暦の上では処暑となりました(2016年8月23日)

彦根城廊下橋,Hikone Castle

暦の上では処暑となりました(2016年8月23日)。
暑さが和らぐといわれる頃なので、大雨も猛暑も収まってくれるといいのですが・・・。

今回は、さわやかなこの方に登場して頂きましょう。彦根城にお住まいです!

ひこにゃん登場,Hikonyan

走るひこにゃんです。

ひこにゃん登場,Hikonyan

皆さま、お変わりありませんか。早く涼しくなるといいですね。

彦根城佐和口多聞櫓とお堀の白鳥,Swans at Hikone Castle

彦根城のお堀には、白鳥もいます。桜の季節には内堀でよくみかけるのですが、今回の写真は二の丸佐和口多聞櫓で撮影したものです。

Copyright(c)Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)





Windows7→10の「KB2952664」がまたまた配信されていますね

win7update20160823
win7update20160823-option

本日(2016年8月23日)、筆者の使っているWindows7パソコンに興味深いWindows Updateがあったので、更新プログラム名と採否を掲載しておきます。

今回はいつものWindows Updateではなく、2016/3/8から2016/7/21までの更新であえて入れていなかったものが、そろって「重要な更新」または「オプション」として来ていました。

Windows7→10にアップデートするときのプログラムと言われている「KB2952664」がしっかり入っていました。Windows10への無償アップグレード期間が終了した後だけに気になります。

続きを読む →

日本百名山・伊吹山の夏の花(2016年8月9日撮影)

ガスに覆われた伊吹山

8月に入って猛暑が続いていますが、お変わりありませんか。少しでも涼しげな写真を・・・ということで、8月9日に撮影に行った伊吹山の写真を掲載します。

麓はいいお天気でも、山頂駐車場から見た山頂付近はご覧の通りのガス・・・天気を気にしながら、一番奥の西登山道から上りました。

西登山道は、伊吹山頂まで徒歩約40分・距離は約1000m。お花畑が楽しめるコースです。(※2014年夏に来たときは「遊歩道」と呼ばれていましたが「登山道」に名称変更されていました。)


ルリトラノオ
8月の伊吹山でひときわ目を引いたのは、紫色のルリトラノオです。


シモツケソウ
そして、ピンクがきれいなシモツケソウ。夏の伊吹山を代表する花です。


キオンの花
西登山道の所々に獣よけの扉がありました。2014年夏に来たときはなかったものです。扉をくぐると、眼下にお花畑が広がっていました。写真はキオンの花です。


コオニユリとクサフジ
コオニユリの花もよく見かけました。周りの紫の花は、マメ科のクサフジです。


ツリガネニンジン

キキョウ科のツリガネニンジン

2014年は7月の終わりに伊吹へ来たのですが、そのとき満開だったメタカラコウヤマホタルブクロは、今回は終わりかけでした。時期が変わると花も変わるので、毎回微妙に違うのが山の面白いところです。


シモツケソウ群生地

突然眼に飛び込んできたのが、シモツケソウの群生地。獣よけのネットの向こうに、見事なお花畑がありました。

保護活動をされている地元の方の話では、シモツケソウはシカやヨモギに負けてしまうので、ネットを張って除草をしながら、3年かけてここまで育てたそうです。


石灰岩の斜面とお花畑

再び獣よけの扉をくぐって、西登山道の脇道に出ました。白く見えているのは石灰岩で、斜面には黄色い花が咲き、霧が出ていてどこか幻想的な風景。百名山らしい雰囲気のある写真が撮れました。


3合目へ続く登山道

伊吹山の登山道がくねくねと、3合目に向かって伸びています。麓の上野登山口から続く登山道とここで合流します。


カワラナデシコ

8月の伊吹山のもうひとつの主役、カワラナデシコの花が咲いていました。


霧の伊吹山寺

山頂はこの通りのガス・・・気温は23度。東登山道(下山専用で徒歩約60分・距離は約1500m)で下りるつもりでしたが、中央登山道(急勾配だけど約20分・距離は約500m)に急遽変更しました。

写真の伊吹山寺は伊吹山修験道の寺で、入ると仏像を拝むことができます。僧侶の方が詰めておられて、先ほどまで気温は18度だったと話しておられました。

伊吹山は古来から修験道の聖地でしたが、江戸時代を最後に衰退の一途を辿ったため、再興を発願した方が昭和60年(1986年)に山麓伊吹山寺を再興されました。その後平成3年(1991年)になって山頂に本堂(写真)が再建されています。


お花畑

途中で脇階段があったので、少し寄り道してみると・・・ネットの向こうにお花畑が広がっていました。きれいだなあ・・・フェンス越しに望遠で撮っています。


中央登山道

中央登山道は、長い階段が続きます。あれ、晴れてきたぞ??


サラシナショウマ

サラシナショウマの白い穂が風に揺れる風景。秋だなあと感じる瞬間です。


竹生島と琵琶湖

竹生島と琵琶湖が、かなたに見えていました。左の山が伊吹山です。


晴れた伊吹山

うーん、山頂はすっかり晴れているぞ・・・
これが山だな・・・いつかまた来よう・・・


▼晴れた日の伊吹山。2014年7月に西遊歩道と東遊歩道(当時)で撮影しています。

伊吹山と夏の花~2014年夏の撮影日記から

▼伊吹山の山岳信仰について

惣持寺(長尾護国寺)と伊吹山寺~早春の滋賀県米原市大久保から(2)

 

写真の保存とアルバム公開ができる【NIKON IMAGE SPACE】(スマホ・タブレット対応)

NIKON IMAGE SPACE管理画面

何かと写真を撮ることが多くなる時期ですが、ネット上の写真アルバムで、限られたメンバーに見てもらいたいとき、皆さんはどうされていますか?

私はこれまで、ニコンの【NIKON IMAGE SPACE】を使ってきました。しばらくログインしていなかったところ、「最終ログインから1年経つと、保管されている画像が消去されますので、ご注意下さい」というメールが来ました(2016年2月に会員規約が変わったとの事)。

久しぶりにログインしてみると、サイトリニューアルされていて、画面も以前同様スタイリッシュです。ちなみに冒頭の写真は私のアカウントの管理画面で、写っているのは堅田の桜(伊豆神社・おとせの浜)です。

スマホ・タブレットにも対応しているサイトなので、直接会う人ならこれで見てもらうことも出来ますね。もちろん、アルバム形式で見てもらうこともできます。

 

【NIKON IMAGE SPACE】は、ニコンによれば「ニコンの提供するフォトストレージサービス」で、一般的には「写真共有サービス」と説明されることが多いようです。具体的にはこんなことが出来ますよ、と言うことで、私自身が使ってきた機能を書いてみます。

◆インターネット上で、写真の受け渡しをしたいとき。
→パスワードをかけた上で、その写真の場所をメールで相手に知らせることが可能。
→ダウンロードを許可する・許可しないの設定ができます。仕事にも使えますよ。

◆ブログに使う写真の保管場所として利用。
→写真の公開設定をすれば、ブログに貼り付ける写真コードが取得できます。(2016/2のサイトリニューアル後は写真の公開設定が必要になりました。)

◆撮影した写真を限られたメンバーに見てもらいたいとき。
→アルバム形式で、しかも画素数を落とさずに出来るのが他サービスと違う特徴です。

◆写真ギャラリーとして一般公開したいとき。
一例として、2015年に筆者が作成した「堅田供御人行列」のアルバムのリンクを挙げておきます。スマホ・タブレットにも対応しています。見え方を確認してみてください。
供御人行列2015堅田~下鴨神社

供御人行列2015堅田

プラン

◆ベーシックプラン(どなたでも)
容量:2GB(無償)

◆Nikon IDプラン(ニコンのカメラをお持ちの方)
容量:20GB(無償)

実はこれ、ログインして調べてみると、「デジタル一眼レフカメラ」に限定されていないのです。10年前の機種やCOOLPIXもOKでした。もしかして対象カメラをお持ちで、Nikon IDプランの対象ではないと思っている方が多いのでは??

気になって検索してみましたが、どこにもNikon IDの対象カメラの一覧表が無かったので、記事の最後にカメラの機種を掲載しておきます。ちなみに、Nikon 1 、コンパクトデジカメ(COOLPIX)のほか、NIKKOR レンズ、1 NIKKOR レンズ、スピードライトも対象になっています。

◆従来から「スペシャルアカウント」で【NIKON IMAGE SPACE】を利用されていた方
容量:40GB(無償)(※プラン紹介のページには直接出ていない情報です)

スペシャルアカウントとは、ニコンユーザーのために従来から20GBの容量で提供されていたものです。Nikon IDプランに変更すると、さらに20GBが追加されます!筆者は何も知らずにNikon IDプランに変更したので、びっくりしました・・・。ヘルプを読むと説明があったので、一安心しました。

スペシャルアカウントをご利用の方がNikon IDを登録すると、「NIKON IMAGE SPACE」の保存容量がさらに20GB追加されます。
https://reg.cld.nikon.com/help/help_ja.html

NIKON IMAGE SPACE管理画面

Nikon IDの登録には、使っているカメラの機種と、保証書に記入されているシリアルナンバーの申請をすればOKです。カメラとパソコンをつないで認証、などどいう必要はありません。

Nikon IDについての注意点

◆Nikon IDを削除するとどうなるか?

Nikon IDを削除すると、「NIKON IMAGE SPACE」からも同時に退会することになります。「NIKON IMAGE SPACE」に保存している画像も削除されてしまいますので、Nikon IDを削除する前に必要な画像はダウンロードしてください。
https://reg.cld.nikon.com/help/help_ja.html

◆Nikon IDの認証について(ニコンからのメールより)

*Nikon IDおよび「NIKON IMAGE SPACE」を継続してご使用になるには、Nikon IDのアカウント認証が必要になります。アカウント認証をされないままご使用になりますと、アップグレード完了日から30日後にアップロードされた画像を含め、すべてのデータが削除されますのでご注意ください。詳しくは、タイトルが「アカウント認証をしてください」のメールをご覧ください。

* 2016年2月21日以前から「NIKON IMAGE SPACE」会員の方は、認証は不要です。

実際の管理画面の雰囲気は、「写真部の人間」さんのサイトで画像入りで説明されています。
Nikonユーザーならこれに決定!! Nikonの写真共有サービス「Nikon Image Space」

 

こういうサービスがあると、ユーザーとしては大助かりですね。
また何か優れものがあれば、このブログでご紹介していきます。
それでは楽しい写真ライフを!

NIKON IMAGE SPACE
https://www.nikonimagespace.com/lang/ja/


▼付録:Nikon ID対象カメラ一覧(2016年8月8日現在・Nikon ID申請ページの情報)

[デジタル一眼レフカメラ]
D1・D1H・D1X
D200・D2H・D2Hs・D2X・D2Xs
D3・D300・D3000・D300S・D3100・D3200・D3300・D3S・D3X
D4・D40・D40x・D4S・D5・D50・D500・D5000・D5100・D5200・D5300・D5500
D60・D600・D610
D70・D700・D7000・D70s・D7100・D7200・D750
D80・D800・D800E・D810・D810A
D90・ Df・ D100・E2/E2S・E2N/E2NS・E3/E3S

[レンズ交換式アドバンストカメラ]
Nikon 1 AW1
Nikon 1 J1・Nikon 1 J2・Nikon 1 J3・Nikon 1 J4・Nikon 1 J5
Nikon 1 S1・Nikon 1 S2
Nikon 1 V1・Nikon 1 V2・Nikon 1 V3

[コンパクトデジタルカメラ]
COOLPIX A・COOLPIX AW・COOLPIX B・COOLPIX L・COOLPIX P・COOLPIX S
COOLPIX 100・COOLPIX 2000・COOLPIX 2100・COOLPIX 2200・COOLPIX 2500
COOLPIX 300・COOLPIX 3100・COOLPIX 3200・COOLPIX 3500・COOLPIX 3700
COOLPIX 4100・COOLPIX 4200・COOLPIX 4300・COOLPIX 4500・COOLPIX 4600・COOLPIX 4800
COOLPIX 5000・COOLPIX 5200・COOLPIX 5400・COOLPIX 5600・COOLPIX 5700・COOLPIX 5900
COOLPIX 600・COOLPIX 700・COOLPIX 7600・COOLPIX 775・COOLPIX 7900
COOLPIX 800・COOLPIX 8400・COOLPIX 8700・COOLPIX 880・COOLPIX 8800・COOLPIX 885
COOLPIX 900・COOLPIX 950・COOLPIX 990・COOLPIX 995
COOLPIX SQ

[NIKKOR レンズ] 数が多いので省略
[1 NIKKOR レンズ] 省略

[スピードライト]
Close-up Kits (R1C1)
SB-300・SB-400・SB-500・SB-5000・SB-600・SB-700・SB-800・SB-900・SB-910・SB-R200
SU-800・LD-1000・SB-N10・SB-N5・SB-N7

【お知らせ】写真事務所ホームページをリニューアル&ストックフォトサイトを新設しました

写真事務所ホームページをリニューアル
先日からこのブログで書いていた、事務所ホームページのリニューアル作業が終わり、ついに本日(2016年8月7日)、公開しました。デザインを一新すると共に、2014年以降の写真をポートフォーリオページの中でご紹介しています。

実は、このホームページには面白い仕掛けを入れてあります。実家の父には通じなかったのですが、私は好きなので入れました。WEBデザイナーの方が好きな仕掛けだと思います。ええとですね、いい感じで動きます。日本で使っている人はまだ少ないのでは・・・

よろしかったら、後でご覧になってみてください。https://junphotoworks.com/

今回は2014年以降の写真を集めて、ホームページとは別のサイトを作りました。同じドメインjunphotoworks.comの一部として作っていますが、こちらはワードプレスで制作しました。ストックフォトとしてアマナイメージズに提供したものを、↓こんな風に網羅してご紹介しています。

ストックフォトサイトを新設

当ブログではご紹介できなかった、滋賀の日本遺産の写真や、京都・奈良の風景写真を多数掲載しています。両サイトはリンクしておりますので、暑い夏に涼みながらごゆっくりご覧いただければ幸いです。 https://junphotoworks.com/stockphoto/

兼松純写真事務所