【葵祭前儀「献撰供御人行列」の写真(4)】 京都・下鴨神社巡行編~帰路の大原の風景~堅田まで(2018/5/14撮影) #京都 #kyoto #Japan# #photography

2018年献饌供御人行列・京都下鴨神社01

2018年5月14日。滋賀堅田から京都の下鴨神社へ、葵祭のための鮒と鮒寿司を奉納する「献饌供御人行列」(けんせん くごにんぎょうれつ)に同行撮影させていただきました。

地元の方のご協力で同行撮影10年目となりました。(同行撮影は2009年より毎年続けています。)

2018年献饌供御人行列・京都下鴨神社02

堅田からは貸し切りバスで、約1時間移動します。

京都に到着した一行は、下鴨神社の近くで隊列を組みなおし、下鴨神社の神職さんと合流して再出発します。

2018年献饌供御人行列・京都下鴨神社03

最初の鳥居をくぐり、参道を行く一行です。

2018年献饌供御人行列・京都下鴨神社04

糺の森(ただすのもり)に入りました。

今年は月曜日開催だったので、日曜日開催だった昨年と比べて沿道の人が少なかったのが印象的でした。(京都はどこへ行っても人が多いですけどね。)

2018年献饌供御人行列・京都下鴨神社05
2018年献饌供御人行列・京都下鴨神社06
2018年献饌供御人行列・京都下鴨神社07
2018年献饌供御人行列・京都下鴨神社08

参道脇の境内社が木漏れ日の中で輝いていました。葵祭の流鏑馬はこの前で行われます。


2018年献饌供御人行列・京都下鴨神社09
2018年献饌供御人行列・京都下鴨神社10

最後の鳥居をくぐると、下鴨神社の楼門が見えてきます。


2018年献饌供御人行列・京都下鴨神社11
2018年献饌供御人行列・京都下鴨神社12

堅田から運んできた鮒と鮒寿司が、本殿に到着。これから神事が始まります。


2018年献饌供御人行列・京都下鴨神社13
2018年献饌供御人行列・京都下鴨神社14

神事の間(約25-30分)、葵祭前日の境内を撮影させていただきました。

2018年献饌供御人行列・京都下鴨神社15


2018年献饌供御人行列・下鴨神社楼門前での集合写真

参加者の皆さま、今年もお疲れさまでした!

堅田からの参加者の皆様に、集合写真プリントに関するお知らせ

参加者の皆様は、湖族の郷資料館(本堅田1丁目・電話077-574-1685)にて、実費で焼き増しができますのでご利用下さい。昨年以前の写真もあります。

私は草津からボランティアで撮影に伺っており、集合写真のデータは毎年、主催者様にお渡ししています。ご不明な点がありましたら主催者様にご相談いただければ幸いです。


2018年献饌供御人行列・京都下鴨神社17

2018年献饌供御人行列・河合神社

ここからは帰路の風景を掲載します。まずは境内社の河合神社です。
バスの車窓からガラス越しに撮っております。

京都の八瀬

市街地を抜けると、京都側からの比叡山の上り口として知られる「八瀬」(やせ)に入ります。八瀬を過ぎると、皆さんよくご存じの大原です。

京都大原のしば漬け屋さん

大原名物のしば漬けを売るお店です。
それでは、新緑の大原の田園風景をどうぞ!

新緑の大原の田園風景
新緑の大原の田園風景


京都大原バスターミナル

京都大原バスターミナル。大原観光の拠点で、秋の紅葉シーズンは人であふれます。


途中越え

滋賀(大津)に入りました。途中越えでおなじみ、途中(とちゅう)です。


大津市伊香立の田園風景

大津市伊香立(いかだち)の田園風景。ちょうど田んぼに水が張られた直後でした。

↓伊香立を過ぎると真野に入ります。JR湖西線の高架と電車が見えていますね。堅田はもうすぐです。

大津市真野の田園風景


12時40分、堅田の大道町帰着。朝5時に草津の事務所を出て、8時前から堅田で撮影していたので、結構長い半日でした。

気温が20度程度だったのと、天気予報が直前で変わって晴れになってくれたので、よかったなとほっとしております。

参加者の皆様、伊豆神社・神田神社・湖族の郷の皆様、今年もありがとうございました!

2018年献饌供御人行列・堅田町内巡行33

滋賀県大津市本堅田の神田神社は、平安時代(1090年)に下鴨神社の御厨(みくりや)となり、湖魚を奉納してきた歴史があります。

この歴史を後世にも伝えようと、1990年より献饌供御人行列が行われています。

1994年からは堅田町内だけでなく下鴨神社へも巡行する現在のスタイルとなり、現在は葵祭の公式行事となっています。

Photograph of Kensen Kugonin Gyoretsu procession 2018 in Shimogamo shrine, Kyoto,Japan.
In the second half in the 11th century (Heian era last years) ,Katata was a territory in Shimogamo Shrine in Kyoto, and “Mikuriya” was put under Kanda Shrine, and the obligation to which an attendant table to Kamonoyashiro and seafood for an attendant festival are presented was carried.As the reward, Katata got every rights and interests from fishery or the service of Lake Biwa and built the greatest town around Lake Biwa in the Middle Ages.Every year, “Kensen Kugonin Gyoretsu” procession which leaves the Kanda Shrine and sends crucian carps to Shimogamo Shrine is performed gracefully with the traditional ritual on May 14,the day before Aoi Festival of Kyoto.

◆2015年度の供御人行列写真を、NIKON IMAGE SPACEで公開中!
スマホ対応です。こちらからどうぞ。⇒供御人行列2015堅田~下鴨神社

 

▼供御人行列バックナンバー目次(当ブログ収録・2009年~)

葵祭前儀「献饌供御人行列」/写真目次

 

▼2017年度の動画(当ブログと事務所HPで限定公開)

このブログは撮影地域で出会った方々との交流や、撮影地域の豊かな文化をお伝えできればと、撮影者個人で運営しているブログです。

キュレーションサイト等への無断転載および文章・画像の営利目的利用を禁じます。社内資料や企画書に利用する場合は事前に許可を得て下さい。

流用による不正確な記載や無断使用により、利用者のみならず第三者に生じた損害(間接損害含む)につき、撮影者及び当事務所は一切責任を負いません。

Copyright(c)Jun Kanematsu / junphotoworks.com(兼松純写真事務所).All rights reserved.