伊庭の坂下しー伊庭の水辺景観、翌日の大濱神社の祭礼とともに(滋賀県東近江市)

近江の奇祭と呼ばれる「伊庭の坂下し」を撮影してきました。

滋賀県東近江市伊庭町の春の祭礼で、繖山(きぬがさやま)にある繖峰三神社(さんぽうさんじんじゃ)から、三基の神輿が岩場続きの参道を下ろされる神事です。

里宮である大濱神社(大浜神社とも表記・写真は後掲)、山麓の望湖神社、そして繖峰三神社の3つの神社の祭礼で、毎年5月4日の午後に行われています。

「山頂から山麓まで500メートル、標高差170メートルを一気に下る」(滋賀県神社庁さん)とのことで、とても勇壮で見ごたえがあります。

伊庭の坂下し(5月4日)

伊庭の坂下し

山の中腹で2時間半ほど待っていると、勇ましい掛け声とともに最初の神輿が下りてきました。


↓しばらくすると、2基目の神輿が来ました。

伊庭の坂下し

↓同じころ、先頭の神輿は少し先の別の岩場で健闘中。

伊庭の坂下し
伊庭の坂下し

眼下には、伊庭の美しい水辺景観が!

写真奥の手前に見えている山は長命寺のあたりで、山の向こうは琵琶湖です。
手前に伊庭内湖が広がっているのがご覧頂けるでしょうか。

私は数年前から、伊庭の町並みや風景を撮影させていただいています。伊庭の坂下しと一緒にこの景色をカメラに収めることができたのは、とても幸せなことでした。

天気も良く新緑がきれいで、岩場で踏ん張りながら撮影した甲斐がありました。

それでは、三基目の神輿(赤い屋根)の勇壮な場面を一気にどうぞ!

伊庭の坂下し
伊庭の坂下し
伊庭の坂下し
伊庭の坂下し
伊庭の坂下し

最後の神輿が鳥居前に着いたのは、5時20分過ぎでした。一瞬の静寂が辺りを包みます。

夕暮れの提灯とJRの電車

繖峰三神社前の車道に掲げてあった提灯です。
水田の向こうを走る、JRの電車と共に撮影しました。

伊庭の坂下しは、翌日の大濱神社の祭礼と併せて見ると、この土地の風土や歴史・その美しさがより伝わってくるのではないかと思っています。

というわけで、引き続き伊庭の風景(日本遺産「琵琶湖とその水辺景観ー祈りと暮らしの水遺産」)をご紹介します!

◇撮影日:2019年5月4日(土)
◇撮影地:望湖神社~繖峰三神社(滋賀県東近江市伊庭町)
◇photograph of Iba at may,2019(Iba town,Higashiohmi city,Shiga prefecture,Japan).

 

伊庭の水辺景観と、大濱神社の祭礼(5月5日)

伊庭の入り口と繖山

伊庭集落の入り口から振り返って、「坂下し」のあった繖山(きぬがさやま)の方向を見ています。写真のちょうど左にあるのが大濱神社(大浜神社)です。

伊庭の坂下しの翌日、大濱神社では春の祭礼が行われています。

大浜神社の祭礼 大浜神社の祭礼

大濱神社仁王堂。見事な茅葺屋根ですね!

東近江観光ナビさんによれば、「伊庭郷の氏神」で「伊庭祭の「坂下し」で用いられる三社の神輿が収められている」とのことです。

実はこの写真、2017年5月5日に何も知らずに伊庭へ来て、偶然撮影させていただいた写真です。いつか伊庭の坂下しと一緒にご紹介したいと思っていました。


正厳寺 正厳寺と田舟

伊庭の水辺景観日本遺産琵琶湖とその水辺景観ー祈りと暮らしの水遺産」)。新緑の季節の美しさは格別です。

正厳寺と田舟は、写真撮影でよく使われる場所です。


伊庭城址石垣と水路 伊庭の水辺景観・町並み

伊庭はかつて伊庭城があったところで、水路沿いに石垣が残っています。室町時代の連歌師だった宗祇法師の出身地でもあります。


浄福寺、源通寺、誓教寺、法光寺

伊庭はお寺の多い所で、この門の向こうに浄福寺、源通寺、誓教寺、法光寺さんがあります。背中合わせのエリアには妙楽寺さんもあるので、ここだけで5つもあるのか!すごいな。


望湖神社・繖峰三神社・大濱神社の御旅所

伊庭内湖のほとりまで歩いていくと(大濱神社から約30分)、望湖神社・繖峰三神社・大濱神社の御旅所があります。

ボートを浮かべて釣りをする人の姿も。伊庭内湖の先はそんなに遠くないところで琵琶湖に続いています。

伊庭内湖と釣り船 こいのぼり 御旅所と、こいのぼり

御旅所の上には、こいのぼりが元気に泳いでいました。

5月の伊庭の、本当に美しい風景です。この風景がいつまでも見られますように。

伊庭の皆様、ありがとうございました!

◇撮影日:2017年5月5日
◇撮影地:滋賀県東近江市伊庭町
◇photograph of  Iba town at may,2017(Iba town,Higashiohmi city,Shiga prefecture,Japan).

 

伊庭の坂下しとアクセスについて

御由緒
古より比叡山坂本の日吉大社の神と同じくその神事も日吉の坂下しをまねたものと云はれている。滋賀県神社庁

※繖峰三神社のある繖山(きぬがさやま):観音正寺(安土町)や石馬寺(東近江市五個荘石馬寺町)といった名刹の集中するエリアです。安土や五箇荘、伊庭といった歴史ある町が点在する風光明媚な場所です。

※繖峰三神社(さんぽうさんじんじゃ):JR能登川駅から徒歩20-25分。JRの線路沿いに進み、能登川高校の少し先です。当日は車両の通行規制があります。お車の方は東近江市観光協会にお問い合わせ下さい。

参道は岩場の多い山道のみなので、運動靴(できれば登山靴)が安全です。

※大濱神社・伊庭の水辺景観:JR能登川駅から徒歩約30分。能登川の交差点から能登川西小学校を目印に直進。

伊庭の水辺景観については、事務所ホームページでもご紹介しています。

伊庭の水辺景観・伊庭内湖の農村景観(滋賀県東近江市)

 

関連記事   伊庭の坂下し番外編:今回掲載できなかった神輿の通過予定時刻と順路図、午前中の様子などを掲載しています。

伊庭の坂下し番外編(神輿の通過予定時刻と順路図、午前中の様子など)

 

Copyright(c)Jun Kanematsu / junphotoworks.com(兼松純写真事務所)
No reproduction or republication without written permission.

このサイトは、ふるさとの美しい風景や祭事をご紹介したくて、2007年12月より始めたサイトです。

撮影地域の方との交流の場・地域応援にとどまらず、様々な日常の中で読者の皆様にひととき楽しんでいただけたらという思いで、個人で開設しています。

商用使用・営利目的(原稿料の発生する行為等)での無断使用は固くお断りします。

撮影者プロフィール:兼松 純(Jun Kanematsu)

風景写真家。生まれ育った滋賀県を拠点に、田園風景・山・寺社・祭事を撮影。

2009年葵祭「社頭の儀」の撮影を契機に、祭事の記録撮影と広告書籍への写真提供を行っている。

写真提供:小学館「名城をゆく(10) 安土城」、親子で行く修学旅行 奈良(JR東海ツアーズ)、2018年春サントリー 飲料広告 (日本の桜風景 近江八幡水郷めぐりの船)など。

アマナイメージズ契約作家。滋賀県大津市出身、滋賀県草津市在住。