10年続く写真ブログ、サーバーをファイアバードからmixhostへお試し移転中です

矢田寺のお地蔵さんとアジサイ

6月28日夕方より順次、当ブログと事務所ホームページのサーバーをmixhostへ移転させています。SSDを使用した高速サーバーで、今話題になっているサーバーです。

写真サイトを運営している人なら悩むのが、サーバーの保存容量と表示スピードの問題です。最近はスマホからのアクセスが多くなり、サイト表示のスピードも考えなくではならなくなってきました。容量と速度のどちらをとるか、悩ましい問題です。

1.表示速度の問題(高速化)

2007年の暮れに容量1GBの無料ブログでスタートした当ブログですが、2年前に独自ドメイン(katata.info)を取得し、ファイアバードというサーバーで運営してきました。

ファイアバードは容量が100GBあり、費用は1ヶ月当たり500円程度です。トラブルもほとんどなく、安定したいいサーバーなんですが、なんせ10年分の写真が詰まっているので最近はどうしても速度が遅くなり、色んな対策を講じてきました。

今回、mixhostの無料お試し期間が30日間あるというので、高速サーバーを試してみることにしました。(プラン画像はhttps://mixhost.jp/より)

 

mixhost-trial-1

 

以下、ご参考までに。

容量10GBの「エコノミー」プランを使用中ですが、当ブログの場合は1.97GBでした。これに事務所ホームページ(写真サイト併設)を含めると2.4GBになりました。

mixhost-trial-2

MySQLはWordpressでサイトを作る場合のデータベースです。その容量も微々たるものでした。これなら、個人で2、3サイトは大丈夫ですね。

 

mixhostの「エコノミー」プランは閲覧数50万PV/月(https://support.mixhost.jp/777)、転送量は30GB/日(https://support.mixhost.jp/97)が目安とのことなので、しばらくこれでいってみようと思っています。

ありがたいのは、サーバーの引っ越しをせずにプランの上げ下げができること、それも日割り計算で対応してもらえる点です。これなら今後の変化にも対応できます。

従来はプラン変更するときは、同じレンタルサーバー会社でもサーバーを借り直して、また延々とデータを入れ直さなければならないことがほとんどでした。

 

2.SSLへの対応(サイトのhttps化)

ファイアバードからの移転を考えたもう一つの理由は、独自ドメインの無料SSL化への対応です。現段階で対応しているのは、mixhostとエックスサーバーぐらいではないでしょうか。

最近は非SSLのサイト(httpで始まるサイト)は、ブラウザーで警告が出るようになってきています。

当サイトの場合は↓こんな感じで、「この接続は安全ではありません」と出ます。知らずに見ると怖いですね・・・

mixhost-trial-3

ちなみに、SSLに対応しているサイト(httpsで始まるサイト)は、↓こんな感じです。

mixhost-trial-4

SSLの証明書はドメインごとに最低でも年間1万円近くかかるのが通例で、個人で複数ドメインを持っていることもあり、証明書の取得には二の足を踏んでいました。

ファイアバードも独自ドメインの無料SSL化を検討しているというアナウンスが2016年5月に出ましたが、その後公式発表がありません。時期を考えると、今年の秋くらいまでには対応させたいので、近く当ブログと事務所ホームページをSSL化する予定です。

変更したらこのブログでお知らせします。

追記:7月20日にSSL対応しました。サイトURLがhttps://katata.infoとなりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)