滋賀の戦争遺跡3:若鷲の碑(大津陸軍少年飛行兵学校跡/大津市園城寺町)

若鷲の碑(大津陸軍少年飛行兵学校跡)

この記事を書こうと思ったのは、若鷲の碑の場所が分からず帰ってきたという、ご年配の方の話を耳にしたことでした。


若鷲の碑-1

若鷲の碑と呼ばれる記念碑が、滋賀県大津市園城寺町にあります。
大津陸軍少年飛行兵学校跡に、その碑は建てられています。

若鷲の碑-2

若鷲の記

・昭和17年(1942年)10月:東京陸軍航空学校大津教育隊として当地に開設

・昭和18年(1943年)4月:大津陸軍少年飛行兵学校として独立

当時15、6歳の少年たちが一年の基礎訓練を受け、その数は第15期生から第20期生に至るまで8千有余人

とあります。以下は全文です。

 大津陸軍少年飛行兵学校は太平洋戦争が苛烈の度を加え、その戦域が益々拡大された昭和十七年十月、航空戦力増強の要請に応じ東京陸軍航空学校大津教育隊として此の地に開設され、翌年4月、大津陸軍少年飛行兵学校に独立した。

当時十五・六歳の少年たちは、祖国存亡のとき、陸軍航空の期待と栄光の重責を担い、「至誠、純真、元気、周到」の校風のもと炎熱の朝、酷寒の夕、琵琶湖畔に、長等山麓に、幹部要員として徹底した1ヵ年の基礎訓練に励んだ。その数、第十五期生から第二十期生に至るまで八千有余人。ついで操縦・通信・整備の各上級学校に学び、若鷲となって大空に巣立ち、北辺の空に、南溟の果てに、本土防衛のさきがけとなって愛機と生死を供にした。

昭和二十年八月、戦は終り、これらの出身者、また未だ学業半ばの者は、ともに全国に離散し、本校もまたその歴史を閉じた。

往時范々、戦後三十年、教えし者 教えられし者相つどい、かつて青春のすべてを抛げうった想い出深きこの地に、永遠の平和を願って、茲に「若鷲の碑」を建立する。

昭和五十年十月十二日

大津陸軍少年飛行兵学校 関係者一同

若鷲の碑-3
若鷲の碑-4

大津陸軍少年飛行兵学校 第一校歌の碑。そして…

若鷲の碑-5

「至誠、純真、元気、周到」の校訓の前に、少年兵の小さな像が置かれていました。

若鷲の碑-6

周囲には、若鷲の碑以外の記念碑がいくつかあります。

写真は、かつて大津に置かれていた歩兵第9連隊の跡に建てられた碑です。

※歩兵第9連隊について⇒https://ja.wikipedia.org/wiki/歩兵第九連隊

第九連隊の碑

若鷲の碑、周辺環境の変化

若鷲の碑は、大津市歴史博物館の裏手にあります。後から歴史博物館が建てられたこともあって(1990年開館)、場所が分かりにくくなってしまいました。

というのも、以前はここに大きな建物は何もなかったのです。私は幼少期にこの近くで育ちましたが、結婚式場の小さな洋館があるくらいで(たまに結婚式をやっていた)、一帯は見晴らしのいい公園でした。

とても幼いころの記憶でぼんやりしていますが、薄水色のタイル張りの噴水があって、琵琶湖側に桜並木と結婚式場の建物が見え、山手に若鷲の碑がありました。

若鷲の碑周辺は綺麗に手入れされており、黒い玉砂利が敷かれていたこともあって、子供心に神聖なものを感じました。近くの水辺で、何度かアメリカザリガニを捕まえたのを覚えています。1980年代前半頃の話です。

若鷲の碑への行き方(大津市歴史博物館そば)

大津市歴史博物館-1

上:大津市歴史博物館の写真、下:歴史博物館の玄関前から北側を撮影。

歴史博物館の北側に、市民文化会館の建物があります。
下の写真で黒い服の人が立っているのが、市民文化会館の前です。

その奥に駐車場が見えているのがお分かりいただけるでしょうか。
この駐車場まで進んでください。

大津市歴史博物館-2

駐車場の一角に、市民文化会館の建物に沿うように階段があります。下記は階段から背後を振り返って見たところです。

眼下に駐車場、大津商業高校のグラウンド、そして三上山と琵琶湖が見えています。

眼下の眺め-1

眼下の眺め-2

眼下の眺めです。同じ日の夕方にもう一度撮影しました。

私の幼少期の大津の風景は、これとそれほど変わっていません(競艇場の屋根の色がエメラルドグリーンになったくらいかな)。

この地で学んだ少年たちも、三上山と琵琶湖が迫る美しい風景を見ていたはずです。
どんな気持ちで琵琶湖を眺めていたのでしょうか。

いつまでも続いてほしい、平和な時代の、ふるさとの風景です。

眼下の眺め-3

 

◇撮影日:2014年10月(若鷲の碑)・2016年11月(大津市歴史博物館)
◇撮影地:若鷲の碑~大津市歴史博物館(滋賀県大津市園城寺町)

◇”Wakawashi-no-hi” ―Trace of Otsu Army Boy Flight Soldiers School(World War 2) at October,2014 and November,2016(Otsu city,Shiga prefecture,Japan).

Copyright(c) Jun Kanematsu / junphotoworks.com(兼松純写真事務所)