勝部の火祭り、住吉の火祭り(滋賀県守山市)

勝部の火祭り

滋賀の奇祭の一つ、勝部の火祭りに行ってきました。場所は滋賀県守山市の勝部神社で、JR守山駅のすぐ近くです。毎年1月第二土曜日に行われ、2020年は1月11日開催でした。

とても大きいでしょう?これに火を付けるんです。

写真は17時少し前の会場です。既に場所取りの人がいて、正面から撮影できる社務所前は、規制線前列にびっしり人がいました。

今まで夜間の撮影は基本的に避けてきたのですが、どうしても気になって帰り道に寄ってみたら女性一人でも大丈夫でした。明るいうちに行って道を覚えて(事前にグーグルストリートビューで見ておくと便利)、終わったら地元の方や見物客の方となんとなく一緒に駅まで行ってしまえば、安心して火祭り見られるよ!

勝部の火祭り

実はこの日、半日かけて守山市対岸の堅田を歩き回って撮影した帰りでおなかがペコペコだったので、一旦守山駅へ戻りました。

駅南側の住吉神社さんで「住吉の火祭り」の準備風景を撮影したのですが、夜間ということもあり、移動時間と場所の関係で今回は勝部神社さんの方を撮影させていただこうと決めて、18時前に勝部に戻りました。

ちょうど若衆の皆さんが、勝部神社を出て町を練り歩くところに出くわし、ストロボ焚いて撮影。その後は3時間ほど立ちっぱなしで点火を待っていました。

続きを読む →





石を巡る旅5:石英の壁が続く白の洞窟(湖南アルプス/滋賀県)

湖南アルプスの山並み

今回の舞台は湖南アルプスの金勝山系です。

前回までの舞台は、鉱物の産地で知られる滋賀県大津市の田上山系でした(中沢晶洞・笹間が岳・不動寺A晶洞)。

この田上山系と同じく湖南アルプスと呼ばれる国有林が滋賀県栗東市の金勝山系へ続いています。この山中に廃鉱山跡とでも呼んだらいいのでしょうか、謎の洞窟があるので一緒に見て欲しいと言われて出かけたのが今年の春でした。

続きを読む →

石を巡る旅4:不動寺Aと呼ばれる晶洞(田上山/滋賀県大津市)

不動寺Aと呼ばれる晶洞付近

水晶やトパーズを産出する山として知られる田上山(滋賀県)には、中沢晶洞(石を巡る旅1)だけでなく、いくつかの晶洞跡が残っています。

通称「不動寺A」と呼ばれる晶洞もその一つで、その名前は田上山の主峰・太神山にある不動寺に由来するようです。実際は不動寺まで行かずに、不動寺下の林道を経由して東海自然歩道を歩きます。

続きを読む →

石を巡る旅3:茶水晶と巨石と山岳信仰と。矢筈ヶ岳から笹間ヶ岳(田上山/滋賀県大津市)

田上山の春

田上山は石の山。

中沢晶洞(石を巡る旅1)でご紹介したとおり、田上山は水晶やトパーズが採れる山として知られますが、古来から巨石が多く山岳信仰の山としても栄えてきました。

笹間ヶ岳周辺では茶水晶が見つかります。

2019年の春に、迎不動(駐車)⇒太神山登山口⇒東海自然歩道⇒矢筈ヶ岳⇒出合峠⇒笹間ヶ岳⇒富川道⇒迎不動と歩いた時の写真を掲載します。撮影・休憩を入れて8時間かかりました。

田上山不動寺の道標

田上山不動寺の神棚

続きを読む →