【画像無断利用から作品を守ろう!】COPYTRACKに登録してみました(1)日本語での登録方法

ブログやSNSに掲載した写真が無断で使われて、困惑した経験を持つ方は結構多いのではないでしょうか。相手が商用サイトだったり、削除要請しても返事がない状態だったりすると、対応に時間がかかるうえに、精神的に後からどっとくる来る疲れ方をします。

私は写真家として活動していますが、法律が専門だったこともあり、ほとんど一人で処理してきました。

けれど・・・著作権侵害に伴う事務作業はエネルギーを消耗させるだけで、傍目にも(夜遅くや休日まで)何をやっているのか分かりにくく、人を孤独にしがちです。「長期的に」一人でやることではないと感じていました。

そんなところへ耳にしたのが、COPYTRACKの話でした。

 

外国では、画像の無断利用を自動検索し、料金回収代行までやってくれるサービスが登場しています。COPYTRACKというドイツの会社のサービスで、今年になって日本語にも対応しました。東京にオフィスがあり、日本のスタッフの方がおられます。

ホームページを見たところ、想定しているのはセミプロカメラマン・プロカメラマン・eコマースベンダー・出版社・新聞社・フォトエージェンシーとのことです。実際はイラストレーターさんも利用されています。

日本で展開されるサービス内容は、回収に成功した場合は回収代金の30%がCOPYTRACKへの報酬となり、70%が請求者に帰属する内容です(注:裁判になった場合は50%、2017年10月現在)。

 

今年になってアサヒカメラや写真家団体でも取り上げられ、秋ごろからはツイッターでも盛んに話題になっています。実際にCOPYTRACKを使っているフォトグラファーやイラストレーターへのインタビュー記事を読み、思い切って登録してみることにしました。

おそらく、費用面(海外送金の手数料)や法律面(日本の法律との兼ね合い)で、総合的に判断しかねている方がおられると思うので、一つの参考になればと思って書きました。私自身も現在進行形なので、気が付いたことがあれば追記か続きを書きます。

日本語での登録方法で迷ったところ、悩んだところを中心にまとめてあります。参考にさせていただいた方々の記事も最後に掲載しました。

 

登録

https://www.copytrack.com/jaから登録できます。漢字で入力できました。Teamの箇所には事務所名を記入しましたが、空白でも構わないし、後から変更できます。
copytrack-01

登録したメールアドレスに確認メールが届きます。メールの文中にある確認のリンクをクリックして、登録メールアドレスの有効化を行ってください。

 

管理画面

初期画面は英語です。国旗のマークをクリックすると、日本語を選択できます。ドイツ語、フランス語、中国語もありました(2017年10月現在)。

copytrack-02

以下、管理画面で特徴的なところ・悩みそうなところを中心に掲載します。

copytrack-03

 

「お支払先住所」の箇所にある「銀行口座情報」

copytrack-04

copytrack-05

おそらく、ここで悩む方が多いかもしれない…と思って書いています。回収された代金は、ドイツからのユーロ送金になります。そのため、海外送金に自前で対応している銀行口座の登録が必要です。

COPYTRACKの日本オフィスに直接問い合わせたのですが、ゆうちょ銀行のように、必ず海外の中継銀行を経由する銀行(中継銀行の記載が必須の銀行は登録できないとのことです。

なお、海外送金に必要な記載事項については、住信SBIネット銀行が参考になります。

そして、海外からの送金の場合、手数料が数千円単位でかかる銀行がほとんどです。これを考えると、登録を迷う場合が出てくると感じました。

皆さんお使いの銀行があると思うのですが、その銀行のホームページで、海外送金の手数料を調べてみてください。

外国送金手数料|スルガ銀行

一例としてスルガ銀行のページを挙げています。ここに書かれている「被仕向送金手数料」(ひ しむけ そうきんてすうりょう)や、場合によっては「外貨取扱手数料」などがかかります。

海外送金手数料を抑えたいなら、海外送金手数料を原則ゼロにしている新生銀行に口座を作るのも一つの方法かと・・・。ちなみに新生銀行は登録できるとのことです。

銀行のSwiftコードは海外送金の際に必要となる情報で、「銀行名 Swiftコード」でケイン作すると、その銀行のホームページに載っているのが確認できます。

2017/10/28追記:COPYTRACKでの算定金額は、写真一枚当たり数万円になることが大半なので、当面は海外送金手数料を深刻に考えなくてもいいかもしれません。

 

ホワイトリスト

ホワイトリストの登録ができます。自分のブログのドメイン名、日本で写真を預けている会社名などを記載しておきます。

copytrack-06

 

copytrack-07

エージェンシー

海外のストックフォト会社に登録している方は、ここで該当する会社にチェックを入れておきます。この他にもGetty ImagesやFotoliaなどがリストに挙がっていました。

copytrack-08

 

筆者の場合は日本の代理店と契約しているので、この記載になります。

copytrack-09

 

画像のアップロード方法

無断利用されているか確認したい画像を、判定用にアップロードする必要があります。高解像度である必要はなく、大きさは600ピクセル×600ピクセル以上、10MB以下であればOKです。基準に合わない場合はエラーが出てどうしたらいいか教えてくれます。

管理画面の「インポート」から「データソースを選ぶ」で、右側のアップローダーをクリック。

copytrack-10

「ターゲットコレクション」で、名前と詳細を入力。フォルダごとに分類するような感じです。

copytrack-11

後は画像を追加するだけです。なお標準では最大1000枚まで登録できます。1000枚を超える登録をしたい場合は申請すれば追加できます。

copytrack-12

実際にアップロードしているところです。海外の世界遺産を掲載した2010年のブログ記事を中心に、試験的にアップロードしてみました。

copytrack-13

 

参考記事リスト

画像不正利用に対する作業請負人 COPYTRACK が凄い

画像の無断転載に泣き寝入りする時代は終わりました。ドイツの無料サービスCOPYTRACKで訴訟・料金回収まで代行。

お天道様は見ています(ウエディングフォトグラファーdapandaさん)

フォトグラファー黒田明臣さんへのインタビュー

イラストレーターのオオスキトモコさん(@cafe_petit) による解説記事です。
【勝手に連載】「COPYTRACKの使い方」シリーズ

Twitter(検索フィルターcopytrack)

非弁行為か?

追記:10/24に「ねとらぼ」でも取り上げられました。非弁行為についても言及あり。


追記

10/28追記:当初のタイトル(下記)から改題しました。
【作品を守ろう!】画像の無断利用を自動検索~料金回収代行まで行うCOPYTRACKに登録してみました(日本語での登録方法)

10/31追記

COPYTRACK社のFacebook(2017/10/30)で当記事をご紹介いただきました!

風景写真家・兼松純さんのブログでご紹介頂きました!【作品を守ろう!】画像の無断利用を自動検索~料金回収代行まで行うCOPYTRACKに登録してみました(日本語での登録方法)

 

当記事の続編です(10/29公開)

【画像無断利用から作品を守ろう!】COPYTRACKに登録してみました(2)使い方と請求の実際

 

にほんブログ村 写真ブログ 地域の歴史文化写真へ にほんブログ村

滋賀県ランキング



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)