写真ブログKatata/堅田、開設10周年を迎えました!

福聚院前のお地蔵さん

当ブログ(Katata/堅田)は本日開設10周年となりました!今回の記事でちょうど7001記事目となります。

なかなか堅田に来ることができない時期もありますが、現在も湖西線に乗って外から通って撮っています。 

 

ブログを始めたきっかけ

2006年のお正月に浮御堂を訪ねたのがきっかけで、時々堅田に来て写真を撮っていました。おとせの浜の美しさに魅せられて、約2年後の2007年12月27日に、日めくりカレンダーのように写真を載せて始まったのがこのブログです。

当初は無料ブログを使っていましたが、その後独自ドメイン(katata.info)を取得してワードプレスで運営し、おかげさまで今日に至ります。

 

この10年のハプニング

無料ブログ時代の2011年3月、東日本大震災の避難者名簿の情報を載せたところ、規約違反のアフィリエイトサイトと間違えられ(外部リンクが多かったため)、一時は閲覧もログインもできなくなったことがありました。

そのため、2011年3月末にこのブログから東日本大震災の記事だけを「東日本大震災・避難情報&支援情報サイト」に移動・独立させるというハプニングを経験しました。(当初は確か「東日本大震災の避難者名簿情報」のようなブログ名でした。)

2014年以降はキュレーションサイト等による盗用(文章・写真とも)を経験し、このブログに体験談や予防策を載せたりしています。2016年12月のキュレーションサイト報道時には報道機関から取材が来たこともありました。

どれも思いもよらないことばかりで、人生はやってみないと分からないものですね。

 

素敵な出会い

他方でこのブログがきっかけで、葵祭前儀「献撰供御人行列」を2009年から撮影させていただく機会に恵まれました。

お声かけいただいた堅田の皆さま、メッセージを送ってくださった堅田出身の皆さま、本当にありがとうございます!

そういえば堅田内湖が「かや」と呼ばれていた理由についての記事は、堅田出身の方が送ってくださったメッセージが元で生まれました。

ラヴェストというマンションの隣にある堅田かや児童公園の由来もおそらくここから来ているのだろうと・・・思いもよらない郷土史との出逢いでもありました。

 

この10年の堅田の移り変わり

この10年の間には堅田の町並みも少しずつ変わりました。

特にこの数年、湖岸の本堅田では次々に町家が無くなり、12月19日に訪ねた時には、浮御堂の傍の路地で一軒が更地になっていました。さみしい限りです。

堅田駅山の手では大規模な再開発が進んでいます。その変遷をできる限り記録していきたいと思っています。

今回の写真は、堅田漁港の前にある福聚院(福聚禅院)さんの前で撮影しました。これからもずっとこんな何気ない風景を撮っていきたいです。

 

◇撮影日:2017年9月9日(土)
◇撮影地:福聚院(滋賀県大津市本堅田2丁目)
◇photograph of Jizo at Fukujyu-in zen temple(Honkata,Otsu,Shiga,Japan).

Copyright(c) Jun Kanematsu / junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

にほんブログ村 写真ブログ 地域の歴史文化写真へ にほんブログ村

滋賀県ランキング



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)