里山の春便り(最終回)アジサイとパプリカの花咲いて。付録:梅ジュースの作り方

ムラサキツメクサの花

懐かしい風景に出逢い、心がぱっと晴れたような気持ちになりました。
5月28日に、近所の空き地で咲いていたムラサキツメクサ(アカツメグサ)です。

初夏に移りつつあるので「春便り」としては最終回ですが、素敵な花々に最終回を彩ってもらうことができました。

当連載中には、全国に緊急事態宣言が出され、5月25日に解除されました。
皆様いかがお過ごしでしょうか。 

季節の変わり目でもあり、どうぞご自愛ください。


アジサイ

今年の春は、桜といい、山野草といい、開花が早かったですね。
先週末辺りから、ご近所では、早咲きのアジサイの花が咲きだしました。


サクランボ

そして公園の桜の木には、熟したサクランボの実。何かいいことありそうな予感です。


ヒチダンカ

さて我が家の庭でも、早咲きのアジサイが咲き始めました。


パプリカの花

歌にもなったパプリカの花です。写真だと大きく見えますが、数センチの小さな花です。


カキの花

カキ(柿)の花。こちらも小さな花です。


ユキノシタの花

こちらはユキノシタの花です。


マユミの花

そしてマユミの花です。こんな風に小さな花々に目を凝らして撮影しながら、今年の春は過ぎていこうとしています。


オオバギボウシの花

オオバギボウシの花も咲き始めました。若葉はウルイと呼ばれ、山菜として知られます。

この庭はもともと山中の湿地のような場所だったらしく、土壌改良された今でも、オオバギボウシのように湿ったところを好む植物が生き生きと育って今日に至ります。


ヒチダンカ

先ほどご紹介したアジサイは、ヒチダンカと呼ばれるアジサイです。
小さなお星さまがキラキラと輝くように、朝の光に照らされて可憐に咲きます。

ヒチダンカ

ヒチダンカの花が今ちょうど満開です。

ヒチダンカ

このヒチダンカの花が咲き終わるころ、他のアジサイが満開になって6月になっている-そんな感じで毎年過ごしています。


梅ジュース

収穫した梅で、梅ジュースを作りました。
足りない分は梅の実を購入して追加しながら、毎年家で作っています。

梅ジュースの作り方

・梅の実は軽く洗って、半日程ざるに揚げておきます。

・竹串やフォークの先で、梅の実一個当たり数箇所の穴を開けます(このとき手をケガしないように気を付けてください)。

・専用ビンの中に梅と氷砂糖と交互に入れて、冷暗所に数週間置いておきます。

・シロップ状のジュースがビンの中に出来ていたら、梅ジュースの出来上がりです。味が濃縮されているので、冷たい水で7倍程度に薄めてどうぞ。

※梅の実、専用ビン、氷砂糖は今の時期にスーパーやホームセンターで購入できます。

梅ジュース

この梅ジュースはアルコールが一切入っていないので、お子さんからご年配の方まで安心して飲めます。ぜひお試しください。

 

◇撮影日:2020年5月25日、28日
◇撮影地:滋賀県南部(草津市~大津市南部)
Copyright(c) Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

※2020年2月以降、当ブログ初公開の写真(以前撮影を含む)を掲載しています。
堅田にも行けないので、自宅と事務所の有る草津市~大津市南部で撮影しています。

次回何を載せるかは未定ですが、今後も近況報告を兼ねて随時更新しますね。

 





1件のコメント

コメントは停止中です。