里山の初秋便り、9月の優しい空の下で

中津川駅の夕焼け

長野からの帰り道。乗り換え駅である岐阜県中津川駅で、わずかな時間に見えた夕焼け(写真)を見ていました。

約半年ぶりとなった県外撮影を乗り切った安堵感とともに、この夏、ずっと朝の歩き撮影を続けていて本当に良かったと思いました。

前日に8km、この日は24km歩きながら中山道を撮影して、翌朝は5時から地元滋賀の里山を撮影することになるのですが、以前は考えられませんでした。体力的なこともそうですが、10代の頃も約10年前も、ちょっとした嫌がらせや意地悪の類を受けても気づかないふりをする天然のキャラクターでかわして立ち去るしかなかったのです(今だから書ける話ですが)。

 

私は特に体力があったわけでもどこかにコネがあったわけでもなく、むしろ不安要素だらけのところから再スタートでした。ただ写真と故郷の風景が好きだからやってきました。写真だけはやめなくてよかった。

イギリスの首相だったサッチャーさん(在任1979年-1990年)は鉄の女と呼ばれましたが、色んな重圧や心無い言葉に家で泣いていたこともあったそうです。サッチャーさんの気持ちは痛いほど分かります。

何かで怖い思いをした後の「また同じことがあるかもしれない」という怖さは、常に隣り合わせでした。それを心の中で蹴り上げて外へ出かけていく、時には勇気のいることでした。そういったことを出さずに頑張るしかない時期もある。そうやって乗り越えようとしている人は他にもいると思うから、私だけでもあなた一人だけでもないんだと思うことがあります。

そうやって見た後の風景はかけがえのないものだと思うから、私はまた新しい風景に出逢いたい。

 

翌朝、5時前にぱっちり目が覚めてしまったので、結局いつもの里山に来ていました。

 








 

 

 

 

 

 

近所の高台から見える滋賀県大津市南部の田園風景をお届けしています。

9月14日(月)と翌15日(火)の早朝の風景を、それぞれスライドショーにしてみました。秋の空と雲がとても印象的でした。

結局この週は雨が多くて、この場所を撮影できたのはこの2日間だけでした。朝の気温は20度を切り、虫の音だけが聞こえる静かな朝となりました。いつもの白鷺くんは14日(月)版に畑の向こうや木の上に、小さく登場しています。

ほぼ同じ場所を撮影していますが、下記掲載の15日(火)版ではついに稲刈りが終わって土の見える田んぼが登場しています。カラー撮影しているにも関わらず、どこかモノクロームのような世界が感じられる15日(火)の朝でした。

 








 

 

 

 

 

ゆるやかな盆地状の土地に田んぼと集落があり、向かい合わせの高台に新しい住宅街が迫るこの場所には、美しい里山が残っています。6月からご紹介してきたこの場所も高台の田んぼから稲刈りが始まり、9割方稲刈りが終わる季節を迎えました。引き続き秋の集落の様子をご紹介していきます(随時掲載予定)。

里山
◇撮影日時:2020年9月14日(月)・15日(火)朝5時台~6時過ぎ
◇撮影地:滋賀県南部(大津市南部)


◇撮影日時:2020年9月13日(日)夕方18時過ぎ
◇撮影地:JR中津川駅ホーム(岐阜県中津川市)

 

※2020年2月以降、当ブログ初公開の写真(以前撮影を含む)を掲載しています。
堅田にも行けないので、自宅と事務所の有る草津市~大津市南部で撮影しています。
地元の田園風景と花をメインに掲載中です。

次回掲載は未定ですが、近況報告を兼ねてまた随時更新しますね。
Copyright(c) Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

 





東下りの中山道―木曽路十一宿その1:妻籠~三留野(長野県木曽郡南木曽町)

落合から馬籠にかけての棚田
【車窓から】落合から馬籠にかけての棚田:岐阜県中津川市~長野県木曽郡南木曽町
木曽川
木曽川

中山道を京都から歩く人は珍しいそうで、8割方の人は東京から京都を目指して歩くそうです。

滋賀県草津市に住んでいる私は、2018年秋、京都から草津まで東海道を歩いた後に、草津から中山道歩きを始めました。中山道を選んだのは東海道より宿場の数が多いことと、山の多い岐阜~長野~群馬(いずれも訪れたことがない場所ばかり)を回るから面白そうだというものでした。

中山道と言えば馬籠(岐阜県)から妻籠(長野県)、奈良井(長野)が有名ですが私はどの町にも行ったことがなく、ずっと楽しみにしてきた撮影でした。

ところが、滋賀県と岐阜県をすべて歩いたところでコロナ禍に突入。約半年ぶりの県外撮影となりました。

既に撮影した中津川~落合~馬籠(岐阜県)から日があいてしまったので、今回は木曽路十一宿のスタート地点となる妻籠を起点に道中の風景をお届けします(2020年9月中旬撮影)。木曽川沿いに集落が続く、風光明媚な場所でした。

 

木曽川の読書発電所
木曽川の読書発電所(よみかき はつでんしょ):長野県木曽郡南木曽町読書

 

スライドショー1:妻籠からJR南木曽駅付近まで(D51の展示に出逢う)








 

 

 

 

 

 

スライドショー2:木曽川沿いの材木集積場~三留野宿~木曽川沿いを走る中央本線~今回初めて出会った馬頭観音








 

 

 

 

 

 

国道とJRで分断されている旧中山道:その1

十二兼駅
十二兼駅(JR東海   中央本線):長野県木曽郡南木曽町読書
十二兼北で分断された旧中山道
十二兼北で分断された旧中山道(う回路はこの下の地下道):長野県木曽郡南木曽町読書

う回路(出口:十二兼北)→GoogleMapで見る
う回路(入口)→GoogleMapで見る

 

実際に歩いてみた印象は、馬籠峠を越えて長野に入り妻籠を出ると、木曽川沿いを歩くことが本当に多かったです。

集落の中の道は趣があって、家々も日本的で歩いていて心が和みました。集落の前にかばたのように湧水を引いているお宅が多くて、お水をいただいたり、お声をかけていただくこともありました。まだ28度はあった暑い日だったので、一杯のお水が心と体に染みました。それから地元のガイドさんが一緒に歩いてくださったので、それも色んな意味で本当にありがたかったです。

今回の記事は撮影から間の空かないうちに現像して、一つなぎの写真として掲出したかったので、撮影地の情報などほとんど付記しておりませんが、その点はご容赦ください。また何かの形でまとめたいと思っています。


道中お世話になった皆様、今日写真をご覧いただいた皆様、ありがとうございました!

◇撮影日:2020年9月12日(土曜日)午後(長野県木曽郡南木曽町
◇撮影地:中山道(長野県木曽郡南木曽町)、行程約8km
◇photograph of Nakasendo,Nagano at Sep,2020 (Nagiso town,Nagano prefecture,Japan).

Copyright(c) Jun Kanematsu / Junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

 

【久しぶりに日記】隣の芝生は青いらしい。

先週長野から帰ってきました。2日併せて中山道を24、5km歩いて、帰った翌日の朝は早朝5時から棚田の撮影に行っていたので、そろそろ夏の疲れが出てきております。

体の疲れは寝れば取れるけど、精神的なものというのは尾を引くことがあるもので、だから意識的に外で歩いて気をそらすようにしてきたのかもしれないと、つくづく思います。

続きを読む →