滋賀堅田の桜(8)大友桜

大友桜と呼ばれる桜があることは、堅田へ撮影に来るようになって知ったのですが、地元の人間でもない私は、長らく場所が分からないままでいました。

というのも、「田んぼの中に大友桜の塚がある」と聞いていた堅田駅の西口(山の手)は、長らく再開発を行っていまして、牧歌的だった江若バス堅田営業所の辺りは一変。工事中は立ち入ることもできず、さらに数年が経過。

2016年春、本堅田6丁目に新しい公園ができていたので行ってみたけれど、大友桜はない・・・。

大友桜、どこに行っちゃったの??

バスの寝床、うららかな春の日に(江若交通堅田営業所)

before: 2010年3月(写真はバックナンバーより、滋賀県大津市本堅田6丁目)

after: 2016年4月

ところが2017年11月になって、堅田駅西口の土地区画整理事務所である「桜望里(さくらもり)」の広告を、大津市の広報で偶然目にします。

販売区画図の中に、なんと「大友桜公園」の文字と地図が!!

私が出かけた新しい公園は、まったく別の公園(里桜公園)で、大友桜公園は別の場所にしっかりできていたのでした。


大友桜
大友桜全景

改めまして、こちらが大友桜です。江戸時代から知られている桜だそうですが、木自体は若いですね。種類はヤマザクラで、撮影した2018年4月4日は葉桜に近い状態でした。

この桜の由来について、大津市設置の看板がありましたので、来年以降のご参考になればと要約してご紹介しておきます。大友桜を残すために周辺を公園として整備したとのことです。

 

大友桜:平安時代の歌人で六歌仙の一人であり、滋賀郡の郡司を務めた豪族だった大友黒主(おおとものくろぬし)が当地で手傷を負って亡くなったとき、持っていた杖を地面に突き立てたところ、根が生えて桜の木になったという伝承。大友桜の名は江戸時代より確認でき、当地は大友黒主の別荘跡だったという話もある。

 

桜姫塚(別名):当地の城主大友氏に桜姫という娘がいたが、若くして亡くなったので人々は菩提を弔うために塚を築き、桜の木を植えたところ、桜は姫の死を悲しむかのように、いっこうに花をつけることがなかったという伝承。

 

大友桜公園

桜は公園の奥にありまして、こんな感じの公園です。
ちなみに、公園の裏はローソン(大津堅田駅西店)です。
ついに見つけたよ、大友桜、でした。

◇撮影日:2018年4月4日(水)
◇撮影地:大友桜公園(滋賀県大津市本堅田6丁目42)

 

場所:堅田駅西口(山の手)⇒川沿いに進む⇒浮田クリニック⇒道路横断⇒ローソン大津堅田駅西店の奥です。

※4月4日(水)の午前中に、堅田駅東口→浮御堂周辺→天神川緑地→衣川台→堅田駅西口(山の手)と、桜を訪ね歩いてきました。今回が最終回です。

※掲載内容・・・堅田駅おとせの浜伊豆神社十六夜公園・堅田港祥瑞寺天神川衣川4社(稲荷神社・梅宮神社・鞍掛神社・衣川天満宮)・大友桜

 

Cherry blossoms at Otomo Zakura park(Honkatata 6chome-42,Otsu city,Shiga prefecture,Japan).

“Otomo Zakura”: When the Otomo Kuronushi(※)who was a head of Shiga  area, died after being injured in Katata, he stuck the cane which he had on the ground.It is a legend that roots grew and became a cherry tree.The name of Otomo Zakura can be confirmed from the Edo era(1603-1867), there is also a story that here was a villa trace of Otomo Kuronushi.

Another name “Sakura Hime Duka”: There was a girl named “Sakura Hime”(cherry princess) in Otomo family, the castle owner here.She died young.People built a mound sorrowfully and planted a cherry tree.In legend,cherry tree had not bloomed at all, like grieving the death of the princess.

Ōtomo no Kuronushi (大友 黒主) was a Japanese poet, one of the Rokkasen, the “Six Poetic Geniuses” described in the Kokin Wakashū, a classical poetic anthology.(https://en.wikipedia.org/wiki/%C5%8Ctomo_no_Kuronushi

Copyright(c) Jun Kanematsu / junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

 

関連記事

※今回伺えなかった本堅田・今堅田の桜について:浮御堂周辺→居初邸の前から堅田内湖→伊豆神田神社→今堅田の琵琶湖岸→米プラザ前→真野川下流と歩いて撮影した写真を、下記に収録しています。2016年4月12日撮影。

滋賀堅田の桜、一挙大公開!(後編・おとせの浜から真野川まで)