アサヒカメラ2017年2月号に「写真を無断使用する“泥棒”を追い込むための損害賠償&削除要請マニュアル」が掲載されています

ご存知の方もおられると思いますが、1月20日発売の「アサヒカメラ」の2017年2月号に、「写真を無断使用する“泥棒”を追い込むための損害賠償&削除要請マニュアル」が掲載されています。

 

 

私も何度か被害に遭っており、この件で久しぶりに何度かつぶやいてみました。記事の一部がケータイ Watchで紹介されているので、最後にリンクを貼っておきますね。

 

 

 

 

 

1/26追記:

本当はもっと気持ちを書きたかったのだけど、すぐに書けなかったから追記しておきます。

私は写真家であると同時に、法律を専門にしていた人間でもあるけれど、それでも話の通じない(価値観の違う)相手とやりあうという意味で、無断転載の抗議は精神的に消耗します。

私も人間だから、自分の作品をこんな風に扱われたら、そのときは大人として冷静に話をすることに努めるけど、後からあっけらかんと何も無かったようにされたら、後から怒りがこみあげてきて腹が立ちます。それがやり場のない感情で、時限爆弾のようで、自分でも本当に嫌になります。

すぐに解決する事案ばかりではなくて、それなりに時間がかかりますから、その点でも無断転載の抗議はかなり面倒です。

それと、抗議のタイミングや方法によって展開ががらっと変わることがありますから、かなり厄介です。それでも鉄則があって、これを覚えておけばなんとかなります、というものを書いておきます。

 

鉄則その1。ネット上の無断転載の場合は、まず、魚拓とキャプチャー(デジタルでの証拠保全)・印刷あるいはPDF化(アナログでの証拠保全)。

次にGoogleへ著作権侵害の通報(DMCA)。

Googleへの通報が通って検索結果から除外されたことを確認してから、キュレーションサイト運営会社(または執筆者)あるいはSNS事務局へ通報。

この順番を逆にして、ひどい目に遭ったことがあります。

悪気のない無断転載。 著作者のあなたが後始末しなければならないなら、どうする?
現在、写真事務所のホームページをリニューアル中の筆者です。それに伴って、当ブログの文章の無断転載が発覚しました。困った転載方法をされた挙句、抗議途中で書き換えをされて、作者の私がグーグルと英語で交渉する羽目になりました。問題は、グーグルの検索(キャッシュ)には私の文章が出てくるのに、私はパクリペ...

Googleに著作権侵害の申し立てをするときは「名前の公開」に気をつけて。

Googleに著作権侵害の申し立てをするときは「名前の公開」に気をつけて!~ブログ...
このブログは8月末にこちらに引っ越したばかりです。引っ越し後は、写真サイトを作るときに参考になりそうな話題を書こうと思っていました。ところが移転直後、当ブログを丸写しして自動更新しているサイトの存在が発覚しまして…具体的には移転前の旧ブログ(2015年8月の記事)が被害に遭っていました。相手はRSSを利用...

 

鉄則その2。連絡先が分からない場合、あるいは削除要請や使用料相当額の支払いに応じない場合は、広告主(Googleアドワース等)への通報。

鉄則その3。内容証明の送付は裁判覚悟での最後の手段になる意味合いが強いので、話し合いの余地がある場合は書留で送付するほうが無難です。

 

2/6追記:

アサヒカメラ2017年2月号は超品薄の状態が続いていましたが、2月初めに販売再開したそうです。
(アサヒカメラ編集長のツイッターより・https://twitter.com/_Hiroto_Sasaki/status/828460306716176385

2月20日発売の3月号に、「写真を無断使用する“泥棒”を追い込むための損害賠償&削除要請マニュアル」が再掲載されることが決まりました。
(アサヒカメラ編集長のツイッターより・https://twitter.com/_Hiroto_Sasaki/status/824924161575247872

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)