里山の夏便り、梅雨の晴れ間の田園風景

大津市南部の畑と田んぼ

7月に入り、梅雨の晴れ間に数回、隣町の田園風景を撮影しに行ってきました。

30分ほど歩いて到着すると、写真の場所あたりでいつも雨に遭いながら撮影しています。

怒涛の如く咲く花の時期もそろそろ終わりで、3月から続けてきた里山便りの掲載も隔週くらいにしようかなと思っていたところ…

あいにくのお天気と豪雨。もう少し撮りためてから掲載していきますね。

草津市南部の田んぼ

曇りの日はどうしても写真が暗くなってしまうので、なるべく空を入れずに撮るのですが(←写真を始めた頃読んだ本に書いてあった撮影のコツ)、やっぱり青空を入れたいと思うのが夏の写真です。

 

※2020年2月以降、当ブログ初公開の写真(以前撮影を含む)を掲載しています。
堅田にも行けないので、自宅と事務所の有る草津市~大津市南部で撮影しています。

次回何を載せるかは未定ですが、今後も近況報告を兼ねて随時更新しますね。
ちなみに当記事で1884記事になりました!

◇撮影日時:2020年7月5日(日)朝
◇撮影地:滋賀県南部(草津市~大津市南部)
Copyright(c) Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

 


 

ちなみに「曇りの日の風景はなるべく空を入れずに撮る」と言う話は中井精也さんの言葉で、確かこの本の初版で読みました。調べてみたら、今出ているのは改訂版ですね。

中井精也さんは撮影旅のテレビ番組の中で「雪の日の撮影には登山靴が良い」と言われたり、師匠もなく写真を始めた頃の私には目からうろこでした。

 

 

下記は冬の野外で、降雪時にカメラを使う場合の、ちょっとした3つの注意点の記事でもご紹介している本で、今森光彦さんの本は風景写真の教科書としてもおすすめです。DVD版は2枚組で売られていたのですが、現在はバラ売りなら買えるようです。

 

 

 


 

令和2年7月豪雨によって亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

 

震災・災害関連の記事は、2011年以降、別サイトで更新を続けています。
避難所などの情報を更新中です(2049記事になりました)。

【令和2年7月豪雨】開設避難所一覧:熊本県芦北町・球磨村・津奈木町・人吉市・八代市(2020年7月7日現在)

別サイトに移した経緯はこちらで書いています。

7年半経ってkatataに戻った東日本大震災の記事

 





1件のコメント

コメントは停止中です。