啓蟄の頃、山茱萸(サンシュユ)の黄色い花が咲き始めたところ

サンシュユの花

2020年3月5日は、暦の上では啓蟄(けいちつ)。

「啓」は「開く」、「蟄」は「虫などが土中に隠れ閉じこもる」意味で、「啓蟄」で「冬籠りの虫が這い出る」(広辞苑)という意を示す。春の季語でもある。 –ウィキペディア

暖冬である今年は2月末から山茱萸(サンシュユ)の花が咲くのを楽しみにしていたところ、3月3日の夕方に咲き始めているところを発見!なんとか撮影できました。

その後はあいにくの曇天続きで、今日の滋賀県草津市はみぞれ交じりの雨が降るお天気です。この後も風と雨で撮影できそうにないので、3月3日の写真を掲載しますね。

サンシュユの花

春の黄色はふんわりやわらかくて、素敵だなと思うのです。

◇撮影日:2020年3月3日
◇撮影地:滋賀県南部
Copyright(c) Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)