【奥伊吹】東草野の山村景観(重要文化的景観・日本遺産)から、姉川沿いの集落まで、秋の風景を一挙お届けします(滋賀県米原市・2019年10月27日撮影)

秋の伊吹山
この日の伊吹山。とてもいい天気でした。【2019年10月27日撮影・滋賀県米原市】

米原の流星(前回掲載)の帰路に、バス車窓から撮影した奥伊吹の秋の風景をお届けします。

今回掲載する甲津原・曲谷・甲賀・吉槻は「東草野の山村景観」として、2014年に重要文化的景観に、2015年に日本遺産(琵琶湖とその水辺景観ー祈りと暮らしの水遺産)に選定されています。

伊吹山の麓を姉川に沿うように集落が点在し、北から南へ、甲津原⇒曲谷⇒甲賀⇒吉槻と続きます。

東草野の山村景観(重要文化的景観・日本遺産):姉川上流

東草野の山村景観、秋の甲津原
甲津原(こうづはら)。
東草野の山村景観、秋の曲谷
曲谷(まがたに)。
東草野の山村景観、秋の曲谷
曲谷(まがたに)。
東草野の山村景観、秋の甲賀
甲賀(こうか)。
東草野の山村景観、秋の吉槻
吉槻(よしつき)。

東草野の周辺(伊吹山周辺)の集落

東草野の南側の集落もまた、美しい所です。先程の吉槻の南側に、姉川沿いに上板並⇒下板並⇒大久保(セツブンソウ自生地で有名)⇒小泉と続きます。

だんだんと目前に伊吹山が迫ってくるのが、これらの集落の醍醐味です。日本遺産ではありませんが、名実ともに東草野と一続きの風景だと思います。(というのも、もともと旧東草野村は、甲津原・曲谷・甲賀・吉槻のほか、上板並、下板並を含んだ地域を指します。

遠いのでなかなか来れない場所ですが、来るたびに心に染みる、本当に美しい所です。

東草野の周辺集落、秋の上板並と伊吹山
上板並。
東草野の周辺集落、秋の下板並と伊吹山
下板並。
東草野の周辺集落、秋の下板並と伊吹山
下板並。
東草野の周辺集落、秋の大久保と伊吹山
大久保。
東草野の周辺集落、秋の小泉と伊吹山
小泉。
東草野の周辺集落、秋の小泉から見た伊吹山
小泉集落から見た、秋の伊吹山。

小泉は棚田の風景が素晴らしい所で、以前春に撮影させていただきました。

穀雨の頃、小泉の棚田にて(滋賀県米原市小泉)

大久保も近年よく伺っている場所です。セツブンソウで有名ですね。集落の風景がこれもまた美しい所です。

啓蟄の日、奥伊吹のセツブンソウ自生地を訪ねる(滋賀県米原市大久保/2018年3月6日撮影)

奥伊吹、花と里山と古民家の風景~早春の滋賀県米原市大久保から(3)

惣持寺(長尾護国寺)と伊吹山寺~早春の滋賀県米原市大久保から(2)

甲津原と吉槻は、2014年の重要文化的景観選定時に、米原市教育委員会と地元の方のご案内で撮影させていただきました。今回はようやく秋に伺うことができて、感無量です。

実は10月30日(水)にも別件でこの地域を訪ねています。次回と次々回に、曲谷と吉槻の秋の風景をお届けしますね!

下記は、2014年3月下旬に撮影した雪の甲津原と吉槻です。

東草野の山村景観(1)~雪の奥伊吹、甲津原の風景。カイダレ・持送り・カワトと茅葺き屋根の民家

東草野の山村景観(2)~雪の奥伊吹、吉槻の風景。桂の大木と水路とイケ

 

Copyright(c) Jun Kanematsu / junphotoworks.com(兼松純写真事務所)
No reproduction or republication without written permission. 無断転載を禁じます。

新聞雑誌・フリーペーパー・各種コラム・カンプ・社内資料への利用を希望される場合は、当ブログの「お問い合わせフォーム」よりお問い合わせください。

記者や執筆のプロ、文化財専門家の方、まとめサイト関係者が、地域取材の代用として当ブログの文章写真を無断で使用・複製・改変する行為は、開設趣旨を逸脱する行為としてお断りします。(当ブログのコピーを自分の著作物であるかのように振る舞う行為はご遠慮願います!)