「江戸時代の堅田と堅田藩」第三回報告会のお知らせ(2017/1/29(日)13時半~@大津市北部地域文化センター/無料・先着300名/堅田大庄屋文書研究会)

江戸時代の堅田と堅田藩第三回報告会チラシ

江戸時代の堅田(近江国堅田藩)に関する報告会の告知チラシをいただきましたので、詳細を掲載します。

堅田藩陣屋跡の案内板

元徳11年(1698)に成立した堅田藩には、そのお触れや日常の業務を留帳に付けていた「大庄屋」(庄屋を束ねる存在)と呼ばれる人がいました。その研究報告会・第三弾です。主催の堅田大庄屋文書研究会の皆さんは、この留帳の解読作業とともに、伊豆神社に残る本堅田村文書の調査を進めてこられたそうです(2015年3月に開催された第一回報告会の告知チラシを参考にご紹介させていただきました)。

現在、堅田大庄屋文書研究会では、堅田藩の大庄屋が記録した留帳の解読を進めています。2014年度2015年度に引き続き、今年も調査研究であきらかになった江戸時代の堅田について報告します。今回は特に藩政機構や領民の動きについての研究を紹介します。(2016年度告知チラシより)

▼写真:堅田藩陣屋跡と、陣屋のあった江戸時代から残る舟入り(撮影:兼松純)
堅田陣屋のあった時代(江戸時代)の掘割

「江戸時代の堅田と堅田藩」第三回報告会

◆日時:2017年1月29日(日) 13:30~16:30(13:00開場)
◆場所:大津市北部地域文化センター 文化ホール(大津市堅田2丁目1-11)(地図
◆入場:無料(事前申込み不要・先着300名)

◆内容
○報告1 堅田藩の家臣と職掌
○報告2 堅田藩領の強訴(ごうそ)と越訴(おっそ)

◆主催:堅田大庄屋文書研究会
◆共催:大津市北部地域文化センター
◆後援:堅田学区自治連合会、伊豆神社、堅田大庄屋文書研究会、甲南大学文学部歴史文化学科「歴らぼ」、大津市歴史資料館
◆お問い合わせ:堅田大庄屋文書研究会 katataojoya@gmail.com

 

◆会場アクセス
・公共交通機関:JR堅田駅より江若バス「堅田町内循環線」または「浜大津線」で仰木道下車
※堅田町内循環線のバス時刻表[PDF]⇒江若交通
※浜大津線(大津駅・県庁前行き)のバス時刻表[PDF]⇒江若交通
※堅田駅より仰木道までのバス料金は180円です(2016年12月現在)

・自動車:国道161号線「仰木口」より浮御堂方面へ⇒一つ目の角(堅田高校グラウンド角)を右折⇒直進すぐ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)