新年の油日神社(滋賀県甲賀市・2018年1月撮影)

湯煙立ち上る油日神社の屋根

油日神社の楼門。
朝日を浴びて雪が溶け始め、屋根の天辺から湯煙(水蒸気)が立ち上っています。


油日神社境内

新年を迎えた油日神社境内。

油日神社は「油の神様」を祀る神社として、古くから厚い信仰を集めてきました。建築の大半は重要文化財になっており、とても美しい境内です。

創祀年代不詳であるが、用明天皇または天武天皇の時代の創建と伝えられる。油日岳の山頂に油の火のような光とともに油日神が降臨したことから「油日」の名がついたと伝えられる。また、聖徳太子が社殿を建立し油日大明神を祀ったとの伝承もある。wikipedia

油日神社

美しい正月飾り。

かけられた手間と伝統美の美しさに、見ていてぐっと引き込まれてしまいました。こんな風景を目にすることができるのは、油日ならでは、です。

この場所は「忍者の会合場所だった?」として、近年よく紹介される場所でもあります。ご存じの通り、滋賀県甲賀市は「甲賀忍者」(Ninjya)の故郷です。

Kōga-ryū⇒https://en.wikipedia.org/wiki/Kōga-ryū
甲賀流⇒https://ja.wikipedia.org/wiki/甲賀流

2017年4月には、日本遺産「忍びの里伊賀・甲賀―リアル忍者を求めて―」(三重県伊賀市・滋賀県甲賀市)の構成要素として、滋賀県甲賀市から油日神社・飯道山・岩尾山などが選ばれています。


油日神社参道
NHKの朝ドラ「わろてんか」のロケ地にもなっている参道です。

◇撮影日:2018年1月4日(木)
◇撮影地:油日神社(滋賀県甲賀市甲賀町油日)
◇photograph of Aburahi Shrine at new year(Koka town,Koka city,Shiga prefecture,Japan).

Copyright(c) Jun Kanematsu / junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

油日神社へ行く路線バスについて(甲賀市コミュニティバス・2018年1月現在)

にほんブログ村 写真ブログ 地域の歴史文化写真へ にほんブログ村

滋賀県ランキング



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)