雪の堅田内湖から、道の駅びわ湖大橋米プラザまで(今堅田を撮る1)

雪に覆われた今堅田

1月中旬、琵琶湖畔の今堅田にも雪が降りました。

いいお天気なので、本堅田の浮御堂の前から、今堅田まで歩いてみることにしました。
撮影で10年近く歩き回っている道です。


氷の張った堅田内湖

雪景色の今堅田と、雪の比良山系です。堅田内湖は一面に氷が張っています。


雪の堅田内湖

堅田内湖公園。小さな船着場の向こうに、わずかに琵琶湖大橋が見えています。
右手の民家の奥に、伊豆神田神社があるので行ってみます。


伊豆神田神社ご神木のムクノキ

伊豆神田神社ご神木のムクノキ。
地元の方が奉納された石碑には、樹齢約400年とありました。


伊豆神田神社本殿

伊豆神田神社本殿。
由緒に、貞観二年(860)に神田神社を勧請し、昌泰三年(900)に伊豆神社を合祀したとあります。

Imakatata/今堅田 041-043
内湖公園(堅田内湖)に面し、背後に琵琶湖大橋を控える、水辺の神様・伊豆神田神社。由緒に、貞観二年(860)に神田神社を勧請し、昌泰三年(900)に伊豆神社を合祀したとあった。The Izu Kanda shrine faces an inner lake park ( Katata Inner lake), and Biwako-ohashi Bridge is back visible.It is God of the wat...

伊豆神田神社

伊豆神田神社を後にします。


柿の木と、雪の畑と、カラフルな家

柿の木と、カラフルな家と、雪の畑。今堅田出島灯台バス停付近にて。


野上神社・匂当内侍御廟道の碑

琵琶湖大橋に向かって道なりに進むと、すぐに野上神社があります。

匂当内侍御廟道とあるのは、新田義貞の妻・匂当内侍(こうとうないし)を祀った神社だからです。

匂当内侍は今堅田の琵琶湖で亡くなったといわれています。


匂当内侍御廟道

野上神社。一番奥に匂当内侍のお墓があります。


匂当内侍の墓

南北朝時代、匂当内侍は後醍醐天皇の寵愛を受けて御所に仕えていた。 内侍は、ある月の夜、新田義貞と出会い、愛し合うようになる。

後醍醐天皇は2人の仲を許し、内侍は義貞の妻となった。しかし、足利尊氏の上洛によって義貞は越前に向かい、内侍を今堅田に残してゆく。

3年後の延元三年(1338)7月2日、義貞は越前国藤島で戦死。 義貞の死を伝え聞いた内侍は、悲しみのあまり琵琶湖に身を投げたという。

村人たちは内侍の死を哀れみ、塚を築き、明応六年(1497)には、塚の場所に野神神社を建立した。

内侍の命日にあたる10月8日・9日(旧暦9月9日)には、内侍の霊を弔う「野神祭り」が行われている。

Imakatata/今堅田 054-055
新田義貞の妻・匂当内侍(こうとうないし)の墓が、今堅田にある。The grave of Kotonaishi who was Yoshisada Nitta's wife is in Imakatata.Yoshisada Nitta was a famous samurai in the 14th century.南北朝時代、匂当内侍は後醍醐天皇の寵愛を受けて御所に仕えていた。 内侍は、ある月の夜、新田義貞と出会い...

雪の畑と比良山系と今堅田

高架下をくぐると、左手に雪化粧した畑と町。比良山系が見事な姿を見せていました。


雪の畑と今堅田

畑の野菜も雪の下。向こうにヤマダ電機の建物が見えているので、地元の方はだいたいの場所がお分かりだと思います。


道の駅びわ湖大橋米プラザ

道の駅びわ湖大橋米プラザに到着しました!


琵琶湖畔の雪の風景と琵琶湖大橋

米プラザからは琵琶湖大橋がよく見えます。


琵琶湖畔の雪の風景

米プラザの前に広がっていた、琵琶湖畔の風景です。


琵琶湖と葦と停泊中の船

琵琶湖と、ヨシ(葦)と、停泊中の船。


琵琶湖畔の幻想的な風景

琵琶湖畔の幻想的な風景。沖島の背後に、雪の伊吹山がきれいに見えていました。

左から、湖岸のヨシ原と木々、沖島(写真ほぼ中央)、近江八幡市の伊崎山、御所山~奥島山(津田山)~長命寺山です。

この後、米プラザの横にある階段から琵琶湖大橋を歩いて渡って、守山の菜の花畑まで行ってみました(次回・次々回掲載)。

◇撮影日:2017年1月18日(水)
◇撮影地:滋賀県大津市今堅田1丁目・2丁目
Katata inner lake,Lake Biwa and Imakatata town(Otsu,Shiga,Japan).

Copyright(c)Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

堅田で過ごす夏(6) 誰もいない夏の神社 (伊豆神田神社にて) ~Imakatata/今堅田 043(2)

伊豆神田神社の社殿と御神木

セミの声、朱塗りの鳥居、白い石畳。
御神木のムクノキ(写真中央)が、涼しい陰をつくっていました。
地元の方が奉納された石碑によると、樹齢約四百年だそうです。
琵琶湖大橋が近くに迫る、今堅田の伊豆神田神社にて。


堅田(滋賀県大津市)の写真 今堅田
「伊豆神田神社3・社殿とムクノキ」 2008.08.10 11:27
■撮影地:伊豆神田神社■住所:滋賀県大津市今堅田1丁目16番18号


いつもより更新が遅くなりました。

私の住む地区で、今朝から通信障害が起こり、15時前までネットに接続できませんでした。どうやらこの暑さが原因のようで、午後から地区全体で工事をしてもらいました。ネットを使う機会が多くなっていることを、痛感させられた半日でした。

※次回の更新は、 8/7(土)の予定です。8月は毎日更新します。


photograph of Katata,Otsu,Shiga,Japan  Imakatata
2008.08.10 11:27 ”Izu Kanda shrine3・Shrine pavilions&Aphananthe aspera”;

車馬ヲ乗入ルコト・・・境内ニ於テ禁止ス ~Imakatata/今堅田 089

「車馬ヲ乗入ルコト・・・境内ニ於テ禁止ス」

「定 一.車馬ヲ乗入ルコト 一.魚鳥ヲ捕ルコト 一.竹木ヲ伐ルコト 右境内ニ於テ禁止ス  昭和五十三年四月 伊豆神田神社」

達筆な看板です。3月の夕方、今堅田の伊豆神田神社の前で。


堅田(滋賀県大津市)の写真 今堅田 伊豆神田神社6
「車馬ヲ乗入ルコト・・・境内ニ於テ禁止ス」 2009.03.08 16:08
■撮影地:伊豆神田神社■住所:滋賀県大津市今堅田1丁目16番18号


The wooden signboard in front of the Izu-Kanda shrine,Otsu,Japan.
“Decision of Izu-kanda Shrine in April in 1978.”
“Don’t ride a car and a horse at the precincts of the shrine.”
“Don’t catch a fish and a bird here.””Don’t cut a bamboo and a tree here.”

photograph of Katata,Otsu,Shiga,Japan  Imakatata Izu-Kanda Shirine 6
2009.03.08 16:08 ”Don’t ride a car and a horse at the precincts of the shrine.”

堅田、3月 (26) ~Imakatata/今堅田 068

伊豆神田神社近くの常夜灯

前々回にも出てきたが、堅田では、町のあちこちに古い常夜灯が残っている。愛宕信仰と結びついていることが見て取れる。こちらは伊豆神田神社前の駐車場にて撮影。
I  referred in the time before last, old night light is left here and there in the town in Katata.You can realize that it’s related to Atago belief. I take this  picture in a parking lot in front of Izu Kanda shirine.


堅田の写真(滋賀県大津市今堅田) 今堅田 「伊豆神田神社近くの常夜灯」 2009.03.08 16:11
photograph of Katata,Otsu,Shiga,Japan  Imakatata”Old night light near the Izu Kanda shirine”  2009.03.08 16:11

Imakatata/今堅田 044-046

伊豆神田神社の鳥居と参道、社殿

伊豆神田神社の鳥居

今堅田の伊豆神田神社を後にする。

今堅田出島灯台バス停

内湖公園と伊豆神田神社の最寄のバス停は、「今堅田出島灯台」(いまかたた・でけじまとうだい)。
The nearby bus stop of an inner lake park and the Izu Kanda shrine is the Imakatata Dekejima light house.

堅田(滋賀県大津市)の写真 今堅田 「伊豆神田神社4・鳥居」 2008.09.04 11:48:57
堅田(滋賀県大津市)の写真 今堅田 「伊豆神田神社5・鳥居」 2008.09.04 11:48:31
堅田(滋賀県大津市)の写真 今堅田 「今堅田出島灯台バス停2」 2008.09.04 11:37

photograph of Katata,Otsu,Shiga,Japan Imakatata “Izu Kanda shrine 4・Torii” 2008.09.04 11:48:57
photograph of Katata,Otsu,Shiga,Japan Imakatata “Izu Kanda shrine 5・Torii” 2008.09.04 11:48:31
photograph of Katata,Otsu,Shiga,Japan  Imakatata “Imakatata Dekejima light house bus stop 2” 2008.09.04 11:37

Imakatata/今堅田 041-043

内湖公園(堅田内湖)に面し、背後に琵琶湖大橋を控える、水辺の神様・伊豆神田神社。由緒に、貞観二年(860)に神田神社を勧請し、昌泰三年(900)に伊豆神社を合祀したとあった。
The Izu Kanda shrine faces an inner lake park ( Katata Inner lake), and Biwako-ohashi Bridge is back visible.It is God of the waterside.
The Kanda shrine was caused and built to lineage in Jyougan 2 (860), and it was having enshrined the Izu shrine together in Syoutai 3 (900).

伊豆神田神社の由緒

伊豆神田神社の境内

伊豆神田神社の社殿と御神木

御神木は樹齢約400年のムクノキ(椋)。写真正面に写っているのがそのムクノキの枝。
A sacred tree is an Aphananthe in age-of-a-tree about 400.The branch of the Aphananthe is reflected to the photograph front.

堅田(滋賀県大津市)の写真 今堅田 「伊豆神田神社1・由緒」 2008.09.04 11:50
堅田(滋賀県大津市)の写真 今堅田 「伊豆神田神社2・境内」 2008.09.04 11:53
堅田(滋賀県大津市)の写真 今堅田 「伊豆神田神社3・社殿とムクノキ」 2008.08.10 11:27

photograph of Katata,Otsu,Shiga,Japan Imakatata “Izu Kanda shrine1・Lineage” 2008.09.04 11:50
photograph of Katata,Otsu,Shiga,Japan Imakatata “Izu Kanda shrine2・The precincts of a shrine” 2008.09.04 11:53
photograph of Katata,Otsu,Shiga,Japan Imakatata “Izu Kanda shrine3・Shrine pavilions&Aphananthe aspera” 2008.08.10 11:27