【速報】琵琶湖疏水クルーズ(大津→蹴上)2016年4月試験運航、日帰りツアーで実施されます!/琵琶湖疏水の桜名所の写真とともに

琵琶湖疏水・第1疏水と桜
琵琶湖疏水クルーズ」試験運航・第3弾が、2016年4月に実施されることになりました!京都新聞の2/18朝刊記事によれば、今回は旅行会社(3社)による日帰りツアーとして実施されます。大津・京都観光と昼食、琵琶湖疏水クルーズをセットにしたツアーになる予定とのことです。

旅行社のサイトを見たところ、2月18日現在、ツアーの詳細告知は出ていませんでした。以下の情報は運航日と旅行会社名のみの速報になります。

<琵琶湖疏水クルーズ(大津→蹴上)2016年4月試験運航>

■運航コース
大津→蹴上コース(7.8キロメートル、約60分)のみ

■運航日
2016年4月2日(土)~4月8日(金)
※4月6日(水)を除く(計6日間)

■募集人数
各日30名(1便6名×5便)

■旅行会社
・ジェイアール東海ツアーズ
・JTB国内旅行企画
・京阪バス
※詳細は、各旅行会社までお問い合わせいただきますよう、お願いします。

▼出典(京都新聞)
http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20160217000144

【2/26追記】京都市・大津市より、ツアーの追加情報が出ました。
ジェイアール東海ツアーズは2/18より、他2社は3月上旬より販売開始とのことです。「琵琶湖疏水通船復活」平成28年春の試行事業について(京都市上下水道局ホームページ・2016/2/18更新)
「琵琶湖疏水通船復活」平成28年春の試行事業について~旅行会社等による、通船を組み込んだツアーを実施~(大津市ホームページ・2016/2/22更新)←リンク切れ
琵琶湖疏水取水口
琵琶湖疏水は明治時代に琵琶湖と京都の間に引かれた水路で、取水口は滋賀県大津市三保ヶ崎(京阪電車「三井寺駅」の近く)にあります。現在に至るまで水道、水力発電、灌漑、工業用水などに使われてきましたが、水運(旅客・貨物)は1951年(昭和26)が最後となっていました。近年ずっと復活を望む声が出ており、ついに2015年3月~5月、試験運行クルーズとして復活しました!2015年11月に第2弾が運行されています。琵琶湖疏水・第1疏水第1トンネル
第1疏水第1トンネル(大津)。ここから長等山(ながらやま)の下へ入り、京都市山科(やましな)へ。長等山の桜と三井寺
長等山には、天台宗の古刹「三井寺」があります。春は琵琶湖疏水とともに桜の名所です。三井寺の観音堂からは琵琶湖疏水がよく見えますよ。琵琶湖疏水と桜(京都市山科区四ノ宮付近)
山科(やましな・京都市山科区)を流れる琵琶湖疏水(四ノ宮付近)。この公園はJR山科駅から歩いていける距離にあります。安朱橋
四ノ宮のトンネルを抜けると、安朱橋付近にさしかかります(京都市山科区)。安朱橋は毘沙門堂の参道にかかる橋です。周辺は地元の方が菜の花を植えていて、とても美しいところです。こちらも山科駅から歩いていける場所です。桜と平安神宮鳥居と大文字山
船旅のゴールは、蹴上(けあげ)のインクライン手前。インクラインのある公園の高台に上ると、平安神宮の鳥居と大文字山の「大」の文字が見えますよ!ここから京都市営地下鉄「蹴上駅」は歩いてすぐです。南禅寺は徒歩15分圏内にあります。素敵な旅になりますように!
Copyright(c) Jun Kanematsu/junphotoworks.com(兼松純写真事務所)