蓮如上人と、毛糸の帽子2017(滋賀県大津市今堅田・泉福寺)~堅田の冬の風景5

泉福寺の蓮如上人像と毛糸の帽子2017年12月

今堅田の泉福寺に立ち寄ってみました。あの蓮如さんにお会いしたくて。
今年の冬も、素敵な毛糸の帽子を被っておられました。

泉福寺の蓮如上人像と毛糸の帽子2017年12月

私もいくつか毛糸で帽子を編んだことがありますが、頭の大きさに合わせるのが結構難しいものです。

作ってくださったお優しい方、本当にお上手ですね。ありがとうございます!
蓮如さんへ、また来ますね。

泉福寺の蓮如上人像と毛糸の帽子2017年12月

蓮如を匿ったことで焼き討ちに遭った堅田の町 (滋賀県大津市) 【後編】 ~Honkatata/本堅田 358

◇撮影日:2017年12月19日(火)
◇撮影地:泉福寺(真宗大谷派)(滋賀県大津市今堅田一丁目)
◇photograph of the statue of Rennyo with wool hat at Senpuku-ji temple(Imakatata,Otsu city,Shiga prefecture,Japan).

↓バックナンバーより、蓮如さんの写真を再掲↓

蓮如上人と、毛糸の帽子
蓮如上人と、毛糸の帽子 ~Imakatata/今堅田 086 2010年1月9日撮影。

今堅田の泉福寺。堅田は、親鸞の直系である蓮如と縁の深い土地です。
蓮如上人像の”頭”が気になって近づいたら・・・。 ( 写真を御覧下さい )
「蓮如さん、お寒いやろうね。これでもかぶって。」
そんな風に想像したら、昔話の”かさこ地蔵”の物語を思いだしました。
毛糸の色が合っていて、すごくいいですね。

今堅田(いまかたた)の町には、きっと優しい人が住んでいるのでしょう。堅田は町を挙げて蓮如を匿った歴史があり、蓮如に対する信仰の厚い土地です。

泉福寺の蓮如上人像と毛糸の帽子
今堅田、琵琶湖畔の静かなお正月の風景 2017年1月1日撮影。

泉福寺の蓮如上人像。冬に見かけるときは、いつも毛糸の帽子を被っている素敵な蓮如さんです。


堅田と蓮如

室町時代の浄土真宗の僧である蓮如は、比叡山延暦寺から仏敵と迫害され、京都の本願寺を離れて堅田に滞在した時期があります(1465年~)。

本堅田の本福寺が後ろ盾になって蓮如を支えました。ゆえに本福寺は本願寺旧跡とも呼ばれます。

蓮如を匿ったことで、堅田は延暦寺の衆徒によって焼き討ちされますが、町を挙げて蓮如を守り抜きました。1468年、堅田大責(かたたおおぜめ)と呼ばれる歴史上の事件です。

この年、蓮如は堅田をあきらめ北陸へと向かうことになります。堅田の人たちは琵琶湖の沖島に逃げ、数年後に延暦寺と和解して再び堅田に戻ってきます。そして蓮如に対する深い信仰が、この地に残されました。

堅田大責については、黒幕が室町幕府だったり色々と興味深い話があります。

This is the statue of Rennyo in Senpuku-ji temple in Katata,Japan.
”Rennyo (蓮如) (1415-1499) was the 8th Monshu, or head-priest, of the Jōdo Shinshū sect of Buddhism, and descendant of founder Shinran”. (http://en.wikipedia.org/wiki/Rennyo)
Katata has the history which protected Rennyo, and is a religious town to Rennyo.

Enryaku-ji temple considered that Rennyo and his temple Hongan-ji (in Kyoto) the enemies of the Buddha, and Enryaku-ji temple oppressed them. Hongan-ji temple was destroyed and he led the life as a fugitive.He stayed at Honpuku-ji temple in Honkatata and waited for the time of revival in 1467. Enryaku-ji temple attacked Katata with the large force in 1468 (it is called Katata Ozeme). He gave up making Katata into headquarters. It is because Katata was close to Enryaku-ji temple.In April, 1471, he went to Echizen Yosizaki which was a still more distant place from Kyoto.

 

当ブログ(Katata/堅田)は、2017年12月27日に開設10周年を迎えます。
最初の一枚の撮影地となった琵琶湖畔を中心に、堅田の美しい風景をたくさん撮影してきました。数回にわたって掲載しています。

Copyright(c) Jun Kanematsu / junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

にほんブログ村 写真ブログ 地域の歴史文化写真へ にほんブログ村

滋賀県ランキング



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)