紅葉の西行庵へ(吉野山・奥千本を歩く)―ただいま奈良の秋を撮影中(11)

西行庵と大峯山へ続く山道

西行庵へ続く山道を行く。世界遺産となっている吉野山(奈良県吉野郡吉野町)にて。
ここまで来るのに、京都から近鉄に乗って約2時間(急行利用)+徒歩とバスで約1時間。滋賀の自宅と京都間の電車を含むと、さらに40分かかっている。

西行庵・大峯山分岐点

大峯山(山上ヶ岳)との分岐点。右へ進んだが、実は左へ行っても西行庵に行ける。山上ヶ岳は女人禁制の山なので、一人で迷いこまないかドキドキする。偶然出会った同好の士が5人もいて(筆者を含めて全て女性)、なんとなく連れ立って西行庵へ。


西行庵分岐点
石碑のところから石段を下りていく。よく「一人で怖くないか」と聞かれますが、「ええ、怖いです」(←あんまり聞かないで)。

以前に、前職で仕事の面接後に担当者から電話で付き纏いを受けたり、知人男性に勘違いでひどく怒鳴られたことが重なって、怖くて外出できなかった時期があった(初めて書く話)。山を歩くのはその反動というか、リハビリみたいなものかもしれない。

だけど、連れ立つ誰かがいなければ行けないとなると、いつまで経ってもどこにも行けないから、行けそうな所は行ってみることにしている。

ちなみに最近怖いのは・・・撮影で時々行く比叡山行者道のイノシシ(逢ったことはないけれど)。

もちろん無理はしない、安全確保が大前提。そうやって、出会える景色がある。

紅葉と西行庵へ続く山道
石段を下りていくと、一面の紅葉が広がっていた。さらに下っていくと・・・

西行庵と紅葉
西行庵案内板

西行庵:歌人の西行法師が3年間侘住まいをしたと伝わる庵。紅葉が見事。

足が痛いと言って登山は控えている母や、だいぶ前に亡くなった祖母に見せてあげたいと思いながら、写真を撮っていた。ブログ読者のみなさまにも。


西行庵への地図

撮影地:吉野山(奈良県吉野郡吉野町)、撮影日:2017年11月10日(金)

Photograph of Yoshino and Saigyoan(Yoshino,Nara prefecture,Japan).
Copyright(c)Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)


奈良の秋
(10)壷阪寺(南法華寺)の紅葉
(9) 長谷寺の紅葉
(8) 室生寺の紅葉
(7) 談山神社の紅葉
(6) 正暦寺の紅葉
(5) 飛鳥を歩く(付録:明日香村の散策地図)
(4) 信貴山 朝護孫子寺
(3) 若草山ゲート前でお昼寝中の鹿
(2) 法輪寺三重塔と柿の木(付記:法隆寺と写真撮影)
(1) 法起寺三重塔とコスモス畑

奈良・柳生街道(滝坂の道)から春日山、若草山を歩く
(1)浮見堂から朝日観音まで
(2)首切地蔵と春日山石窟仏
(3)奈良奥山ドライブウェイから若草山山頂

山の辺の道・北コースを歩く
(1)円照寺から正暦寺まで
(2)正暦寺参道から弘仁寺、白川ダムまで(&浮御堂のそっくりさん)
(3)天理の山中から石上神宮まで(コース地図付き)

山の辺の道・南コースを歩く(桜井~天理)
※この秋撮影しているので、またぼちぼち掲載します。

にほんブログ村 写真ブログ 地域の歴史文化写真へ にほんブログ村

滋賀県ランキング



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)