滋賀堅田の桜(7)衣川4社の桜(稲荷神社・梅宮神社・鞍掛神社・衣川天満宮)

稲荷神社の桜

JRの車窓からも、まさにこんな風に見えます。
電車で通り過ぎるのは一瞬ですが、堅田駅から歩いてこの桜を撮影してきました。

稲荷神社の桜

おごと温泉駅と堅田駅の間に位置する稲荷神社。社殿は線路のすぐそばです。(側道から撮影)

稲荷神社の桜

稲荷神社の桜

鳥居の右奥に見えているのが、堅田駅前のアルプラザ(商業施設)。電車が近い!

稲荷神社の桜とJR


衣川廃寺の桜

↑稲荷神社の山側には、衣川廃寺(国史跡)。
↓稲荷神社と線路を挟んで、梅宮神社京都の梅宮大社の分霊を勧請)。

梅宮神社の桜
梅宮神社の桜

梅宮神社の境内脇にて、桜並木を歩く人の後ろ姿。
桜が咲くのは1週間弱だから、春の一瞬の風景ですね。

今回の写真はどれも、滋賀県大津市衣川(きぬがわ)で撮影しています。琵琶湖の西側を走る西近江路の町で、近世には西近江路の宿駅(衣川宿)が置かれた町です。


梅宮神社の桜
梅宮神社の桜

弘文天皇(天智天皇の息子である大友皇子)を祀った鞍掛神社。桜の大木が4本あって、どれも見事な優しい色の花を咲かせてくれます。

大友皇子は、壬申の乱後、この衣川で自刃したという言い伝えがあります。


衣川

↑衣川の畑の中を通る道。実は、ここに鞍掛神社のお地蔵さんがありまして、地蔵堂の前から撮影しています。奥に見える小さな山が、衣川天満宮です。

衣川天満宮の桜

今年も咲きましたよ!衣川天満宮「合格の道」の桜。

特に今年は、桜の咲くタイミングも、衣川が今どんな感じかも分からず、また撮影した日は気温25度でしたので、桜が撮れるかどうか来てみるまで分かりませんでした。

堅田や衣川の春を撮影できて、本当によかったと胸をなでおろしています。今度はいつになるか分からないけれど、また来ます!

 

◇撮影日:2018年4月4日(水)
◇撮影地:稲荷神社・梅宮神社・鞍掛神社・衣川天満宮(滋賀県大津市衣川)

Beautiful scenery from Japan.Cherry blossoms at Inari shrine,Umenomiya shrine,Kurakake shrine,Kinugawa tenmangu shrine(Kinugawa and Katata,Otsu city,Shiga prefecture,Japan).

Copyright(c) Jun Kanematsu / junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

※4月4日(水)の午前中に、堅田駅東口→浮御堂周辺→天神川緑地→衣川台→堅田駅西口(山の手)と、桜を訪ね歩いてきました。次回最終回です。

※掲載内容・・・堅田駅おとせの浜伊豆神社十六夜公園・堅田港祥瑞寺天神川・衣川4社(稲荷神社・梅宮神社・鞍掛神社・衣川天満宮)・大友桜

 

 

衣川について

しばらく衣川特集です!(滋賀県大津市衣川)

坂本に残る「衣川北国道」の道標~北国海道と衣川の話(滋賀県大津市衣川)

衣川城跡/衣川のお地蔵さんと鞍掛神社の伝承 (滋賀県大津市衣川)

 

衣川の例祭

大津市衣川/鞍掛神社 2013年例祭の写真(前編)~大友皇子最期の地の伝説が残る神社、7/23の皇子の命日にちなんで

子授け・安産・縁結びの神様、梅宮神社の節句祭(滋賀県大津市衣川・2017年3月撮影)