【滋賀県】近江のケンケト祭り、サンヤレ踊りが「ユネスコ無形文化遺産」推薦へ

山之上ケンケト祭りの少年たち

表題の件、文化庁から発表がありましたので、当ブログでもお知らせします。

ユネスコ無形文化遺産「風流踊」:ユネスコへ推薦して2022年秋に審査見込みです。

「風流踊」(ふりゅうおどり)は日本全国37件の踊りで構成され、滋賀県からは「近江のケンケト祭り長刀振り」と「近江湖南のサンヤレ踊り」の2件が選定されました。

「近江のケンケト祭り長刀振り」

・長刀(なぎなた)振り・・・守山市(杉江町の小津神社)

・ケンケト祭り・・・甲賀市(土山町の瀧樹神社)・東近江市(蒲生岡本町の高木神社、上麻生町の旭野神社)・蒲生郡竜王町(山之上の杉之木神社)

「近江湖南のサンヤレ踊り」

・草津市(下笠の老杉神社など数か所。年によって未開催の地区あり)
・栗東市(小杖祭り)

※近江のケンケト祭り、サンヤレ踊りとも、2020年1月に国の重要無形民俗文化財に指定されるよう答申が行われており、3月に正式な指定がされる見込みとのことです。

※私の地元、草津市の広報(PDF)⇒草津のサンヤレ踊りが(中略)国の重要無形文化財に指定されます!


山之上ケンケト祭りの少年たち

山之上ケンケト祭り

写真1枚目~3枚目:山之上ケンケト祭り(当ブログ初公開)

2015年5月3日、竜王町山之上の杉之木神社で行われたケンケト祭りの様子です。

山之上ケンケトの皆さんについては、2014年10月の苗村神社三十三年式年大祭のときにも撮影させていただいたので、下記に写真と解説を再掲しておきます。


苗村神社三十三年式年大祭にて、山之上ケンケト祭りの少年たち

近江のケンケト祭り(当ブログで既に掲載した分)

◆こちらは山之上ケンケト祭りの踊り子の皆さんです。

ご覧になってお分かりだと思いますが、古くから海外と交流があったことをうかがわせるものです。竜王町のある蒲生郡一帯は蒲生野(がもうの)と呼ばれ、万葉集の歌の舞台となりました。古くから高い文化があった場所で、額田王の「あかねさす 紫野」の歌が詠まれたのも蒲生野です。

◆山之上のケンケト祭りは、国の選択無形民俗文化財の指定を受けています。毎年5月3日、竜王町山之上の杉之木神社で行われています。
http://www.town.ryuoh.shiga.jp/event/ken.html

苗村神社三十三年式年大祭にて、山之上ケンケト祭りの少年たちの後ろ姿

【滋賀県竜王町/苗村神社三十三年式年大祭(2014年10月11日~13日)】33年に一度の大祭を3日連続撮影⇒特別サイトに写真を100枚掲載しています


サンヤレ踊り(当ブログで既に掲載した分)

春祭りの季節!地元・滋賀県草津市の「草津のサンヤレ踊り」を撮影してきました。

草津市観光協会さんにいただいた資料によれば、「室町時代に近畿地方で流行した風流(ふりゅう)踊りの系譜を引いた芸能で、5月3日に琵琶湖岸の地域を中心に演じられています」とのことです。

日本遺産「琵琶湖とその水辺景観ー祈りと暮らしの水遺産」の構成遺産の一つであり、国の選択無形民俗文化財でもあります(詳細は国指定文化財等データベース(文化庁))。

下笠のサンヤレ踊り(老杉神社・滋賀県草津市下笠)

下笠のサンヤレ踊り-2 下笠のサンヤレ踊り-3 下笠のサンヤレ踊り-4

草津のサンヤレ踊り(日本遺産)&草津駅前ロータリーの神輿【滋賀県草津市】

Copyright(c) Jun Kanematsu / junphotoworks.com(兼松純写真事務所)