暑い日は茶粥がいいよ

茶粥の作り方-1

7月に入って急に暑くなりましたね。食欲が落ちている、自炊がしんどいとき向けに、簡単にできる茶粥のご紹介です。

冷やごはんにお湯を入れて柔らかくします。

ごはんが柔らかくなったらお湯は捨てて下さい。


茶粥の作り方-2

柔らかくなったご飯に緑茶を注ぎます。

温かいお茶を使ったほうが胃にやさしく、ほっとした味になります。


茶粥の作り方-3

お好みで梅干し、わさび昆布などを入れるとおいしいですよ。食が進みます。

茶粥の作り方-4

今回入れたのは、「梅ちりめん」と「豚肉みそ」。どちらも地元の生協で購入しました。

うちはガスでご飯を炊いているので、どうしても冷やごはんが残ってしまいます。

春秋冬だと一晩置いても翌日のお昼までふっくらおいしくいただけるのですが、夏場は冷蔵庫にいれるしかなくて、どうしたもんかなと思っていたら母が教えてくれた秘策です。

これに合うおかずはですね、豚肉のしゃぶしゃぶです。鍋にお湯を沸かして、切ったねぎを放り込んで、冷凍の豚肉スライスをさっと(数分)しゃぶしゃぶして、特製ソースにつけて食べると絶品です。ソースはマヨネーズにおみそを少々加えて出来上がりです。

切ったトマトやキュウリ、あとはわかめ(サラダ用で簡単に水戻しできるもの)を添えると夕食の立派な一品になりますよ。


ごちそうさまでした-1

ごちそうさまでした。

ちなみにこのお茶碗は信楽焼で、猫の絵柄の部分だけ一点ものです。2010年の春に一目ぼれして買いました。学生でも買えた値段で、確か1500円位でした。

同じようなお茶碗(猫の絵柄が微妙に違うもの)が、信楽高原鉄道の信楽駅構内の売店で、今も売っていますよ。今年春の信楽陶器市のときに同じお店で目にしました。

ごちそうさまでした-2

それではまた。

にほんブログ村 写真ブログ 地域の歴史文化写真へ にほんブログ村

滋賀県ランキング



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)