動画【供御人行列2017】堅田町内巡行~京都・下鴨神社巡行(2017/5/14撮影)

供御人行列2017ポスター(鮒寿司 中島七郎兵衛商店にて)

14日(日)に、琵琶湖畔の堅田から京都の下鴨神社まで、葵祭前儀である「献撰供御人行列」(けんせん くごにんぎょうれつ)を同行撮影してきました。

堅田湖族の郷からお声を掛けていただいたのが2009年春でしたので、今年(2017年)で9年目になります。

先日告知したときポスターが間に合わなかったので、まず今年のポスターをご紹介します。 続きを読む →

海外の写真家へのインタビュー&ドキュメント動画”INSPIRED”


海外の写真家5人のインタビュー&ドキュメント動画です。自分の人生と写真がどう関わってきたのか、普段どんなことを考えているのか、それぞれの真摯な言葉に引き込まれてしまいました。

「ある人を撮影するとき その人が今までに会った誰よりも大切で美しい人だと感じます」

この感覚、よく分かります。お祭りの写真で毎年顔を合わせている堅田の皆さん、撮影させていただくたびに人となりが見えて、うれしくなります。

「撮るべき映像があるとき 気分が高揚して とても眠ることなど出来ません」

「文字通り朝起きてから夜ベッドに入るまで写真のことを考えています」

「フォトグラファーのときは私は150%フォトグラファーです。それ以外のときは出来るだけ150%家族人間であろうとしています」

名言ばかり!続きは動画をご覧ください。

1月末にご紹介した動画”MY NEBRASKA”の写真家、ビル・フ­レイクスさんも登場しています。NikonImagingJapanの公開した動画より、シェアさせていただきました。

Writing Copyright(c)Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

ふるさとをテーマにした美しすぎる動画。”MY NEBRASKA”

ふるさとをテーマにした美しすぎる動画。

朝もやの中をバッファローが歩くオープニングから、すっと引き込まれる。

アメリカ大陸の広大な風景、穀倉地帯、風、夕日、そこに暮らす情感豊かな人々。

星空、オーロラ、恵みの水、そして実りを迎える秋の風景。

我がネブラスカ 生まれ故郷であり 最期をむかえるであろう場所

どれほど遠くへ旅しても 私の魂はここにある

ネブラスカは何もない処と言われる
私にとっては 全てがここにある

こんな風に、滋賀の動画撮ってみたいな。

 


※NikonImagingJapanさんの公開した動画より、シェアさせていただきました。Nikonの新しいカメラで撮影されたそうですが、カメラのスペックうんぬんよりも、こういった撮影を可能にする技術に強く惹かれる筆者です。週末のリラックスタイムに、ぜひどうぞ!

Nikon D5:4K UHD動画作品 “MY NEBRASKA”
D5を使った動画作品です。アメリカ中西部に位置する、古きよき時代の風情を色濃く残­すネブラスカ州。豊かな自然とそこに生きる人々の姿を、D5の卓越したパフォーマンス­と結びつくことで高い映像品質を実現した、高精細な4K UHD映像で克明に描きます。(NikonImagingJapan)

Film directed by Bill Frakes.
Writing Copyright(c)Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

【西村協ジャズコンサートのお知らせ】2008年度第24回「日本ジャズヴォーカル賞」大賞受賞、西村協さんのジャズコンサートです。出身地の堅田(滋賀県大津市)で、2013/10/11開催。

堅田出身のジャズシンガー、西村協さん。
2008年度第24回日本ジャズヴォーカル賞 大賞受賞。
2010年SWING JOURNAL JAPAN JAZZ READERS POLL第60回日本ジャズメン読者人気投票男性歌手部門 3位。

「寺内タケシとブルージーンズ」のヴォーカリストとして参加されたことがあり、海外公演も多数。1980年のTBSテレビドラマ「離婚ともだち」の主題歌「シー・ユー・アゲイン」を歌っておられます。

2011年3月13日に予定されていた「愛を歌うジャズコンサート」は震災で延期となっていました。「また詳しい事がわかれば、このブログでお知らせします。」とお知らせして、約2年半。

続きを読む →

写真動画【葵祭 社頭の儀 2012】Aoi festival”Syato-no-gi”,Kyoto,Japan

もうすぐ雛祭りなので、今回は京都から、平安装束の世界をお届けします。
2012年に撮影した葵祭の写真をつなげて、動画にしてみました。

葵祭といえば、行列が都大路を歩く「路頭の儀」がおなじみですが、
「社頭の儀」は、下鴨神社で関係者だけで行われる神事です。

◇斎王代(ヒロイン)を始めとする、きらびやかな女人列。
◇伝統の祭儀「社頭の儀」。
◇舞殿のまわりを馬が三周する「牽馬の儀」。
◇六人の舞人が舞殿に昇り、駿河舞と求子舞(もとめごまい)を舞う「東游(あずまあそび)」。

行列に使われた風流傘(ふりゅうがさ)が楼門の外に並べられて、とても美しかったです。社頭の儀を撮影させていただいて、平安絵巻のような美しさと、世界遺産・下鴨神社の荘厳さ、そして随所に見られるお辞儀の美しさが、深く印象に残りました。

映像の最後の部分には、京都らしい風情を感じさせる写真を入れました。どうぞ御覧下さい。

※当ブログの舞台である堅田は、平安時代に下鴨神社の御厨(みくりや)となった歴史を持ちます。葵祭前日には、毎年、堅田から下鴨神社に琵琶湖の鮒を奉納しています。
葵祭前儀「献饌供御人行列」。毎年5月14日に実施)

※社頭の儀を写真で御覧いただけます(2012年5月のバックナンバー)/My Photo of Aoi Festival⇒http://katata.info/2012/05/aoimatsuri2012-2/

堅田の動画をご紹介します(滋賀県大津市 本堅田1〜今堅田1)

最近なかなかブログが更新できなくて、何度も来て頂いている方には申し訳ないです
m(_ _)m

現在もう一本動画を作っていて、近日中に公開できればと考えています。
※葵祭(社頭の儀)の写真を動画にしています。

それと、このブログのバックナンバーが膨大になってしまったことから、
今までの主な写真をまとめた別サイトを計画中です。

まずは、ご要望があったダウンロード販売ができるようにと考えておりますので、
完成したら、このブログでお知らせします。

さて前回、堅田近辺の里山の動画(管理人製作)をご紹介しました。
本日は、その関連動画で知った作品をご紹介します。

ymonagano さんが 2011/09/18 にアップロードした作品です。
車の中から撮影した堅田の町です。堅田出身の方には、懐かしい風景だと思います^^
浮御堂の前から今堅田1丁目まで、琵琶湖に近いところを走る、あの道です。
3分40秒のコンパクトな動画ですので、よろしければ御覧になっていってください。

滋賀県大津市 本堅田1〜今堅田1
http://youtu.be/Gsv9FxrvuhE

「写真動画・里山(PhotoMovie Satoyama MANO-OOGI)~湖西地方の里山の風景」の動画を製作しました。YouTubeとブログに掲載しています。

前回お伝えした動画が完成しました。
当ブログがちょうど1200回を迎えたこともあり、今回、動画を掲載します。

撮影の舞台となったのは、琵琶湖の西側にある湖西地方。

湖西地方は、イタリア賞など国際的な7つの賞をとったテレビ番組である
『映像詩 里山 命めぐる水辺』(NHK)の舞台となっています。

この動画は、写真をつなげて動画にする方法をとりました。
琵琶湖大橋を渡り、堅田から西へ直進して、同じ日に撮った写真です。

大阪のNash Studioさんのおかげで、素晴らしい音楽をつけることができました。
優しいメロディと写真なので、リラックスタイムにもご利用下さい。

ヒガンバナとコスモス、黄金色の田んぼが主役の動画なので、
季節に間に合ってよかった!とほっとしております。

(10/19追記)
動画を編集・公開した後、興味深い話を教えていただいたので、ご紹介します。

(今回の撮影方法とは少し違うのですが、)
フォトグラファーが「一眼レフで」動画撮影するケースが、
新しい流れとして、注目されているようです。

カメラマンのタクマさんのブログ(10/14)で教えていただきました。
http://ohagidaisuki.blog26.fc2.com/blog-entry-1137.html

(11/5追記)
仮タイトル:琵琶湖大橋を渡り、西へ。湖西地方の里山の風景
↓ 作品のタイトル変更しました。
写真動画・里山(PhotoMovie Satoyama MANO-OOGI)~湖西地方の里山の風景

YouTubeはこちらです→http://youtu.be/FMPgTtHFwbY
(YouTubeで御覧になる場合、画面右隅の「拡大」をクリックして見ていただくと、ほぼ原画の大きさになります。)

撮影地:滋賀県大津市真野/真野大野/伊香立~仰木
・真野川(ヒガンバナとコスモス)
・真野大野(稲わらの三角帽子、黄金色の田んぼ)
・伊香立~仰木(高台の棚田)
・仰木(地蔵、ヒガンバナ、お寺)

PhotoMovie Satoyama MANO-OOGI
Satoyama landscape of paddy field in Otsu city,Shiga prefecture,Japan
・Mano river ( Red spider lily and cosmos )
・Manooono ( Red spider lily and paddy field )
・Ikadachi~Oogi ( Panoramic view of paddy field )
・Oogi ( Jizō,red spider lily and temple)

Photo by J.Kanematsu,September 28, 2011.
Edit by J.Kanematsu,October, 2012.
Music by Nash Studio Inc., Osaka Japan.

Copyright(c)J.Kanematsu

あるデザイナーの方から、
「あなたの写真には音楽や流れがあって撮っているように感じる」と
言っていただいたことを思い出して、
そのリズムを一度きちんとカタチにしてみようと思い、作った作品です。

写真から動画を作るとか、仰木辺りの里山が題材だとか、そういうことが話題になってしまうけれど、本当のところは、自分の作品の特徴を活かせる形を探して、試行錯誤しています。

今回初めて作品に曲をつけたのですが、とてもいい曲に出会いました。
たまたま視聴した中にあった曲が、堅田近郊の里山のイメージにぴったりでした。

写真の構成と曲のリズムもぴったりあい、
音楽の力に、感謝です。


堅田の風景動画(短編集・Silent Movie)
動画・2009.5.14献撰供御人行列(Silent Movie)

【YouTube動画】「第6回湖族の郷アートプロジェクト~人と人をHEARTでつなぐ~」。昭和40年代の堅田の写真も掲載!#kozoku2011

■この動画には、昭和40年代の堅田(滋賀県大津市)の写真がふんだんに掲載されています。当ブログでは古い写真を掲載できていなかったので、この機会にご紹介できて、とてもうれしいです!ご関心のある方は、ぜひ御覧下さいね。

続きを読む →

売上の一部を岩手の子どもたちへ、復興支援カレンダー 【堅田の風景カレンダー2012】動画でご紹介しています。Charity calender for Japanese tsunami orphans #shiga #save_iwate #YouTube

※当サイトで何度かご紹介しているカレンダーを、動画でご紹介しています。

10月はじめに製作していたカレンダーです。急遽チャリティー販売にまわしましたので、こちらでの紹介が断片的になってしまいました。改めてご紹介します。

画面(△印)をクリックすると始まります。

続きを読む →

大道町の夕暮れ、「淡海節」の明かりが灯る夜 (淡海節 歌詞とYouTube動画付) ~Honkatata/本堅田 442-443 #shiga #otsu

大道町の夕暮れ、2011年9月

琵琶湖・浮御堂へ続く町並みは、大道町と呼ばれ、暮らしの中に町屋が残っています。路地が多く、路地をたとれば琵琶湖に通じるのが、堅田という町です。夕暮れ時の一瞬を、大道町(滋賀県大津市本堅田1丁目)にて撮影しました。

大道町にある湖族の郷資料館の前に灯っていたのは、堅田ゆかりの「淡海節」が書かれた明かりでした。

淡海節の明かりが灯る夜(湖族の郷資料館前にて)

♪舟を曳きあげ漁師は帰る あとに残るは櫓と櫂
波の音 ヨイショコショ 浜の松風
と歌われる「淡海節」は、明治・大正・昭和の三代にわたり一世を風靡した喜劇役者・志賀廼家淡海が作った曲です。
大正7~8年頃に盛んに唄われたそうで、現在は滋賀県の民謡として知られるようになってきました。

志賀廼家淡海(本名田辺耕治)は、明治16年(1883)本堅田に生まれ、青年時代、江州音頭で頭角を表します。18歳のとき芸界に入るため堅田をあとにし、以後浮沈を繰り返しました。故郷を偲んで作った「淡海節」が大ヒットするに至り脚光を浴び、喜劇界の頂点に登りつめます。

晩年は親鸞や蓮如を題材にした宗教劇で人気を博しました。昭和31年、巡業先の鹿児島の舞台で死去(享年73歳)。
堅田駅前の交番横に、藤山寛美さんの名前が刻まれた淡海の顕彰碑があります。

※淡海節の歌詞はこちらからどうぞ→http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=7857

小田会(京都)家元 さんによる生の歌声を見つけました。約4分です。


写真一枚目:堅田(滋賀県大津市)の写真 本堅田 「大道町の夕暮れ、2011年9月」 2011.09.14 18:22撮影■撮影地:大道町(滋賀県大津市本堅田1丁目)

二枚目:堅田(滋賀県大津市)の写真 本堅田 「淡海節の明かりが灯る夜(湖族の郷資料館前にて)」 2011.09.14 18:24撮影■撮影地:湖族の郷資料館前(滋賀県大津市本堅田1丁目21-27)

1:Photograph of Honkatata,Otsu,Shiga,Japan  Honkatata  2011.09.14 18:22
“Twilight of Omichi-machi at September, 2011

2:Photograph of Honkatata,Otsu,Shiga,Japan  Honkatata  2011.09.14 18:24
“The light with which the words of the folk song “Tankai-bushi”were written is lighted.”