東下りの中山道―美濃路の謡坂~細久手宿~大湫宿~十三峠、恵那山と御嶽山(岐阜県)

中山道の道標

中山道を京都から歩く人は珍しいそうで、8割方の人は東京から京都を目指して歩くと聞きました。

私は京都の近くに住んでいるので、中山道を歩くと決めたとき、必然的に東下りで行くことになりました。

2018年秋、京都から草津まで東海道を歩いた後に、草津から中山道歩きを始めました。2019年暮れまでに滋賀県すべてと岐阜県の大半を歩いたので、その一部をご紹介します。

中山道と言えば馬籠(岐阜県)から妻籠(長野県)、奈良井(長野)が有名ですが、今回はその手前に位置する岐阜県南東部(東濃)を中心にお届けします。日本の原風景が残っている、とても美しい所です。 続きを読む →





中山道守山宿の「かたたや」さん:江戸時代の堅田屋に由来していました

古民家

2018年の秋から中山道の撮影をしています。

実際に全行程を歩いている最中で、今まで滋賀、岐阜と歩き、2020年3月に長野へ入ります。岐阜の写真をご紹介する前に、滋賀を掲載しておこうと思いました。

撮影を始めてすぐ滋賀県の守山宿で出会ったのが「かたたや」というお店でした。ご覧の通り、素敵な古民家です。

ガイドさんの話によると、江戸時代に「堅田屋」という茶屋(旅籠を兼ねていた)があったそうで、堅田出身の方が始められたようだとの事でした。

続きを読む →

東草野の山村景観、秋の吉槻集落とカツラの巨木

秋の吉槻集落
滋賀県米原市吉槻(よしつき)にやってきました。

東草野の山村景観」から、今回は吉槻の風景をご紹介します。

滋賀県米原市旧東草野村のうち、甲津原・曲谷・甲賀・吉槻は「東草野の山村景観」として、2014年に重要文化的景観に、2015年に日本遺産(琵琶湖とその水辺景観ー祈りと暮らしの水遺産)に選定されています。

続きを読む →

東草野の山村景観、秋の曲谷集落と乳イチョウの巨木

秋の曲谷集落
滋賀県米原市曲谷(まがたに)にやってきました。

前回は伊吹山の奥にある「東草野の山村景観」とその南側の集落まで一挙掲載しましたが、今回は東草野を構成する4集落の一つ「曲谷」(まがたに)の風景をご紹介します。

滋賀県米原市東草野村のうち、甲津原・曲谷・甲賀・吉槻は「東草野の山村景観」として、2014年に重要文化的景観に、2015年に日本遺産(琵琶湖とその水辺景観ー祈りと暮らしの水遺産)に選定されています。

伊吹山の麓を姉川に沿うように集落が点在し、北から南へ、甲津原⇒曲谷⇒甲賀⇒吉槻と続きます。

曲谷の乳イチョウ
曲谷の乳イチョウ。この木に会いに行ってきました。

乳イチョウとは、枝や幹から生じた気根(きこん)が乳房状に垂れ下がったイチョウで、自然界では時折古木に見られることがあります。

古くから女性の乳の出がよくなるようにと信仰の対象にされてきたことが多いようです。米原市には、ここ以外にも乳イチョウの見られる場所があり、以前撮影したことがあります。

曲谷の板碑
同じ神社の境内奥に石仏がありました。案内板があったので続けて掲載しておきます。
曲谷の板碑解説文
「板碑」(いたび)と言うそうです。「石を板状に加工して頂部を尖らせて二条の横線を彫り、その下へ仏さまを表す梵字を刻んだもの」で「近江では数少なく貴重な資料」とのこと。
白山神社の鳥居越しに見た曲谷の秋
白山神社の鳥居越しに見た、曲谷の秋。
秋の曲谷集落
秋の日の午後、静かな時間が流れていました。
秋の曲谷集落
曲谷の道路沿いにて。北は、甲津原(こうづはら)へ続く道です。

いかかでしたか。時間の関係で短い滞在でしたが、心が洗われる思いがした滞在となりました。次回は「東草野の山村景観」より、吉槻の風景とカツラの巨木をご紹介します。

◆撮影日:2019年10月30日(水)
◆撮影地:滋賀県米原市曲谷(白山神社)

Copyright(c) Jun Kanematsu / junphotoworks.com(兼松純写真事務所)
No reproduction or republication without written permission. 無断転載を禁じます。