Honkatata,Otsu,Shiga,Japan  Honkatata  Izu shrine 36
2011.01.04 14:55:24″An agyō komainu at Izu Shrine in Otsu, Shiga,Japan”

狛犬の受難? ~Honkatata/本堅田 228

狛犬の受難?

頭上の雪が解けるまで、あともう少し!
狛犬の何ともいえない表情に、思わず心の中で声援を送ってしまいました。
浮御堂の隣、伊豆神社の境内で。


堅田の写真(滋賀県大津市本堅田) 本堅田 伊豆神社19 「狛犬の受難?」 2010.02.07 11:59
■撮影地:伊豆神社 ■拝観:境内自由
■住所:滋賀県大津市本堅田1丁目19-26 ■TEL:077-573-2354


Until the snow over head of a Chinese guardian lion has disappeared, a little more!
photograph of Katata,Otsu,Shiga,Japan  Honkatata  Izu shrine19
2010.02.07 11:59 ” The suffering?of Chinese guardian lion in Izu shrine”

■JR湖西線・堅田駅⇔浮御堂周辺散歩■54 ~Honkatata/本堅田 066

伊豆神社の狛犬と社務所

(前回の続き)比叡山に帰り堅田を訪れた法性坊は、辺りの風景が三嶋の地に似ているところから、祭神を分祀しこの地に伊豆神社を創建したと伝えられる。祭神である大山須祇命は「和多志(渡し)」の神。

堅田の写真(滋賀県大津市本堅田) 本堅田 伊豆神社10 「狛犬をみつめる2」
Izu Shrine(Katata,Shiga prefecture,Japan)  2008.03.18 14:09


先月に引き続き、JR湖西線・堅田駅、および滋賀県大津市本堅田1丁目の社寺を写した、2008年春の記録をお送りしています。浮御堂の徒歩10分圏内には9つの社寺があり、今月は浮御堂を含め6つをご紹介します。今月5番目の登場は、伊豆神社。