琵琶湖畔の本堅田にて、年末の風景4(湖族の郷資料館~神田神社~商店街~堅田教会)

当ブログは12月27日に開設9周年となりました!
12月25日に本堅田を歩いて撮影した様子を、4回にわたってお届けします。

最終回の今回は、湖族の郷資料館周辺と、商店街に出て堅田教会までの風景です。
この冬公開映画のロケ地となった、あの自転車屋さんも登場します!


湖族の郷資料館

湖族の郷資料館は、二階建ての町屋をそのまま活かした、堅田の歴史資料館です。

「湖族(こぞく)」とは、吉川英治さんが著書「新・平家物語」の中で、堅田の人々(堅田衆)を呼んだ言葉です。海賊のような響きがありますが、海賊ではなく普通の町衆でした。

中世の堅田は、大阪の堺のような自治都市だったと言われています。元禄時代、琵琶湖には1200余艘の舟があり、そのうちの約200艘を堅田が所有していたそうです。

湖族の郷資料館では、琵琶湖の漁具(タツベ)、丸子船の模型、古民具の展示のほか、堅田ゆかりの文豪の作品紹介、本堅田出身の喜劇役者・志賀廼家淡海さんの展示がされています。

レンタサイクルの貸し出しやお土産の販売もあります。

珍しいおみやげに、「堅田時報」なんていかがですか?大正から昭和にかけての町内新聞の復刻版です。なかなか面白い本ですよ。

■住所:〒520-0242 滋賀県大津市本堅田1丁目21-27
■TEL:077-574-1685■入館料 大人100円


神田神社拝殿

神田神社。朱色の屋根の拝殿が印象的です。

本堅田の神田神社には、平安時代、京都の下鴨神社の御厨(みくりや)が置かれました。琵琶湖の魚を下鴨神社へ奉納していたのです。

この歴史を後世にも伝えようと、1990年より献饌供御人行列(けんせんくごにんぎょうれつ)が行われています。

1994年からは堅田町内だけでなく下鴨神社へも巡行する現在のスタイルとなり、現在は葵祭の公式行事となっています。


神田神社の常夜灯

神田神社の常夜灯。ひときわ目をひく、とても大きな常夜灯です。


お地蔵さん

神田神社前にある地蔵堂のお地蔵さん。
献饌供御人行列の撮影の前には、いつもそっとお参りしています。


妙盛寺

神田神社の隣にある妙盛寺です。ここにも地蔵堂がありますね(右側に写っています)。
妙盛寺の先にある東洋紡の角から、バス通りになっている商店街へと行ってみました。


自転車屋

こちらが、福士蒼汰さん&小松菜奈さん主演の映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」(2016年12月全国東宝系にて公開)のロケ地となった自転車屋さんです。

お店の前に映画のポスターが貼ってあったので、ここだと分かりました。というのも、2016年1月31日(日)に、ここで映画のロケらしきものに遭遇しています。私はちょうど昼過ぎに町内循環バスで本堅田の商店街を通りましたが、大勢のスタッフさんや機材を一瞬見ただけです(^^;)


堅田教会

日本基督教団堅田教会。ヴォーリズ建築として知られています。

ウィリアム・メリル・ヴォーリズの代表作のひとつで、緑色の屋根と薄茶の外壁が美しい教会です。1930年に建てられた教会で、国の登録有形文化財になっています。現役の教会です。

12月25日(クリスマス)の夕方に撮影しました。

堅田教会の夕暮れ1

堅田教会の夕暮れ2

堅田でお会いした皆さま。撮影先でお会いした皆さま。ブログ読者の皆さま。
本年もありがとうございました。

良い年をお迎えください。


撮影地:滋賀県大津市本堅田1丁目、本堅田2丁目
Beautiful and wonderful town -Honkatata(Honkatata,Otsu,Shiga,Japan).

Copyright(c)Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)





琵琶湖畔の本堅田にて、年末の風景3(おとせの浜~伊豆神社の幸福の石~本福寺)

琵琶湖と、おとせの浜

当ブログは12月27日に開設9周年となりました!
12月25日に本堅田を歩いて撮影した様子を、4回にわたってお届けします。

今回はその3回目。
琵琶湖畔の風景と、その周辺の「石」にまつわる名所をご紹介します。

写真は、琵琶湖畔の「おとせの浜」です。防波堤の向こうは入り江、背後は比叡山。 続きを読む →

琵琶湖畔の本堅田にて、年末の風景2(十六夜公園から浮御堂周辺)

堅田港対岸で咲いていた花

当ブログは12月27日に開設9周年となりました。
12月25日に本堅田を歩いて撮影した様子を、4回にわたってお届けする予定です。

2回目の今回は、浮御堂周辺の隠れた名所をご紹介します。
冒頭の写真は、堅田港の対岸で咲いていた小さなお花です。

▼前回はこちら

琵琶湖畔の本堅田にて、年末の風景1(堅田内湖周辺と堅田漁港)


十六夜公園と琵琶湖

琵琶湖畔の十六夜公園。公園の名前は、松尾芭蕉が十六夜の日に堅田で句会をしたことにちなみます。芭蕉はこの夜のことを、俳文「堅田十六夜の弁」に残しています。

芭蕉は40代以降、たびたび大津に滞在し、大津で89句の句を詠んでいます。
89句というのは、芭蕉の全発句の約1割にあたる数です。
そして堅田には、芭蕉の句碑がなんと、5箇所もあります!(その理由は次回)


淡水真珠の養殖用の船と堅田内湖

十六夜公園の脇にある階段を上ると、都久生須麻神社(つくぶすまじんじゃ)があります。

竹生島にある神社と同名の神社で、境内には「喜動大弁財天」「竹生島龍神」と刻まれた石(ご神体)が祀られています。お正月の前なので注連縄が新しくなっていました。


都久生須麻神社

都久生須麻神社の本殿と鳥居。背後は十六夜公園で、奥に琵琶湖が見えています。


都久生須麻神社の参道と松

都久生須麻神社の参道と松。

参道から車道に出てまっすぐ行くと、すぐに祥瑞寺があります。室町時代の名僧・一休さんが、若い時代に修行し、悟りを開くとともに一休の道号を授けられたお寺です。


祥瑞寺境内と芭蕉の句碑

祥瑞寺の境内。見事なお庭で、苔のやわらかな緑が目に優しいです。写真の左側に、松尾芭蕉の句碑がありますよ。

「朝茶飲む僧静かなり菊の花」(芭蕉)


北向地蔵

こしきり地蔵(北向地蔵)。祥瑞寺の隣、光徳寺の門前にあります。
腰から下の部分がない地蔵で、地蔵の腰をさすると腰痛に効果があるという伝承があります。


光徳寺のお地蔵さん

本堅田はお地蔵さんの多い町です。
こちらは北向地蔵のすぐ右隣にある、光徳寺のお地蔵さん。


4本の松の向こうに、琵琶湖と三上山

光徳寺から伊豆神社への路地を抜けると、浮御堂の近くに出ます。
浮御堂のそばの公園にて。4本の松の向こうに、琵琶湖と三上山。


12月の浮御堂と琵琶湖

琵琶湖に浮かぶ浮御堂です。正式名は海門山満月寺。京都紫野大徳寺派に属する禅寺です。近江八景の一つ「堅田の落雁」として、古くから多くの人に愛されてきました。

長徳年間(995年頃)、比叡山横川恵心院の僧であった源信(「往生要集」の著者)が、湖上の安全と衆生済度を願い、 自ら千体の阿弥陀仏を刻んで開いたのが始まりです。

本堅田の寺社(伊豆神社・浮御堂・神田神社・光徳寺・祥瑞寺・本福寺・都久生須麻神社・妙盛寺・寿寧寺・福聚院・妙法寺)


本堅田はとても美しいところです。

撮影地:滋賀県大津市本堅田1丁目
Lake Biwa and Honkatata(Honkatata,Otsu,Shiga,Japan).

Copyright(c)Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

 

琵琶湖畔の本堅田にて、年末の風景1(堅田内湖周辺と堅田漁港)

民家の前で咲いていた花

当ブログは本日開設9周年となりました!

2006年のお正月に浮御堂を訪ねたのがきっかけで、時々堅田に来て写真を撮っていました。約2年後の2007年12月27日に、日めくりカレンダーのように写真を載せて始まったのがこのブログです。

なかなか堅田に来ることができない時期もありますが、現在も湖西線に乗って草津から通って撮っています。12月25日に年末の本堅田を歩いて撮影してきました。4回に分けて掲載します。

内湖大橋の上から見た堅田内湖

堅田駅から湖岸へ向けてまっすぐ歩いていくと、堅田内湖(かたたないこ)に出ます。
内湖大橋の上から見た風景です。


淡水真珠の養殖用の船と堅田内湖

淡水真珠の養殖用の船。田村真珠さんの事務所前にて。

琵琶湖産の淡水真珠を作り続けている、本堅田の田村さんのお話はこちら↓

本堅田(滋賀県大津市)の、静かなお正月の風景(8) 淡水真珠の養殖用の舟(堅田内湖から) ~Honkatata/本堅田 355(2) #shiga #otsu #photo


福聚院の屋根瓦

堅田漁港の前にある福聚院(福聚禅院)の屋根瓦。


かんきつ類の実

堅田漁港に続く路地にて。何の実だろう?


堅田漁港の船

琵琶湖に面した堅田漁港にやって来ました!正面には三上山の姿が。


堅田漁港から見た浮御堂と堅田港

堅田漁港から見た浮御堂と堅田港。
ヨシ原の手前には、琵琶湖に浮かんでいる水鳥たちの姿が見えます。


堅田漁港のネコ

堅田漁港で、ネコに出合いました。

堅田漁港のネコ

堅田漁港のネコ

田村真珠さんの建物のほうへ消えていきました。


琵琶湖と三上山、陸に上げられた舟と小さな船着場

目の前は、琵琶湖と三上山。陸に上げられた舟と、小さな船着場。
右手にはヨシ原が広がっています。


琵琶湖と堅田内湖をつなぐ水路

本堅田の町には、琵琶湖と堅田内湖をつなぐ水路が引かれています。
江戸時代から残る水路で、昔は水運として使われていました。

堅田内湖と舟

堅田内湖と舟。先ほどの水路をまっすぐたどると、この場所に出てきます。
中世の堅田の指導者だった居初氏(いそめし)の庭園は、この界隈にあります。

↓居初氏庭園の内部を撮影させていただいたときの写真です。

琵琶湖のほとりの風景写真「Katata/堅田」|大阪の堺と並ぶ自由都市だった港町、堅田。殿原衆三家の一つ、居初氏の邸宅にて(後編) ~Honkatata/本堅田 485-491 #shiga #otsu #photo

↓堅田内湖が一番美しい、春の花咲く頃です。

琵琶湖のほとりの風景写真「Katata/堅田」|琵琶湖のラグーン(潟湖)、堅田内湖。水に浮かんでいるような町、舟と緑と花と。 ~Honkatata/本堅田 467-471 #shiga #otsu #photo


撮影地:滋賀県大津市本堅田2丁目
Katata fishing port and Lake Biwa,Katata inland lake(Honkatata,Otsu,Shiga,Japan).

Copyright(c)Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

 

キュレーションサイトの問題点と法律論・対処法について、まとめました

私は現在写真家として活動していますが、元々の専門は法律で、著作権を守る方法についても当ブログでいくつか書いてきました。

写真の無断転載に抗議して使用料の話をしてみたところ・・・某バイラルメディア/キュレーションメディアの無断転載がひどすぎる件

この記事の続編として、キュレーションサイトのことを書いてみました。

 

2016年11月末から始まったキュレーションサイト報道。きっかけは、DeNAの医療情報サイト「WELQ(ウェルク)」が指摘を受けて非公開になったことでした。

そもそもは、永江一石さんがブログでWELQの件を指摘したことに始まります。
DeNAがやってるウェルク(Welq)っていうのが企業としてやってはいけない一線を完全に越えてる件(第1回)|More Access! More Fun!

キュレーションとは、もともと博物館・美術館等で専門知識に基づいて展示や企画をまとめる「キュレーター(curator/学芸員) 」から来ている言葉で、それ自体に悪い意味はありません。

いわばインターネット上の水先案内人のニュアンスで、キュレーションサイトという言葉は使われてきました。「まとめサイト」と呼ばれることもあります。

この数年、キュレーションサイトは劇的に増え、様々な問題が指摘されるようになりました。

法律と写真、両方の実務の視点から、キュレーションサイトの問題点と法律論・対処法について、まとめてみました。

続きを読む →