水口曳山祭と城下町水口(滋賀県甲賀市水口町)

水口ばやし

勇壮な曳山と水口ばやしが見事な「水口曳山祭」を撮影してきました。

水口(みなくち)は東海道五十三次の50番目の宿場町で、もともとは豊臣秀吉の命によって水口岡山城が築かれたことにより発展した城下町です。2017年2月9日には水口岡山城跡が国の史跡に指定されました。

町の中心部には、水口を開拓したとされる神様(大水口宿禰/おおみなくちのすくね)を祀る水口神社があります。その水口神社の祭礼が「水口曳山祭」です。
続きを読む →

祝・日本遺産認定!堅田の浮御堂(滋賀県大津市本堅田)&甲賀忍者・信楽焼(滋賀県甲賀市)

 

これが、琵琶湖の上に建つ寺、浮御堂です。

ご当地・堅田の浮御堂が、2017年4月28日文化庁によって日本遺産「琵琶湖とその水辺景観―祈りと暮らしの水遺産」の構成文化財に追加認定されました。

堅田に11年通って撮り続けてきた者として、本当に嬉しいです。地元の皆様、関係者の皆様、心よりお祝い申し上げます!


浮御堂について

琵琶湖の上に建つ禅寺、浮御堂。正式名は海門山満月寺です。

往生要集の著者・源信(恵心)僧都が、湖上通船の安全と衆生済度を念じて、995年頃建立したお寺です。近江八景の一つ「堅田の落雁」として、多くの人に愛されてきました。堂内には、「千体仏」と呼ばれる1000体の阿弥陀仏が安置されています。

浮御堂の上から(2) 千体仏

■所在地:滋賀県大津市本堅田1丁目16-18
■電話番号:077-572-0455■FAX:077-574-1199
■拝観時間:8:00~17:00■拝観料:大人300円、小学生100円
■無料駐車場:普通車30台

■公共交通機関:JR堅田駅より、江若(こうじゃく)交通バス堅田町内循環線約6分、堅田出町(かたた でまち)下車、徒歩10分
※土日祝日の昼間は「浮御堂前」までバスが運行されます。運転手さんにご確認下さい。
※東洋紡へ行かれる方も堅田出町で下車して下さい。(調べている方が多いので付記)
※堅田駅へは京都駅または山科駅よりJR湖西線乗車、新快速で約20-25分。
※大津駅または守山駅から堅田駅行きの路線バスがあります。

(すべて2017年4月現在の情報です)


浮御堂の四季

浮御堂の春の花(観音堂前・菜の花のお供え)

菜の花の黄色が、観音堂の扉と松の木に映える、堅田の春の風景です。


8月の午前中の光と琵琶湖の青、夏の花、浮御堂

浮御堂北湖岸から撮影。8月の午前中の光と琵琶湖の青、夏の花、浮御堂。


柳と秋の空と浮御堂

十六夜公園から撮影した、柳と秋の空と浮御堂。


浮御堂北湖岸から見た、雪の日の浮御堂

浮御堂北湖岸から見た、雪の日の浮御堂。

写真一枚目:https://katata.info/2011/02/ukimido-temple/
写真二枚目:https://katata.info/2010/03/on_ukimido_and_lakebiwa_02/
写真三枚目:https://katata.info/2010/12/scenery-newyear-03/
写真四枚目:https://katata.info/2008/08/ukimido_summer/
写真五枚目:https://katata.info/2008/10/ukimido_autumn_02/
写真六枚目:https://katata.info/2017/01/snow-and-ukimido-2/


日本遺産「琵琶湖とその水辺景観―祈りと暮らしの水遺産」

2015年4月24日認定(2016年4月25日追加認定2017年4月28日追加認定

○大津市・・・延暦寺、三井寺、日吉大社、西教寺、石山寺浮御堂、建部大社

○彦根市・・・玄宮楽々園、旧彦根藩松原下屋敷庭園、彦根城

○近江八幡市・・・近江八幡の水郷、沖島、伊崎寺、長命寺

○高島市・・・白鬚神社、海津・西浜・知内の水辺景観、針江・霜降の水辺景観、大溝の水辺景観、シコブチ信仰

○東近江市・・・伊庭の水辺景観、五個荘金堂重要伝統的建造物群保存地区、永源寺と奥永源寺の山村景観

○米原市・・・醒井宿、伊吹山西麓地域、東草野の山村景観、朝日豊年太鼓踊→朝日豊年太鼓踊および伊吹山麓の太鼓踊と奉納神社

長浜市・・・竹生島、菅浦の湖岸集落景観

○琵琶湖の伝統漁法(ヤナ・オイサデ・エリ漁)と食文化(鮒寿司など)

 

▼永源寺

鈴鹿の流れ星7(滋賀県東近江市:紅葉の永源寺を訪ねる)~近江山河抄の舞台を歩く(51)

▼奥永源寺の山村景観

奥永源寺の紅葉(2014/11/1撮影・滋賀県東近江市蛭谷町)

鈴鹿の流れ星9(木地師の里、滋賀県東近江市蛭谷から君ヶ畑を巡る)~近江山河抄の舞台を歩く(71)

▼朝日豊年太鼓踊

朝日豊年太鼓踊(滋賀県米原市):国選択無形民俗文化財・日本遺産


祝・日本遺産ダブル認定(滋賀県甲賀市)

滋賀県甲賀市は甲賀忍者と信楽焼で、日本遺産ダブル認定となりました。甲賀市には近年よく通っているので、撮影者として嬉しい限りです。先日の水口祭も撮影させていただいているので、城下町&東海道宿場町である水口(みなくち)のご紹介とあわせて、こちらも近日中にUPしますね。

 

日本遺産「忍びの里伊賀・甲賀―リアル忍者を求めて―」(三重県伊賀市・滋賀県甲賀市)

○三重県伊賀市・・・伊賀上野城など

伊賀上野城の桜~伊賀鉄道に乗って忍者の町へ(三重県伊賀市)/祝・日本遺産認定!(2017/4/29追記)

○滋賀県甲賀市・・・油日神社・飯道山・岩尾山など

鈴鹿の流れ星6(甲賀のかくれ里:油日神社と櫟野寺&油日神社の大宮ごもり)~近江山河抄の舞台を歩く(50)

鈴鹿の流れ星3(滋賀県甲賀市:修験道の山、飯道山に登る)~近江山河抄の舞台を歩く(46)


信楽焼たぬき

日本遺産「きっと恋する六古窯―日本生まれ日本育ちのやきもの産地―」

○福井県越前町・・・越前焼
○岡山市備前市・・・備前焼
○愛知県瀬戸市・・・瀬戸焼
○愛知県常滑市・・・常滑焼
○兵庫県篠山市・・・丹波立杭焼
○滋賀県甲賀市・・・信楽焼

構成文化財(滋賀県甲賀市)
・信楽焼窯跡群
・信楽焼
・古信楽
・江戸時代の信楽焼
・近代信楽焼製品
・岡本太郎作品
・古琵琶湖層
・信楽たぬき
・窯元散策路
・信楽火まつり
・陶器市

 

このブログは撮影地域で出会った方々との交流や、撮影地域の豊かな文化をお伝えできればと、撮影者個人で運営しているブログです。

キュレーションサイト等への無断転載および文章・画像の営利目的利用を禁じます。
Copyright(c)Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

 

滋賀の桜(15) 鮎河千本桜(うぐい川の桜・甲賀市土山町鮎河)

鮎河千本桜

今年も各地へ桜の撮影に行ってきました。

2017年4月16日(日)は滋賀(甲賀市)→三重(伊賀上野市)→奈良(奈良市月ヶ瀬)と回ったので、今年は基本的にこの順番で各地の桜をご紹介してみようと思います。

今回ご紹介するのは、鈴鹿山系の山里にある、滋賀県甲賀市土山町鮎河(あいが)地区。
鮎河とその周辺は、「鮎河層群」(あゆかわそうぐん)と呼ばれる、この土地だけに見られる古い地層で知られます。  続きを読む →

滋賀の桜(12) 甲賀市:油日神社と油日駅(甲賀町)・新宮神社表門(甲南町)・水口城(水口町)

「近江山河抄の舞台を歩く」の撮影で、2013年から2015年にかけて、滋賀県各地を回りました。そのときに出会った風景に魅せられて、今度は桜の咲く時期にぜひ伺いたいと思っていた場所があります。

今回訪ねたのは滋賀県甲賀市。JR草津線と自転車(レンタサイクル)、近江鉄道に乗って撮影してきました。前日は海津大崎で久しぶりに自転車に乗ったので、おしり(ふとももの近く)が痛かったです^^; 現在桜の撮影中につき、駆け足のご紹介になります。各地の詳細はリンク先をご覧ください。

新宮神社表門の桜

新宮神社表門(甲賀市甲南町(こうなんちょう))。
JR甲南駅からレンタサイクルで約20分(帰りは10分)。

鈴鹿の流れ星5(甲賀市甲南町:矢川神社、新宮神社、正福寺。忍者の里の知られざる名刹たち)~近江山河抄の舞台を歩く(49)

続きを読む →

「信楽高原鐵道復興応援ウォーク」開催のお知らせ(2014/11/9(日)@滋賀|Aコース:JR甲西駅から20km、Bコース:JR貴生川駅集合→代行バスで紫香楽宮駅、Aコースと合流し10km)☆予約不要☆参加者300名様に記念品プレゼント

信楽高原鐵道・信楽駅の電車と桜
2013年9月の台風18号により、甚大な被害を受けて運行休止していた信楽高原鉄道(滋賀県甲賀市)。
現在は代行バスが貴生川~信楽間を運行しています。

台風により橋脚や橋桁が流された杣川橋梁(そまがわきょうりょう)が、ついに先日、復旧しました!
2014年10月20日には、杣川橋梁で初めて試験運行が行われています。
そしてついに2014年11月29日(土)より、列車運行が再開されます!

その復興応援ウォークが、滋賀県ウォーキング協会主催で11月9日(日)に開催されます。主催者様よりチラシをいただきましたので、皆さまにご紹介させていただきます。

続きを読む →

鈴鹿の流れ星6(甲賀のかくれ里:油日神社と櫟野寺&油日神社の大宮ごもり)~近江山河抄の舞台を歩く(50)

油日神社の大鳥居
草津線の油日駅で下りて、線路を渡って右にいくと、油日神社の大鳥居がある。
ここから油日の交差点に出ると、油日神社までは人も車も殆ど出会わない一本道だ。
とはいえ、草津駅でJR草津線に乗り換えて、油日駅まで42分。
油日神社までは、駅から徒歩で30分。自転車なら20分。今回は駅のレンタサイクルを利用した。
ちなみに油日駅は無人駅で、地元の方が切符の回収やレンタサイクルの受付をされている。

続きを読む →