あかねさす 紫野4(滋賀の天然記念物「熊野のヒダリマキガヤ」、熊野神社と西明寺:滋賀県蒲生郡日野町)~近江山河抄の舞台を歩く(67)

白壁の家と山が美しい熊野の風景
三重県境に近い滋賀県日野町の一番奥に、熊野という地区がある。
その昔、鈴鹿山系の綿向山で修行した山伏が、熊野神社を祀ったと言われる場所だ。
日野の中心部から綿向山に向かい、音羽から蔵王を経て、平子からかなり狭い林道を走った。
県境に近い山中まで、1日がかりの撮影となった。

しばらく林の中を行くと、突然目の前が開け、谷をへだてた向う側に、白壁の美しい村が現われた。熊野である。わずか十軒ぐらいの小さな山村だが、静寂そのものの環境は、心の底まで浄められる思いがする。村の中には、老樹にかこまれた熊野神社が建ち、おきまりの神体山もそびえている。-白洲正子『近江山河抄』「あかねさす 紫野」

続きを読む →

あかねさす 紫野3(近江日野商人と三方よし、蒲生氏郷と会津若松ゆかりの若松の杜跡、馬見岡綿向神社と日野祭:滋賀県蒲生郡日野町)~近江山河抄の舞台を歩く(66)

熊野バス停
日野へ行くのは、なかなか大変だった。
滋賀県蒲生郡日野町は、琵琶湖の南東に広がる「蒲生野」の、一番奥に位置する。
かなり広い町なので、県境に近い熊野地区(写真)まで行くとなると、どうしても滞在が短くなる。
日野の風景をあますところ捉えたくて、季節を変えて何度か通うことになった。

続きを読む →

滋賀の天然記念物・日野鎌掛のホンシャクナゲと熊野のヒダリマキガヤ/そして藤の寺(正法寺)、日野祭~滋賀県蒲生郡日野町

日野鎌掛のホンシャクナゲ1
滋賀の堅田では、葵祭の前日に、琵琶湖の鮒と鮒寿司を京都に運ぶ祭事があります。
その「献撰供御人行列」の写真を掲載する前に・・・5月の滋賀の花咲く風景を掲載しますね。

今年は鎌掛(かいがけ)のホンシャクナゲが見事ですよーと聞いて、5月3日に伺ってきました。
近江鉄道・日野駅から臨時バス(※GW中のみ運行)に乗って、終点で下車。
林の中を15分ほど歩いていくと、神秘的な池の前に出ます。

続きを読む →