ある里山の半年:稲荷神社の鳥居が新しくなって秋を迎えるまで(滋賀県大津市衣川)

稲荷神社

2017年3月3日、「稲荷神社」のそばを通りました。JR湖西線のおごと温泉駅から堅田駅の間にある、小さなお社です。衣川廃寺跡の隣で、湖西線の線路脇にあります。

そばを通ってすぐに感じた違和感。あれ?何か違うぞ。そうです、真ん中の鳥居が無くなっていたのです。このとき、鳥居は2本建っていました。

稲荷神社


稲荷神社

2日後・・・(2017年3月5日)、鳥居が1本に・・・

近くの「梅宮神社」で節句祭があったので、稲荷神社の鳥居の様子を見に来てみたところ…手前の鳥居も無くなっていたのでした!

どうやら、老朽化に伴う危険を考慮して、古い鳥居が2本撤去されたようです。

それからしばらくして、JR湖西線の車窓から見ると、新しい鳥居が建っているではありませんか!これは行かねば!!(と思いつつ、暑い夏でなかなか伺えませんでした。)


稲荷神社

2017年9月9日、衣川廃寺跡(国の史跡)から稲荷神社へ。JR湖西線の線路と、新しい鳥居が見えていますね!

稲荷神社

よかった!3本揃った鳥居です。

線路の方を見やると・・・

稲荷神社と三上山

いつものように三上山(近江富士)。三上山の前に広がるのは琵琶湖湖西(滋賀県西部)らしい風景です。衣川の集落はちょうど稲刈りの時期でした。

 

稲荷神社の地図:衣川廃寺跡の隣です。梅宮神社からも行けます。

線路の反対側から、稲荷神社の方向を見ると・・・↓

黄金色の田んぼ

見事な黄金色の田んぼが広がっていました。右側のフェンスの奥にある建物が稲荷神社の社務所です。

奇しくもちょうどこの日が稲刈りでした。行っても稲刈りが終わっていたり、この数年撮りに行けなかったりして、今年ようやくタイミングが合った、大津市衣川(きぬがわ)の「黄金色の田んぼ」です。

確か最初にこの黄金色の風景を見たのは、10年近く前でした。また同じ風景に出会えてよかったと、ほっとした秋の日でした。

 

ある里山の半年:稲荷神社の鳥居が新しくなって秋を迎えるまで、をお送りしました。

 

撮影日:2017年3月3日(金)・3月5日(日)・9月9日(土)
Inari shrine and golden rice field(Kinugawa,Otsu city,Shiga prefecture,Japan).

Copyright(c) Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

 

関連記事(2017年9月・同3月・2016年3月)

堅田駅西口から歩く:堅田変電所、小道と天神川の大イチョウ、美しい衣川の田園風景(滋賀県大津市本堅田6丁目・衣川2丁目・衣川1丁目)

子授け・安産・縁結びの神様、梅宮神社の節句祭(滋賀県大津市衣川・2017年3月撮影)

稲荷神社とJR湖西線、三上山の見える風景(滋賀県大津市衣川)

国指定史跡「衣川廃寺跡」(滋賀県大津市衣川)

 

にほんブログ村 写真ブログ 地域の歴史文化写真へ にほんブログ村

滋賀県ランキング



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)