竹生島をめぐる冒険(3) 謡曲「竹生島」と徳川家康の愛した「うさぎ」―波兎文様

夜の竹生島のイメージ

月明かりに照らされた琵琶湖。その湖面に白い波が立つさまは、何匹もの兎(うさぎ)が飛び跳ねているようだ・・・と、昔の人は考えたらしい。

波間を兎が飛び跳ねている図柄は、波兎文様(なみうさぎ もんよう)と呼ばれる。

波と兎の組み合わせは、謡曲『竹生島』(ちくぶしま)の一節「緑樹(りょくじゅ)影沈んで 魚木に上る気色あり 月海上に浮かんでは 兎も波を奔(かけ)るか 面白の島の景色や」に由来するとされている。

波兎文様は桃山時代から江戸時代初期にかけて流行した。徳川家康の孫である千姫の輿に使われたと言う話があるし、豊臣秀吉の七回忌法要を描いた「豊国祭礼図屏風」の中にも見られる。

江戸時代初期以降も、衣装・家紋・建築(欄間彫刻)・陶磁器・蒔絵などに広く見られ、愛されているデザインである。

ところで、どうして兎なのだろうか。波の上を走る兎の意味するものとは。

 

琵琶湖に向かって建つ都久生須麻神社鳥居

 

月と兎

謡曲『竹生島』の一節「月海上に浮かんでは 兎も波を走るか 面白の島の景色や」から生まれた波兎文様。
「月と兎」と言うと、何を連想されるだろうか。

日本人にとっては、月で餅つきをするうさぎ、あるいは因幡の白兎のイメージが強いかもしれない。

中国では、兎は月で(餅ではなく)不老不死の薬をつく動物とされてきた。もともと中国では月は水の精と考えられており(月の満ち欠けと潮汐の関係との事。参照:月兎)、兎は水の精を連想させる。

波兎文様の「波と兎」の組み合わせは「月と兎」と同じ意味を持ち、不老不死・慶兆の象徴として大衆にも広まっていったという(参照:波と兎)。

 

家康の羽織にも使われた波兎文様

この波兎文様を愛した戦国大名がいる。天下人、徳川家康である。

名古屋の徳川美術館には、徳川家康が着用した羽織の数々が残されており、その中に黄金色地白い兎と白い波模様の羽織(辻ヶ花染)がある。

辻ヶ花染とは、室町時代から安土桃山時代にかけて現れた絞り染めの技法で、江戸中期以降は急速に廃れ消滅し、幻の染物と言われているそうだ。当時から高級品だったようで、徳川美術館の他の収蔵品にも、家康の衣装に辻ヶ花染が見られる。

 

【徳川美術館イメージアーカイブ/DNPartcom(外部リンク)】

▼黄金色地葵紋波兎文辻ヶ花染羽織(復元)(表面の写真)
https://images.dnpartcom.jp/ia/workDetail?id=TAM000616

▼黄金色地葵紋波兎文辻ヶ花染羽織(復元)(背面の写真)
https://images.dnpartcom.jp/ia/workDetail?id=TAM000617

 

 

琵琶湖と都久生須麻神社

 

「うさぎ」と徳川家康

以下は、徳川美術館の館長だった山本先生から伺った話を、筆者が調べた史実と共にまとめなおしたものであることを、あらかじめお断りしておきたい。

徳川家康という人物は、天文11年(1542)12月26日午前4時頃(寅年・寅の日・寅の刻)の生まれとされている。

そして征夷大将軍になったのは慶長8年(1603)2月12日、61歳の時だとされるが、当時は数え年なので(※生まれた年が1歳、以後は正月(当時は立春の2月4日頃)ごとに年齢を重ねる)、62歳が正しい。

しかし、家康は征夷大将軍就任の際の儀式(天曹地府祭)で、都状(願文)に「家康六十一歳」と自ら記入している(ここまでは史実)。数え年では年齢が1歳合わないことになる。

そのため、家康は天文12年(1543)の卯年(うさぎどし)生まれではないか、生まれを寅でそろえたのはブレーンの天海僧正が家康を神格化するための発案ではないかという考え方がある。これが徳川美術館の関係者の方から伺った見解である。

ちなみに、家康が征夷大将軍に就任した慶長8年(1603)は卯年で、数え年でいえば家康はちょうど還暦に当たる。2月12日は当時の春分前日で、征夷大将軍の就任にふさわしい時期と判断されたようだ。

 

【徳川記念財団所蔵品紹介[インターネット展示] (外部リンク)】

▼天曹地府祭都状・徳川家康墨筆(「家康六十一歳」)
リンク先5点目の写真をご覧下さい。
http://www.tokugawa.ne.jp/possession.htm

 

竹生島

 

水の意味するものと、家康の波兎文様羽織

古来から、水は万物の源とされてきた。そして水を治めることは、治世者の証であった。
この話題が出るとき、筆者はいつも、古代中国の名君とされる三人の皇帝、尭(ぎょう)・舜(しゅん)・禹(う)の話を思い出す。この三人はすべて、治水に功績が認められて皇帝となったとされている。

以下は山本先生から伺った話をもとに、筆者の表現でまとめたものであることを、あらかじめお断りしておきたい。

波兎文様の波間を兎が飛び跳ねているさまは、万物の源であり、治世者の証である水の上を、水の精である兎が跳ね回る姿である。家康にとっては、自然万物すべてを掌握した力の象徴であること背景にしたイメージではないだろうか。

他方、竹生島に祀られた弁才天は、琵琶湖の水神と同一視され、古来より篤い信仰を受けてきた。弁才天はもともとインドの水神が仏教に取り入れられた経緯を持つ。

波兎文様は由来となった謡曲『竹生島』を連想させ、竹生島の弁才天(竹生島大明神)の庇護を受けた家康、日本一の湖である琵琶湖をも掌握した天下人を連想させるにふさわしい。

そして、羽織の地色である黄金色は、権力者の色である。
もし家康が卯年生まれであるなら、波兎文様羽織は格好のお守りとなったに違いない。

 

【その他参考になるサイト (外部リンク)】

▼謡曲竹生島 歌詞と詳細(the能ドットコム)
http://www.the-noh.com/jp/plays/data/program_027.html

▼番外編:家康うさぎのシール
徳川美術館で「蒔絵シール 家康うさぎ 辻ヶ花染羽織より」として販売されている(通信販売あり)。
http://tokugawa.shop-pro.jp/?pid=60922995



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)