初めてのワードプレス(18)入れておくといい基本的プラグイン20選

堅田保育園の先生の作品(内湖大橋の上から)2011年9月

ワードプレスを使うに当たり、入れておくといい基本的プラグインをまとめてみました。特にセキュリティに関しては、これだけ網羅していれば初心者の方でも安心です。

日本語環境では必須のプラグインから、ワードプレス固有の問題に対処するプラグイン、テーマによってはカバーされていない機能を補ってくれるものまで、幅広く選んでみました。実際に筆者が使っているものばかりです。

著作権保護の項目は、どちらかというと写真ブログ向けの構成かもしれません。

 

写真:「歩くと見えてくる、優しい風景」(2011年9月掲載)より、「堅田保育園の先生の作品(内湖大橋の上から)2011年9月」、撮影地:滋賀県大津市本堅田

 

目次
1.日本語環境
2.セキュリティ
3.メンテナンス中表示/バックアップ/サイトマップ
4.著作権保護
5.WordPress固有の事象に対処
6.機能拡張
7.高速化

 

1.日本語環境

WP Multibyte Patch

WordPressを日本語環境で正しく動作させるために必要な機能を網羅したプラグイン。WordPressに最初から入っていることが多いプラグイン(※)です。

Multibyte Patchは単に「有効化」すればOKです。

※他のプラグインHello Dollyは削除しても構いませんが、Akismet(アンチスパム)とWP Multibyte Patchは削除せずに有効化して下さい。

wp-plugin-1

 

2.セキュリティ

Edit Author Slug

WordPressのログイン時に使う「ユーザー名」。実はそのままの設定では外部から簡単に分かってしまいます。

不正アクセスを防止するために、「投稿者名」と「author」を変更してユーザー名以外のニックネーム表示をしてくれるのが「Edit Author Slung」です。設定方法はリンク先記事をご参照下さい。

wp-plugin-2

Jetpack by WordPress.com

総当たり攻撃からの保護、httpサイトでもWordPress.com経由でのSSLでのログインと二段階認証を提供してくれるほか、サーバーが落ちたときには通知してくれます。

他にも、アクセス統計・関連記事の表示・問い合わせフォーム設置・写真ギャラリー作成・SNSへの自動投稿機能などを持つ、高機能プラグインです。詳細はリンク先記事をご参照下さい。

wp-plugin-3

Akismet Anti-Spam (アンチスパム)

スパムコメントを防ぐためのプラグインで、WordPressに最初から入っているプラグインの一つです。Akismetを使用するにはWordPress.comとの連携API キーが必要となります。設定方法はリンク先記事をご参照下さい。

wp-plugin-4

Throws SPAM Away

日本語以外のコメントを受け付けないようにするプラグインです。海外からの広告や外国からの怪しいリンク付きコメント(スパムコメント)を遮断してくれます。作者は日本の方なので、設定は日本語で分かりやすいです。

WordPressサイトは結構海外からスパムが来るので、入れておくことをお勧めします(その代わり、本当に用事のある人はメールフォームやSNSからメッセージを送ってくれますので、メールフォームは設置しておいたほうがいいです)。

wp-plugin-5

 

3.メンテナンス中表示/バックアップ/サイトマップ

3-1.メンテナンス中表示
Coming Soon Page & Maintenance Mode by SeedProd

サイト作成前やテーマ編集中などで「近日公開」「メンテナンス中」の表示にしておきたい場合に使えます。

40万件以上の利用者を誇る上に、最新バージョンのWordPressに対応しているという、メンテナンス中表示系では数少ない貴重なプラグインです。設定方法や作成例は、リンク先記事をご参照下さい。

wp-plugin-6

3-2.バックアップ:WP-DBManager

ワードプレスのデータベースをバックアップしてくれるプラグインです。
バックアップはサーバー内に置かれるほか、メールの添付ファイルにして送ってくれます。

wp-plugin-7

3-3.サイトマップ:PS Auto Sitemap

訪問者用のサイトマップを作成してくれるプラグインです。

有効化した後に日本語で指示が出るので、指示に従って固定ページを作ってPS Auto Sitemapのソースを張り付ければ、サイトマップが簡単にできます。

一度作成すると、記事を更新するたびに自動的に追加してくれます。
作成例:当ブログのサイトマップ⇒https://katata.info/auto-sitemap/

wp-plugin-8

 

4.著作権保護

Content Copy Protection & Prevent Image Save

右クリック一律禁止のプラグインが大半の中で、テキスト(文章)と画像を分けて設定できるプラグインです。

他の盗用防止系のプラグインと併用しても干渉しません。
右クリックを一律禁止することなく、画像の右クリックには警告を出すといった設定もできます。設定方法はリンク先記事をご参照下さい。

wp-plugin-9

TG Copy Protection

右クリック禁止の内容を段階的に設定できるプラグインです。

画像文章問わず一律禁止にしたいなら、このプラグインだけでOKです。

Content Copy Protection & Prevent Image Saveと併用して使うと、単語を選択して検索することはできるけれども、コピーしようとすると空白がコピーされるという微妙な状態を作りだすことができます。

設定方法はリンク先記事をご参照下さい。

wp-plugin-10

WebSub/PubSubHubbub

サイトを更新した後、検索エンジンにインデックスされるようにしてくれます。
他のコピーサイトが先にインデックスしてしまうのを防ぎ、オリジナルサイトを守ります。有効化するだけでOKです。

wp-plugin-11

 

5.WordPress固有の事象に対処

Optimize Database after Deleting Revisions

WordPressでは投稿を書き直すたびに、リビジョンと呼ばれる前の状態が自動保存されていきます。このリビジョンを削除した後、データベースを最適化してくれるプラグインです。

リビジョンの数は0に指定する(=一切保存しない)こともできます。週に一度、自動的にリビジョンを削除しデータベースを最適化といった設定も可能です。

wp-plugin-12

Category Order and Taxonomy Terms Order

カテゴリーの並び替え自由にできるプラグインです。

たとえばカテゴリー別のバックナンバーや、訪問者向けのサイトマップを作る際、カテゴリーの並び替えをしたくなるものですが、WordPressではなぜか自由にできません。そこで、このプラグインを使って並び替えをしています。

有効化した後、設定画面でカテゴリー名をドラッグ操作で移動させるだけでよく、感覚的に使えるプラグインです。

wp-plugin-13

 

6.機能拡張

テーマによってはカバーされていたり、いなかったり・・・。あると便利な機能です。

Pz-LinkCard

ブログカードを作成してくれるプラグインです。↓こんな感じに作れます。

写真ブログの画像だけMixHostから別サーバー(スターサーバー)に移してみました
2017年9月4日(月)の午後より、画像だけを別サーバーに切り替えて運用中です。写真の読み込み速度はいかがでしょうか? 2007年12月に開設した当ブログ、今までに4600枚を超える画像(チラシ・キャプチャー含む)を掲載しています。2017年に入ったころからサイト表示が目に見えて遅くなったため、(特に画像を)エ...

ブログカードはWordPress標準の機能にも付いているのですが、やたら大きかったり、AMP化したページ(モバイル向け高速ページ)ではレイアウトが崩れてエラーになったりしていました。そこで、Pz-LinkCardを使っています。

wp-plugin-14

 

Wp-Insert

Google Analytics のコードが貼れたり、記事中に広告の貼り付けが簡単にできるプラグインです。ページごとに広告の除外を設定することもできます。

wp-plugin-15

AMP for WP – Accelerated Mobile Pages

AMP化(モバイル向け高速ページの作成)を自動的に行ってくれるプラグインです。レイアウトを設定したり、広告コードを貼ったりすることもできます。

作成例:当ブログのAMP(※PC・タブレットでも見れます)⇒https://katata.info/amp

wp-plugin-16

Google XML Sitemaps

XMLサイトマップ(検索エンジン(Google等)のクローラー(ロボット)が読める形のサイト全体図)を自動的に作成してくれるプラグインです。

日本語に対応していて、書き出した項目にエラーが出ることもありません。WordPress移行後ずっと使用しています。

wp-plugin-17

All In One SEO Pack

検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)のために必要な機能を集約したプラグインです。

 

wp-plugin-18

 

7.高速化

サイトを運営してしばらく経つと、サイト高速化のためにソースの改善やキャッシュ系のプラグインが気になりだします。

ところが、ソース改善やキャッシュ系のプラグインは、使用中のテーマやプラグインと干渉したり、削除(アンインストール)の際にエラーを起こすことがあるため、注意が必要です。

どんなサイトでも使えて、更新が続けられており(現在使っているワードプレスのバージョンに合う)、削除しても安全で、かつ他のプラグインとの干渉が少ないものをご紹介しています。

Autoptimize

ウェブサイトを最適化し、CSS コードと JavaScript コードを連結し圧縮してくれます。導入するだけで一定の効果があります。

ソースの改善やキャッシュを作成するプラグインは他にもありますが、例えば筆者の場合、Head Cleanerというプラグインを使うと、今使っているテーマと合わない(ナビとフッターの色が変わる)ということがありました。

Autoptimizeにはそういったトラブルがありません。また、他の高速化プラグイン(WP Super Cache、Zedna WP Image Lazy Load)と干渉したこともありません。

wp-plugin-19

Zedna WP Image Lazy Load

画像の遅延読み込みをしてくれます。

ブログカードのレイアウトが崩れたりすることもなく、他の高速化プラグインと干渉することもありません。設定はシンプルです。

筆者の場合、a3 Lazy Loadではブログカードのレイアウトが表示されないため削除し、Zedna WP Image Lazy Loadを使い始めた経緯があります。

wp-plugin-20

 


次回(第19回)は、再び.htaccessを取り上げます。
サーバーでできる圧縮とキャッシュの設定、ログイン画面等にアクセス制限をかける方法を掲載予定です。


◆初めてのワードプレス(全20回)目次

1)独自ドメイン取得
2)レンタルサーバーの選び方(必要な条件やスペックを考えてみた)

3)サーバーを借りた後、何をどうすればいいか(手順)
4)WordPressをインストールする

5)Edit Author Slugでユーザー名を非表示にする
6)メンテナンス中表示にするComing Soon Page & Maintenance Mode by SeedProd

7)高機能プラグインJetpackの設定方法
8)Akismet Anti-Spamの設定とAPIキー取得方法

9)ワードプレスの設定とテーマの変更・カスタマイズ
10).htaccess/TeraPad/FTPソフト

11)WordPressをドメイン直下に表示する方法
12)固定ページの作り方/レイアウト/メニュー表示(問い合わせページを例に)

13)WordPressを使った写真ブログの作り方
14)訪問者に配慮しつつ画像文章の盗用対策になるプラグイン3選

15)画像の直リンク禁止と自動コピーサイト作成阻止法(.htaccessで出来る盗用対策)
16)検索に表示したくない画像がある場合の対処法(robots.txtの作成と設置方法)

17)検索エンジンに登録する方法(XMLサイトマップとGoogle Search Console活用法)
18)入れておくといい基本的プラグイン20選(今回)

19)圧縮とキャッシュの設定、ログイン画面にアクセス制限をする(.htaccessで出来るSEOとセキュリティ対策)

20)今後の注意点6選(更新・PHPバージョン・バックアップ・パーミッション変更・WordPressの基本形・データベース接続確立エラー)

 

◆番外編(画像4600枚超える写真ブログ、10年目の試行錯誤)

写真ブログの画像だけMixHostから別サーバー(スターサーバー)に移してみました(2017/9/5)

スターサーバーで無料の独自SSLを設定した手順(ネットオウル提供のサブドメインでも可能)(2017/9/5)

レンタルサーバーの話(2017年夏):ロリポップ!無料独自SSL対応、エックスサーバーSSD採用、そしてスターサーバー統合(2017/8/11)

写真サイトに使えそうな新しい独自ドメインが次々登場~.camera.photoから.studioまで(2017/7/3)

10年続く写真ブログ、サーバーをファイアバードからmixhostへお試し移転中です(2017/6/30)

 

◆無料ブログからワードプレスへの移転(無料ブログ側の設定)

無料ブログからWordPressへの確実な引越し~リダイレクトできない無料ブログで行った3つのこと

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)