滋賀堅田の桜(3) 伊豆神社の桜

伊豆神社境内奥の桜

朝の光に照らされて、境内の奥でひっそりと咲く桜。

伊豆神社境内奥の桜と狛犬

優しい色の桜です。狛犬さんと一緒に撮影してみました。


伊豆神社境内奥の桜と本殿

浮御堂のそばにある「伊豆神社」は、堅田大宮とも呼ばれる、堅田の中心的な神社です。

室町時代には惣(農民の自治組織)が置かれ、江戸時代には本堅田村の古文書が残されるなど、歴史の舞台にもなりました。

※本堅田村の古文書については、毎年一月に大津市北部地域文化センターで報告会が開かれています(今年で4回目になりました。)↓

「江戸時代の堅田と堅田藩」第四回報告会開催のお知らせ(2018/1/28(日)13時半~@大津市北部地域文化センター/無料・先着300名/堅田大庄屋文書研究会)


伊豆神社拝殿と桜

拝殿の前から、奥の桜を見たところです。さらにぐっと引いてみます。


伊豆神社正面の桜
伊豆神社正面の桜、斜めから

鳥居の両脇には、ご覧のように桜の大木が2本あり、毎年豪勢に咲いて通る人の目を楽しませてくれます。

江戸時代から残る掘割に散る桜も、また見事な美しさです。(下記記事の写真3枚目に収録しています。お時間あればどうぞ)

滋賀堅田の桜、一挙大公開!(後編・おとせの浜から真野川まで)

 

◇撮影日:2018年4月4日(水)
◇撮影地:伊豆神社(滋賀県大津市本堅田一丁目)

Cherry blossoms at Izu shrine(Honkatata,Otsu city,Shiga prefecture,Japan).
Copyright(c) Jun Kanematsu / junphotoworks.com(兼松純写真事務所)