雪の近江鉄道1・八日市駅(2017年2月12日撮影・滋賀県東近江市)

雪の近江鉄道八日市駅

先日の日曜日、雪の中を湖東(滋賀県東部)の撮影に行ってきました。

ちなみに、この日は滋賀県南部の大津市・草津市は晴れで、雪は残っていませんでした。野洲市を過ぎるとしぐれて、近江八幡市に入ると一面の雪でした。近江八幡駅で近江鉄道に乗り換えて、八日市駅まで向かいました。

本当はこの先にある滋賀県東近江市の寺に行く予定だったのですが、八日市駅前でバスの運転手さんに言われたのは、大雪でバスが途中までしか行かないとの事。

タクシーで行ってくださいとも言われましたが、帰りのことを考えて、八日市駅で引きかえすことにしました。

出だしは朝から近江八幡駅と八日市駅の間を往復しただけで(片道450円×2)、目的地には着けず・・・昨年来準備してはるばる行った場所だったのでちょっとがっくりきましたが、こんな日もあります。

せっかくなので、帰りの電車を待つ間に八日市駅で鉄道写真を撮ってきました。今見返してみると、これはこれでよかったのかな。近江鉄道、どの電車も素敵でした。駅員さんも運転手さんも素敵な人ばかりで。切符も昔ながらの硬券(こうけん)なんですよ。

雪の近江鉄道八日市駅

雪の近江鉄道八日市駅

雪の近江鉄道八日市駅

雪の近江鉄道八日市駅

琵琶湖の東側を北上すると、同じ日でも気候や天気は大きく変わります。東近江市を経て愛知川を越えると彦根市ですが、愛知川を越えると気候が一変するのが滋賀県です。

桜前線も似たようなところがありますね。大津の桜は散っても、近江八幡は満開で、彦根や米原は七分咲きだったりします。愛知川を越えて通勤・通学されている方はよくご存知だと思います。

とはいえ、実際に家を出てみるまで、向こうのお天気がどうなのかは分からないのが実際のところです。

雪の近江鉄道八日市駅

発車間際の八日市駅ホームから(延命公園方面)。空が晴れてきています。

この日は撮影先を変更して、近江八幡と能登川を撮影してきました。どちらも滋賀の日本遺産がある場所です。次回はその中から、近江鉄道の近江八幡駅と雪の八幡堀を掲載しますね。

◇撮影日:2017年2月12日(日曜日)
◇撮影地:近江鉄道八日市駅(滋賀県東近江市浜野町)
Youkaichi Station (Higashiomi city,Shiga prefecture,Japan).

Copyright(c)Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)