USB3.0拡張ボードを増設してみました

USB3.0拡張ボード
心躍るDIYの時間がやって参りました。先日デスクトップパソコンに電源ユニットを新調したので、今度はUSB3.0拡張ボードを増設してみました。備忘録を兼ねて掲載します。

今回購入したのは、4ポート(口が4つ)あってWindows10にも対応していることから選んだ、「オウルテック Owltech OWL-PCEXU3E4」です。

ちなみに電源ユニットは約6000円、USB3.0拡張ボードが3000円位で購入できました。まだまだ使うぞ、Windows7!(だってきちんと動いてくれているんだもの、応えてくれる道具はメンテナンスしながら長く使ってあげたいと思う筆者です。)

USB3.0拡張ボード
取り付けのイメージとしては、上の写真で丸い印をつけたスロットに差し込んで、左側に口を出す感じです。


↓取り付けると・・・
USB3.0拡張ボード
取り付けた後はこんな感じです。画像中央の文字の下あたりに、取り付けています。

◆USB3.0拡張ボードを増設する前にしておくこと(3つの注意点)


付属CD
1.Windows7の場合は、USB3.0拡張ボード増設前に、ドライバソフトのインストールが必要です(インストールしておかないど動作しません)。オウルテック OWL-PCEXU3E4の場合、付属の8cmCDにドライバソフトと取扱説明書(PDF)が入っていました。なお、Windows8,10の場合はインストール不要です。


USB3.0拡張ボード
2.パソコンの筺体(ケース)を開けて、「PCI Express x1」という拡張スロットがついている場所を確認しておきます。

筆者が最初調べたときは、そもそも「PCI Express x1」って何だろう???状態でした。「PCI Express x1」は拡張スロットの一種で、写真の赤い丸印の箇所が該当します。自分のパソコンの仕様書を見れば、ついているかどうか分かります。

なお、オウルテック OWL-PCEXU3E4の場合、「PCI Express x1」だけでなく、「PCI Express x4」「PCI Express x8」「PCI Express x16」スロットでも接続できます。今回は「PCI Express x1」に接続してみます。


電源ユニット
3.パソコンの筺体(ケース)を開けて、SATA電源コネクタの空きがあるか確認しておきます。オウルテック OWL-PCEXU3E4の場合は、電源を給電しなくては動作しないタイプでした。なお、補助電源不要で販売されているUSB3.0拡張ボードもありますので、ケーブルのことが不安な方はそちらを購入されてもいいと思います。


SATA電源コネクタ
これがSATA電源コネクタです。1本のケーブルにこの形状のコネクタが数個ついていて、芋づる状態になっています。使用するときはどれを使っても構いません。もし長さが足りなければ延長ケーブルが別途必要になります。

なお、ケーブルが付属して販売されているUSB3.0拡張ボードもありますので、ケーブルのことが不安な方はそちらを購入されてもいいと思います。

▼その他の注意点

・必ずパソコンの電源ケーブルを抜くか、電源スイッチをOFFにした状態で作業します。
・作業前に身近な金属(ドアノブやアルミサッシなど)に 手を触れて、体の静電気を取り除いておきます。

SATA電源コネクタをつないだ状態のUSB3.0拡張ボード
これは実際にやってみて、やり直したからわかるのですが、SATA電源コネクタを差し込むにはPC内部の隙間があまりに狭いです。USB3.0拡張ボードに、まずSATA電源コネクタを接続しておくのがベストです。

◆USB3.0拡張ボードの増設手順

パソコン
1.電源コードだけでなく、マウスやキーボードなどの線をすべて外しておきます。次にPCケースのパネルを外します。作業にはプラスドライバーが必要です。(写真はDell Precision T1500)


拡張スロット
2.↑拡張スロットの取り付けネジと、カバー金具を外します。


3.↓次に、拡張スロットの口を覆っているカバーを上に引っ張って外します。

拡張スロット
空間が空きました。ネジと上側のカバー金具は再度使うので、紛失しないように注意してください。


SATA電源コネクタをつないだ状態のUSB3.0拡張ボード
4.空いた空間にUSB3.0拡張ボードを取り付けていきます。差し込むのは赤印の部分です。↓差し込み先は、「PCI Express x1」スロット(写真の赤い丸印の箇所)。

USB3.0拡張ボード

USB3.0拡張ボードの差し込み方のコツは、強い力を入れないで、少しずつ差し込む感じです。

USB3.0拡張ボード
5. 手順2で外したネジと上側のカバー金具を取り付けて、増設完了です。写真は増設後のPC内部です。


USB3.0ポート
こちらは増設後のPC外部。青い色の口(USB3.0)が4つ増えました!

最初調べたとき良く分からなかったのですが、USB3.0のポートはUSB2.0の機器を接続して使うことも可能です。その場合、転送速度はUSB2.0になります。

USB3.0拡張ボード起動画面
パソコンを起動させてみたところ、きちんと認識してくれました(写真)。USB3.0の外付けHDDを接続してみたところ、快調に動いてくれています。やっぱり早いなあ。

 

↓今回購入したUSB3.0拡張ボードです。

 

↓こちらは電源ケーブル付きのタイプです。Vista(32/64bit)/XPにも対応。

 

↓こちらは追加電源不要タイプです。電源ケーブルのことを考えたくない方に。

 

 

今度はHDDを増設してみようかな。こんなときパソコンに詳しいお兄さんがいて欲しいと思う筆者でした。今回の内容がご参考になれば嬉しいです。
Copyright(c)Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)