1月11日、中部北陸自然歩道「天神川緑地」を歩く(滋賀県大津市堅田~衣川)

天神川沿いの遊歩道
天神川沿いの遊歩道(滋賀県大津市堅田2丁目) /Tenjingawa Green belt(Katata,Otsu,Shiga,Japan).

1月11日(土)に堅田とお隣の衣川(きぬがわ)をぐるっと歩いて撮影してきました。

天神川緑地の地図
天神川緑地の地図(滋賀県大津市堅田2丁目)/Tenjingawa Map(Katata,Otsu,Shiga,Japan).

午前10時頃にJR堅田駅を出て今堅田本堅田(前々回掲載)と歩き、おとせの浜でお昼でした。東洋紡の広大な敷地の横を歩き、天神川緑地に出ました。

天神川は、写真家今森光彦さんの撮影する里山風景で有名な仰木地区を流れ、堅田琵琶湖に注ぐ川です。河口に近い堅田とその上流の衣川地区では、天神川緑地が中部北陸自然歩道になっています。

続きを読む →





滋賀堅田の桜、一挙大公開!(前編・真野の中村八幡宮と衣川の鞍掛神社周辺を含む)

4月12日(火)に、堅田駅周辺の桜を訪ね歩いてきました。堅田という名前のブログながら、なかなか堅田へ来れないもどかしさがありました。

今年の桜撮影の〆に、中村八幡宮の桜に会いに行こうと決めていました。中村八幡宮があるのは真野ですが、堅田駅も真野にあります。どちらも私の好きな町です。

堅田の桜は大津市内より遅めなこともあり、みんな待っててくれました。駅前の桜は大津市内と同じですが、湖岸や高台の桜は海津大崎とほぼ同じくらいに咲きます。桜が咲くと琵琶湖畔の町には一気に春が来たようで、本当に美しい風景が広がります。

堅田駅から山の手(堅田駅西口)→衣川台→天神川→仰木道から浮御堂周辺へと歩き、居初邸の前から堅田内湖→伊豆神田神社→今堅田の琵琶湖岸→米プラザ前→真野川下流と歩いて、真野2丁目交差点から湖西線沿いに堅田駅まで歩いて戻ってきました。

中村八幡宮の桜

中村八幡宮(大津市真野1丁目)。里山の大きな桜なので、遠くから写してみました。実は堅田駅ホームからもちらっと見えます。 続きを読む →

衣川から堅田の紅葉―梅宮神社・天神川・衣川天満宮・浮御堂(2015年12月8日撮影)

梅宮神社の紅葉と電車
紅葉写真の掲載が遅くなってすみません。
こちらは堅田のお隣・衣川(きぬがわ)にある、梅宮神社の紅葉です。
JR堅田駅は写真の右方向になります。(撮影日:2015年12月8日)

紅葉もそろそろ終わりなのかな、と思いつつ、本拠地(南草津)から堅田へ出かけると、JRの車窓から見えたのが見事な紅葉。「梅宮神社だ!」と分かったので、堅田ぐるっと一周歩き撮影の帰りに立ち寄りました。

日暮れの早くなる晩秋から初冬は、15時が屋外撮影のリミット。ぎりぎり間に合ったかなという夕暮れ時でした。堅田へ向かう電車が走ってきてくれたので、一緒に撮影。
Photograph of Umenomiya shrine and JR train(Kinugawa,Otsu,Shiga,Japan).

続きを読む →

大津の京1(大友皇子最期の地と、鞍掛神社の伝説)~白洲正子「近江山河抄」の舞台を歩く(7)

天神川とボケの花
堅田と衣川の間を流れる天神川。岸辺にボケの花が咲いていた。

天神川と桜
天神川では桜の木が一本だけ満開になっていた。向こうに見えているのが、明神橋。

比良八講(前回掲載)の帰りに立ち寄ったのが、衣川(きぬがわ)の町だった。
「大津の宮」ゆかりの地の撮影は全部終わっていたが、今どうしても訪ねたかった。

天智天皇の子、大友皇子(弘文天皇)が最期を迎えた場所という伝説が残る場所。
それが今回ご紹介する「鞍掛(くらかけ)神社」である。

続きを読む →