この5年間、本当にお疲れ様でした~東日本大震災5年に寄せて

竹筒に入ったメッセージと菜の花の造花

震災を機に移転するしかなかった記事と、もうひとつのブログのこと。

5年前の3月末。このブログの記事の一部を、やむなく他サイトへ移して独立させました。東日本大震災関連の記事でした。当時使っていたブログの利用規約に違反すると、プロバイダーから指摘されたためです。

掲載していたのは避難者名簿の記事でした。外部リンクがたくさんあったので、悪質なアフィリエイトだと判断されたようでした。メール一本で閲覧もログインも止められてしまい、最初は抗議自体取り合ってもらえませんでした。

その後、このブログは独自ドメインをとって別サーバーに移しました。今でもこのブログで震災関連の記事を見てくださっている方がおられるので、今日は当時のことなど少し書いてみようと思います。

5年前の記事は再びこちらに戻そうとも思いましたが、もうひとつのブログと重複記事になってしまい、検索上こちらのブログが不利になる可能性が高いので、断念しました。

震災関連の記事は、2011年以降、別サイトで更新を続けています。そちらの記事数も、当ブログ同様、1450を超えました。実際の名前こそ違いますが、もうひとつの「ブログKatata/堅田」です。


このブログはもともと、震災前に他界した東北の祖母に、絵手紙のように書いていた写真ブログでした。

私の母は岩手・宮城の出身です。私は両親とともに関西にいますが、家の中は東北の文化圏(特に食文化)で育ちました。子どもの頃は、色が白いとからかわれるたび、「なんでそんなことをわざわざ言うのだろう」と思っていました。

震災のとき流れていた避難所の映像に、子どもの頃の私とそっくりな色白の子どもさんがいたのを見て、父が一言こう言いました。「純ちゃんにそっくりな子がたくさんいるなあ。」そうなんです、離れていても、ルーツってそういったところに感じるものです。

実際のところ、関西は東北と離れています。そのことを実感したのは、私が震災当初から支援サイトをやっているのが理解できなかった友人・知人の言葉でした。悪気は無いけれど何気ない言葉に、なんともいえない悲しい思いをしたことも何度かありました。(結局、疎遠になってしまいましたが。)

 

当時リーダーになった人も、人知れず悩んでいた姿が忘れられません。

あの当時、地域や職場、あるいはツイッターやブログなどで、支援のリーダーをしていた人たちは、私と同様普通に暮らしていた人たちで、特にリーダーとして活動していたわけではなかった人がほとんどでした。皆さん心優しい方ばかりでした。活動実績を他団体にとられて、助成金申請の報告書に使われたと嘆いていた方のことは忘れられません。

そんな方たちが1人1人、表立った活動をやめて日常に戻ったり、他の形で支援活動を続けている気持ちが、痛いほどよく分かります。

現在表面に出ているものだけで、人のことを理解なんてできないものです。気持ちや思いはずっとその人の奥深くに眠っていて、また何かの形で世の中に出てくるでしょう。そういったものを潰さない世の中であってほしいと願っています。

被災された方、避難された方だけでなく、いろんな方がおられると思います。今、私が言えるのは、皆さま、それぞれの日常や生活の中で、この5年間本当にお疲れ様でした。どんな方もここまでよくやってこられたのだと思います。今日はご自分を精一杯いたわってあげてください。

震災で仕事や生活が大きく変わった人が被災地内外にたくさんいること、忘れてはいけないと思っています。そして東日本大震災から5年を迎えるに当たり、亡くなられた方々のご冥福を慎んでお祈りいたします。

 

下記は3月10日に別サイトで更新した記事です。よろしければご覧下さい。

東日本大震災・被災者数(2016年3月10日現在:亡くなられた方(直接死) 15894人、行方不明の方 2561人、2016年2月12日現在:避難者17万4471人)/復興支援リンク集 : 東日本大震災・避難情報&支援情報サイト

 

お知らせ:撮影のため、当ブログの更新を数日間お休みします。伊吹特集は続きますよ~
Copyright(c) Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)

にほんブログ村 写真ブログ 地域の歴史文化写真へ にほんブログ村

滋賀県ランキング