【葵祭前儀「献撰供御人行列」の写真(1)】 滋賀・堅田町内巡行編1 朝の神田神社を出発(2018/5/14撮影) #滋賀 #大津 #Japan #photography

2018年献饌供御人行列・堅田町内巡行01

2018年5月14日。滋賀堅田から京都の下鴨神社へ、葵祭のための鮒と鮒寿司を奉納する「献饌供御人行列」(けんせん くごにんぎょうれつ)に同行撮影させていただきました。

地元の方のご協力で同行撮影10年目となりました。(同行撮影は2009年より毎年続けています。)

2018年献饌供御人行列・堅田町内巡行02
2018年献饌供御人行列・堅田町内巡行03

朝の光に包まれた神田神社(滋賀県大津市本堅田1丁目)。前日は一日中雨でしたが、少しづつ晴れてきてほっとしました。

2018年献饌供御人行列・堅田町内巡行04
2018年献饌供御人行列・堅田町内巡行05

無事を祈願した後、太鼓の奉納が行われました。

2018年献饌供御人行列・堅田町内巡行06
2018年献饌供御人行列・堅田町内巡行07

滋賀県大津市本堅田の神田神社は、平安時代(1090年)に下鴨神社の御厨(みくりや)となり、湖魚を奉納してきた歴史があります。

この歴史を後世にも伝えようと、1990年より献饌供御人行列が行われています。

1994年からは堅田町内だけでなく下鴨神社へも巡行する現在のスタイルとなり、現在は葵祭の公式行事となっています。

写真の旗指物にもご注目ください。フタバアオイの紋は下鴨神社と同じです。両神社の古くからのつながりがうかがえますね。


Photograph of Kensen Kugonin Gyoretsu procession 2018 in Shimogamo shrine, Kyoto,Japan.
In the second half in the 11th century (Heian era last years) ,Katata was a territory in Shimogamo Shrine in Kyoto, and “Mikuriya” was put under Kanda Shrine, and the obligation to which an attendant table to Kamonoyashiro and seafood for an attendant festival are presented was carried.As the reward, Katata got every rights and interests from fishery or the service of Lake Biwa and built the greatest town around Lake Biwa in the Middle Ages.Every year, “Kensen Kugonin Gyoretsu” procession which leaves the Kanda Shrine and sends crucian carps to Shimogamo Shrine is performed gracefully with the traditional ritual on May 14,the day before Aoi Festival of Kyoto.


 

◆堅田からの参加者の皆さまに、写真プリントのご案内とお願いです。

本堅田1丁目の「湖族の郷資料館」で、集合写真等のプリントを、実費でお申し込みできます。

私は草津からボランティアで撮影に伺っており、集合写真と個人写真のデータは毎年、主催者様にお渡ししています。ご不明な点がありましたら主催者様にご相談いただければ幸いです。

お問い合わせは、湖族の郷資料館(電話077-574-1685)までお願いします。昨年度以前の写真も申し込めるようになっています。

◆2015年度の供御人行列写真を、NIKON IMAGE SPACEで公開中!
スマホ対応です。こちらからどうぞ。⇒供御人行列2015堅田~下鴨神社

 

▼供御人行列バックナンバー目次(当ブログ収録・2009年~)

葵祭前儀「献饌供御人行列」/写真目次

 

▼2017年度の動画(当ブログと事務所HPで限定公開)

このブログは撮影地域で出会った方々との交流や、撮影地域の豊かな文化をお伝えできればと、撮影者個人で運営しているブログです。

キュレーションサイト等への無断転載および文章・画像の営利目的利用を禁じます。

Copyright(c)Jun Kanematsu / junphotoworks.com(兼松純写真事務所).All rights reserved.