堅田駅近くの「アートギャラリー彩之和」に行ってきました!

アートギャラリー彩之和01

ちょうど1週間前になりますが、堅田の献饌供御人行列の帰りに、参加者の女性数人でアートギャラリーへ行こうという話になりました。オーナーの松本さんと知り合いの方がいて、寄ってみようということになったのです。

訪ねたのは、堅田駅から徒歩3分、山の手側の住宅地の中にある「アートギャラリー彩之和」(あやのわ)さんです。伺った日は「絵本がいっぱい展」をされていました。

アートギャラリー彩之和02

彩之和さんの展示スペースの奥はこんな感じです。白が基調の素敵なギャラリーは、自宅の一階を改装されたそうです。
続きを読む →

【葵祭前儀「献撰供御人行列」の写真(1)】 滋賀・堅田町内巡行編1 神田神社出発から伊豆神社フナの神事まで(2016/5/14撮影) #滋賀 #shiga #Japan #photography

2016年献饌供御人行列・堅田町内巡行01

朝7時半過ぎの神田神社では、奉納の太鼓が勇壮な音を響かせていました(滋賀県大津市本堅田1丁目)。

2016年5月14日。滋賀堅田から下鴨神社へ、葵祭のためのフナとフナ寿司を奉納する献饌供御人行列に同行撮影させていただきました。(地元の方のご協力で、同行撮影は2009年より毎年続けています。)

堅田(神田神社)は平安時代(1090年)に下鴨神社の御厨(みくりや)となり、湖魚を奉納してきた歴史があります。この歴史を後世にも伝えようと、1990年より献饌供御人行列が行われています。1994年からは堅田町内だけでなく下鴨神社へも巡行する現在のスタイルとなり、現在は葵祭の公式行事となっています。

御厨(みくり・みくりや)とは、「御」(神の)+「厨」(台所)の意で、神饌を調進する場所のことである。御厨-ウィキペディア

※葵祭前儀「献撰供御人行列」の写真を6回に分けて掲載しています。枚数が多いのと、レイアウト上時系列に沿って掲載したかったため、6回目(最終回)からさかのぼって約15枚ずつ掲載しています。

2016年献饌供御人行列・堅田町内巡行02

神田神社本殿。この季節はツツジがきれいです。撮影前には必ず参拝しています。

続きを読む →

【葵祭前儀「献撰供御人行列」の写真(2)】 滋賀・堅田町内巡行編2 伊豆神社出発から港橋まで(2016/5/14撮影) #滋賀 #shiga #Japan #photography

2016年献饌供御人行列・堅田町内巡行20

下鴨神社に奉納するフナをお払いする神事が終わり、伊豆神社を出発する一行です(滋賀県大津市本堅田1丁目)。

2016年5月14日。滋賀堅田から下鴨神社へ、葵祭のためのフナとフナ寿司を奉納する献饌供御人行列に同行撮影させていただきました。(地元の方のご協力で、同行撮影は2009年より毎年続けています。)

続きを読む →

【葵祭前儀「献撰供御人行列」の写真(3)】 滋賀・堅田町内巡行編3 堅田本町通りから大道町まで(2016/5/14撮影) #滋賀 #shiga #Japan #photography

2016年献饌供御人行列・堅田町内巡行33

堅田本町通り商店街を行く、献撰供御人行列の様子です(滋賀県大津市本堅田2丁目)。

2016年5月14日。滋賀堅田から下鴨神社へ、葵祭のためのフナとフナ寿司を奉納する献饌供御人行列に同行撮影させていただきました。(地元の方のご協力で、同行撮影は2009年より毎年続けています。)

続きを読む →

【葵祭前儀「献撰供御人行列」の写真(4)】 京都・下鴨神社巡行編1 糾の森へ(2016/5/14撮影) #京都 #kyoto #Japan# #photography

2016年献饌供御人行列・京都下鴨神社01

下鴨神社の神官のお兄さん。素敵な笑顔をありがとうございます!

2016年5月14日。滋賀堅田から下鴨神社へ、葵祭のためのフナとフナ寿司を奉納する献饌供御人行列に同行撮影させていただきました。(地元の方のご協力で、同行撮影は2009年より毎年続けています。)

堅田(神田神社)は平安時代(1090年)に下鴨神社の御厨(みくりや)となり、湖魚を奉納してきた歴史があります。この歴史を後世にも伝えようと、1990年より献饌供御人行列が行われています。1994年からは堅田町内だけでなく下鴨神社へも巡行する現在のスタイルとなり、現在は葵祭の公式行事となっています。

御厨(みくり・みくりや)とは、「御」(神の)+「厨」(台所)の意で、神饌を調進する場所のことである。御厨-ウィキペディア

※葵祭前儀「献撰供御人行列」の写真を6回に分けて掲載しています。枚数が多いのと、レイアウト上時系列に沿って掲載したかったため、6回目(最終回)からさかのぼって約10枚ずつ掲載しています。

続きを読む →

【葵祭前儀「献撰供御人行列」の写真(5)】 京都・下鴨神社巡行編2 糾の森を抜け楼門をくぐる(2016/5/14撮影) #京都 #kyoto #Japan #photography

2016年献饌供御人行列・京都下鴨神社11

糾の森(ただすのもり)を抜けると、下鴨神社の鳥居と、朱塗りの楼門が見えてきます。

2016年5月14日。滋賀堅田から下鴨神社へ、葵祭のためのフナとフナ寿司を奉納する献饌供御人行列に同行撮影させていただきました。(地元の方のご協力で、同行撮影は2009年より毎年続けています。)

続きを読む →

【葵祭前儀「献撰供御人行列」の写真(6)】 京都・下鴨神社巡行編3 神事の様子(2016/5/14撮影) #京都 #kyoto #Japan #photography

2016年献饌供御人行列・京都下鴨神社22

葵祭前儀「献撰供御人行列」の神事の様子を、下鴨神社本殿の内部で撮影させていただきました。写真は神事が始まる前のひとこまです。

2016年5月14日。滋賀堅田から下鴨神社へ、葵祭のためのフナとフナ寿司を奉納する献饌供御人行列に同行撮影させていただきました。(地元の方のご協力で、同行撮影は2009年より毎年続けています。)

続きを読む →

立夏の頃、衣川の田植え(滋賀県大津市衣川)

衣川の田植え

2016年5月5日は、二十四節気の一つ「立夏」(りっか)。
暦の上では夏が始まる日です。

滋賀県はGW中に田植えが行われるところが多いですね。
おなじみの大津市衣川で、湖西線のそばの田んぼへ撮影に伺ってきました。
水を張った直後の田んぼは、まるで水鏡のようで、私の好きな風景です。

この時期に滋賀県内で電車に乗ると、水鏡の風景にたくさん出会います。
野洲周辺の近江盆地をゆく琵琶湖線は、水鏡の上を走っているような感覚になります。
近江高島から北小松・近江舞子間の高台を走る湖西線は、湖畔の棚田が見事です。
高島で棚田の眼下に琵琶湖が見えたとき、空と湖の青さに夏の色を感じました。

撮影日:2016年4月30日
Kinugawa rice fields(Kinugawa,Otsu city,Shiga prefecture,Japan).
Copyright(c) Jun Kanematsu/ junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

【葵祭前儀「献撰供御人行列」2016年度参加者募集】葵祭前日(5/14)、滋賀堅田から京都下鴨神社へ、琵琶湖の鮒を納めに行く行事です。

献饌供御人行列(けんせん くごにん ぎょうれつ)とは・・・
葵祭の前日(5月14日)、琵琶湖畔の町・本堅田から、京都の下鴨神社へ、鮒(ふな)と鮒寿司を献上する祭儀です。「葵祭前儀」として、葵祭の公式行事になっています。

◆平安時代(1090年)、堅田は京都下鴨神社の御厨(みくりや)となりました。
「御膳料」としての鮮魚を進上する代わりに、国司によって所役を免除されていました。

下鴨神社という後ろ盾を得たことにより、中世の堅田は琵琶湖の漁業権、通行権を獲得し、琵琶湖最大の自治都市を築いたと伝えられています。

この歴史を現代にも伝えようと、1990年から献饌供御人行列が行われています。
堅田町内だけでなく下鴨神社へも巡行する現在のスタイルは1994年からです。

鮒を入れた木箱を覗き込む

続きを読む →